上村雄彦の作品一覧

作品数 7 件
グローバル・タックス

グローバル・タックス

日本評論社(2019年03月20日)グローバル・タックスとは何か、理論的な分析を行い、どのような形で実現されるべきなのか、その理念や理想型を検討していく。
自由貿易は私たちを幸せにするのか?

自由貿易は私たちを幸せにするのか?

コモンズ(2017年02月03日)いま世界中で自由貿易に対する疑問の声が湧き上がっている。 トランプのアメリカ、EU離脱のイギリス……。 自由貿易を推進していくと普通の人びとの暮らしはどうなるのか、そもそも貿易をどう考えたらよいのか。 内外の研究者・NGOリーダーがわかりやすく論じる。
不平等をめぐる戦争 グローバル税制は可能か? (集英社新書)

不平等をめぐる戦争 グローバル税制は可能か? (集英社新書)

集英社(2016年10月14日)租税を回避する巨額の富に対していかにして課税できるか? グローバル税制の考え方と仕組みを示したのが本書である。環境問題から貧困問題まで。これらを一挙解決できるだけの財源はここにある!
グローバル・タックスの構想と射程

グローバル・タックスの構想と射程

法律文化社(2015年03月09日)地球規模の問題を解決する切り札となりうるグローバル・タックスの実現へ向け、学際的な分析と実行可能な政策を追究する。
グローバル協力論入門: 地球政治経済論からの接近

グローバル協力論入門: 地球政治経済論からの接近

法律文化社(2014年01月15日)地球社会が抱える諸問題の克服へ向けた協力論のあり方を考察し、問題把握のための視座と実践方法を提示する。
グローバル・タックスの可能性―持続可能な福祉社会のガヴァナンスをめざして (MINERVA人文・社会科学叢書)

グローバル・タックスの可能性―持続可能な福祉社会のガヴァナンスをめざして (MINERVA人文・社会科学叢書)

ミネルヴァ書房(2009年11月01日)加速する環境破壊、拡大する貧富の格差、終わりの見えない紛争、食糧不足や資源の枯渇、感染症の蔓延…。「有史以来の危機」に瀕し、地球が抱える問題群は深刻さを増している。いかにしてこれらの問題を解決し、環境と調和した公正で平和な社会(=持続可能なグローバル福祉社会)を創造できるか。本書は、現代世界における地球規模問題を解決するために、「グ...