遙士伸の作品一覧

作品数 19 件
パシフィック・レクイエム (3) 比島沖、総力戦! (RYU NOVELS)

パシフィック・レクイエム (3) 比島沖、総力戦! (RYU NOVELS)

経済界(2018年09月10日)英首相チャーチルの急死、さらにはドイツ帝国総統ヒトラーとイタリア王国統帥ムッソリーニの 「事故死」により欧州情勢は急変。1942年、対英講和の成立で欧州の戦争は終結した。 一方、太平洋では決戦の火蓋が切られた。米太平洋艦隊はマーシャルを攻略し、マリアナへと迫る。 連合艦隊はドイツ空母とイタリア戦艦を加えた三国同盟艦隊、新世代艦上機で...
パシフィック・レクイエム (2) マリアナ決戦! (RYU NOVELS)

パシフィック・レクイエム (2) マリアナ決戦! (RYU NOVELS)

経済界(2018年06月09日)英首相チャーチルの急死に端を発して欧州情勢は急変。 ドイツ帝国総統ヒトラーとイタリア王国統帥ムッソリーニが、相ついで「事故死」した。 1942年、対英講和の成立で欧州の戦争は終結。日本の思惑は外れて太平洋の戦火は鎮まらなかったが、 日独伊の連絡路は打通され、独伊軍は東に進む……。 空母中心に編成を改めたアメリカ太平洋艦隊はマーシャル...
パシフィック・レクイエム 黒十字と三色旗への使者 (RYU NOVELS)

パシフィック・レクイエム 黒十字と三色旗への使者 (RYU NOVELS)

経済界(2018年03月10日)ドイツ海軍視察団の熱い視線を浴びて、日本海軍が艦載航空技術の粋を尽くして完成させた空母蒼龍から、 九六式艦上戦闘機が発艦。視察団は同盟国日本の海軍力に感銘を受けて帰国の途についた……。 1939年、ドイツ軍はポーランドへと進軍、イギリスとフランスはただちにドイツに宣戦布告。 独伊と三国同盟を結ぶ日本も米英との戦争に巻き込まれていく。...
鈍色の艨艟(にびいろのもうどう) (3) 哀傷の波濤 (RYU NOVELS)

鈍色の艨艟(にびいろのもうどう) (3) 哀傷の波濤 (RYU NOVELS)

経済界(2016年07月09日)満州国の独立と第一次大戦を経て着実に力をつけた日本帝国は、アメリカの警戒心と敵視を誘う。1941年10月、マレー半島での日英軍の衝突から、イギリスとアメリカは日本に宣戦布告。マーシャル諸島沖で米太平洋艦隊は完勝した日本海軍は、目標をハワイに定めた。ハワイ占領に成功するが、伸びきった補給線は米潜水艦隊に脅かされ、ハワイ駐留の日本軍は危...
鈍色の艨艟(にびいろのもうどう) (2) 巨艦、相撃つ! (RYU NOVELS)

鈍色の艨艟(にびいろのもうどう) (2) 巨艦、相撃つ! (RYU NOVELS)

経済界(2016年03月10日)満州国の独立と第一次大戦を経て、日本帝国は着実に力をつけるが、それは皮肉にもアメリカの警戒心と敵視を誘うことになった…。1941年10月、マレー半島での日英軍の「偶発的」な衝突からイギリスとアメリカは、日本に宣戦を布告。米太平洋艦隊が日本の勢力圏であるマーシャル諸島に迫る。そこには日本が渾身の思いで送り出した八八艦隊が待ち構えていた...
蒼空の覇者2 鳴動する大洋! (RYU NOVELS)

蒼空の覇者2 鳴動する大洋! (RYU NOVELS)

経済界(2015年01月24日)太平洋での覇権確立とアジア進出に活路を求めて対日戦に突き進むアメリカ。国力で圧倒的に劣る日本では、勝機を見出すため海軍リベラル派が軍縮条約を逆手にとり、航空主兵主義への大転換を図るとともに日英同盟締結に邁進する。そして空母『大鳳』を旗艦とする世界初の空母機動部隊が出撃の時を迎える。1941年11月、日本は第二次日英同盟の締結とドイツ...
蒼空の覇者 新生連合艦隊、出撃! (RYU NOVELS)

蒼空の覇者 新生連合艦隊、出撃! (RYU NOVELS)

経済界(2014年10月10日)世界恐慌からの立ち直りに苦しむアメリカは、太平洋での覇権確立とアジア進出に活路を求めて対日戦に突き進む。日本は属国として生き永らえるのか、それとも亡国の危険を承知でアメリカに立ち向かうのか…。国力で圧倒的に劣る日本がわずか勝機を見出すため、海軍リベラル派は軍縮条約を逆手にとり、航空主兵主義への大転換を図るとともに日英同盟締結に邁進す...
零の栄華 (3) 連合艦隊、総力決戦! (RYU NOVELS)

零の栄華 (3) 連合艦隊、総力決戦! (RYU NOVELS)

経済界(2014年03月08日)混沌とする世界情勢のなか、海軍艦隊派は開戦への道を突き進み、日本は英仏蘭を相手に戦闘を開始。さらにはアメリカとの全面戦争に突入した。しかし、ドイツとイタリアの脱落で日本は世界的に孤立する…。緒戦のエニウェトク沖海戦で大きく傷ついた日本海軍は人事を刷新して英艦隊を迎え撃つ。そしてルーズベルト大統領はマリアナ侵攻を命じるが、大和・武蔵の...
帝国崩壊 (歴史群像新書)

帝国崩壊 (歴史群像新書)

学習研究社(2004年07月01日)