武藤陽生の作品一覧

作品数 10 件
サイレンズ・イン・ザ・ストリート (ハヤカワ・ミステリ文庫)

サイレンズ・イン・ザ・ストリート (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2018年10月18日)スーツケースに詰められた死体と軍人射殺事件の関係は? 刑事ショーンはさらなる混沌に足を踏み入れる。人気沸騰! シリーズ第二弾
コールド・コールド・グラウンド (ハヤカワ・ミステリ文庫)

コールド・コールド・グラウンド (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2018年04月04日)武装勢力が入り乱れ、混迷を極める80年代の北アイルランド。殺人現場に遺されたオペラの楽譜は犯人から警察への挑戦状なのか?
対デジタル・ディスラプター戦略 既存企業の戦い方

対デジタル・ディスラプター戦略 既存企業の戦い方

日本経済新聞出版社(2017年10月24日)破壊された市場の「空隙」をねらえ! あらゆる業界をのみ込む「破壊の力学」と、 それを支える「デジタル・ビジネスモデル」を解明。 勝ち残りをかけた既存企業の戦い方を明らかにする。 ITとは無縁だと思われていたタクシー業界やホテル業界。デジタル・ディスラプター(破壊的イノベーター)が現れ、業界の競争基盤を破壊してしまうと、いったい誰が...
ポクスル・ウェスト最後の飛行

ポクスル・ウェスト最後の飛行

早川書房(2017年03月09日)飛行機乗りであるポクスル・ウェストおじさんの勇ましい物語に夢中になっていたイライジャ少年。だが、やがて少年は、おじさんが決して語らなかった「真相」を知ってしまう。《ニューヨー・タイムズ》紙が絶賛するアメリカの新人作家が挑む、本当の戦争の話。
アサシン クリード〔公式ノヴェライズ〕 (ハヤカワ文庫NV)

アサシン クリード〔公式ノヴェライズ〕 (ハヤカワ文庫NV)

早川書房(2017年02月23日)人の意思を操る禁断の「果実」を狙うテンプル騎士団vs自由を求める暗殺者集団。歴史の闇に潜む抗争を描くミステリアクション大作
戦力「内」通告 ハーバードが教えてくれない「本当に生き残れる社員」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

戦力「内」通告 ハーバードが教えてくれない「本当に生き残れる社員」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年05月28日)「同僚を友人と思うな」「ときには簡単な仕事を難しく見せろ」「社長が社員に言う“みんな家族だ”などの嘘を信じてはいけない」??それは職場という戦場のゲームの掟である。プロジェクトの失敗、突然のリストラ、同僚の裏切り。予期せぬ最悪の事態で、いつも貧乏くじを引く人と涼しい顔で切り抜ける人、彼らの違いとは何なのか? ヤバい職場もキャリアのピ...
スーパーベターになろう!

スーパーベターになろう!

早川書房(2015年11月15日)憂鬱や不安から解放され、自信、活力を取り戻すための奇跡のゲーム「スーパーベター」。全米40万人が使っているこのゲームを完全書籍化! 本を開くだけで、あなたも新しい自分が見いだせる!
クロニクル 〈3〉 ある殺人の記録 (ハヤカワ文庫NV)

クロニクル 〈3〉 ある殺人の記録 (ハヤカワ文庫NV)

早川書房(2015年06月24日)イタリア、ナポリの残虐非道な殺人事件。それは昔の犯罪小説に影響されて起きたのか?
クロニクル〈1〉トルコの逃避行 (ハヤカワ文庫NV)

クロニクル〈1〉トルコの逃避行 (ハヤカワ文庫NV)

早川書房(2015年04月08日)よく聞け。問題が発生した。きみには消えてもらわなければならない-イラクの砂漠における大規模な建設計画に関わる英国人サトラーは、雇い主である企業HOSCOの幹部に現地を去るよう指示される。そして数時間後、爆発が起き、その陰で大金が盗まれた…金が消えたことも、自分が罠にかけられたことも知らぬまま、サトラーは逃亡をはじめる。犯罪と陰謀の深...
暴露:スノーデンが私に託したファイル

暴露:スノーデンが私に託したファイル

新潮社(2014年05月14日)世界24ヵ国同時刊行! 未公表の最高機密文書、多数収録! 国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に在籍したエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な機密文書を著者に託した。香港で密会した情報提供者の実像、そして文書の戦慄すべき全貌――。一連の報道で英紙<ガーディアン>にピューリッツァー賞をもたらし...