清水由貴子の作品一覧

作品数 66 件
まぼろしのローマ (ハーレクイン・イマージュ)

まぼろしのローマ (ハーレクイン・イマージュ)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年03月08日)たとえ夢でも、まぼろしでも、 あの日の愛を取り戻せるなら……。 これまで、グレーシーは独りで子育てと仕事に励んできた。 19歳のときに一人旅したローマで運命的な出会いをはたし、 息子を授かったことは今も決して後悔していない。 子供の父親のマリクが滞在していた豪華ホテルのスイートで、 住む世界の違いに驚きながらも、初めての経験に我を...
白紙にしたはずの愛 (ハーレクイン・ディザイア)

白紙にしたはずの愛 (ハーレクイン・ディザイア)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年10月12日)愛する人を失うのは、もういや。 だから、彼との未来はあり得ない……。 セージは展覧会の初日レセプションに現れたタイスを見て茫然とした。 3年前、世界的な名声を得つつあったタイスと出会った瞬間、 セージは燃えるような恋に落ち、欲望の赴くまま彼と体を重ねたが、 6週間後、濃密な関係に自ら終止符を打ったのだった。 幼いころ両親を亡くし、...
知らぬ間の伯爵夫人 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

知らぬ間の伯爵夫人 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年06月29日)藁にもすがる思いで愛なき結婚を受け入れた。 彼が伯爵だとは夢にも思わずに。 両親亡きあと悪辣な弟に騙され、無一文で家を出たケイトは 真冬の荒れ果てた避難小屋で危うく命を落としかけ、 偶然居合わせた謎めいた旅の紳士に助けられた。 グラント・リバーズと名乗るその陰のある美しい男性は、 ケイトが婉曲に事情を話すと問題解決としての便宜結婚...
死の天使ギルティネ 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

死の天使ギルティネ 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2017年06月22日)急行列車の乗客が全員死亡する怪事件。ローマの捜査官コロンバは、閉所恐怖症の変人コンサルタント・ダンテとともに真相を追う!
伯爵がいざなう破滅のキス (MIRA文庫)

伯爵がいざなう破滅のキス (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年03月10日)アメリカ富裕一族の令嬢リネットは、落ち込んでいた。一族に爵位をもたらすため夫となる英国貴族を探すよう母に命じられ、ロンドンに渡ったのは1年前のこと。だが、近づいてくるのは持参金目当ての男ばかりで、すっかり傷ついたリネットは、故国アメリカに戻ってきたのだった。英国貴族にはもううんざり――そう思っていたが、運命は実に皮肉だった。帰国後の...
パードレはそこにいる (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

パードレはそこにいる (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2016年09月21日)強面の女性警察官と閉所恐怖症の男性コンサルタントが衝突しながら連続誘拐犯を追う!
侯爵の罠に落ちたら (MIRA文庫)

侯爵の罠に落ちたら (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年07月13日)名門シンスター一族で、ただひとり残った適齢期の未婚の令嬢メアリーには、理想の将来像があった。それは、思いどおりに扱うことができる夫を選んで結婚すること。そして、彼女の条件にぴったり当てはまる男性――ランドルフ・カヴァナーに目を留めた。だが彼と話しても進展するどころかときめきすら覚えない。挙句の果てに、ランドルフの兄であり第5代レーブ...
グランドフィナーレ (ハヤカワ文庫NV)

グランドフィナーレ (ハヤカワ文庫NV)

早川書房(2016年03月16日)世界の映画祭を席巻中のパオロ・ソレンティーノ監督、マイケル・ケイン主演映画を監督自身が小説化! バルト9他で4月16日公開
甘やかな陥落 (MIRA文庫)

甘やかな陥落 (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年12月10日)世にいう嫁き遅れのヘンリエッタは、社交界での長い経験を活かして、若い令嬢たちが放蕩者に騙されないように助言をしている。あるとき彼女は、色男として名高い貴族のジェームズが妙に慌ただしく友人に結婚を迫っていることに気づく。ヘンリエッタの忠告により、友人は求婚を断り、事は丸く収まった。ところが、怒り狂ったジェームズは彼女の前に現れ、お節介...
世界一のジェラートをつくる

世界一のジェラートをつくる

白水社(2015年08月28日)ジェラート業界の革命  ジェラートの本場イタリアで、添加物を多用したジェラートが蔓延している現状をスローフード協会会長が嘆く記事を読んだ二人の若者が、世界一おいしいジェラートをつくるプロジェクトを立ち上げた――。ジェラート業界に革命を起こしたGROM(グロム)の若き創業者が夢を叶える過程を綴ったのが本書だ。  経営学を学んできた冷...
後見人は億万長者 (ハーレクイン文庫)

後見人は億万長者 (ハーレクイン文庫)

ハーレクイン(2015年06月25日)クリスティンの父が莫大な借金を遺して亡くなったあと、父の仕事仲間である大富豪のデリクは彼女の家を高額で買い取り、まだティーンだったクリスティンの後見人となった。以来、彼女は10歳年上のデリクへのひそかな憧れを胸に秘め、3年前に彼が妻を病で失うと、愛娘の育児も手伝うようになった。そう、妹としてしか見られていないのはわかっている。彼は今...
食べる世界地図

食べる世界地図

エクスナレッジ(2015年04月17日)世界の39の国と地域の料理と、その後ろに隠された歴史と文化。南インドのココナッツ・フィッシュカレー、刺激的なペルーのセビチェ、中東の茄子のペースト、デンマークのドリーム・ケーキ…。名前だけでも食欲を刺激する料理の数々に、塩漬けタラや唐辛子といった多くの国に共通する食材の秘密、移民がもたらす影響と変化。地理と歴史が複雑に絡み合う食文化...
不埒な貴族と籠の小鳥 (MIRA文庫)

不埒な貴族と籠の小鳥 (MIRA文庫)

ハーレクイン(2015年03月11日)公爵未亡人のジュヌヴィエーヴは、社交界にデビューしたばかりの少女のように胸をときめかせて舞踏会を楽しんでいた。18歳のとき、老公爵に売られるように結婚して以来、おぞましい生活を強いられてきたが、その夫が亡くなりようやく自由になれたのだ。紳士から慣れない賞讃を浴び、彼女が舞い上がっていると、ふいに冷ややかな声に制された。数多くの浮き名...
六人目の少女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

六人目の少女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2015年03月06日)連続少女誘拐事件のいまだ判明しない被害者は誰か? イタリアの傑作サイコサスペンス
大富豪との一夜の続き (ハーレクイン・イマージュ)

大富豪との一夜の続き (ハーレクイン・イマージュ)

ハーレクイン(2014年12月12日)出張先のホテルで予約に手違いがあり困っていたルースは、ホテルの経営者で大学時代の同級生、ベンと偶然再会した。ルームメイトの恋人だった彼の変わらぬ姿に、ルースは胸騒ぎを覚えた。8年前、ルームメイトに連れられ、ベンの誕生パーティに出席したが、ホテル王の子息である彼を取り囲む人々はみな派手好きで、居場所のないルースは独り図書室へ逃げこんで...
緋色の髪の乙女 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

緋色の髪の乙女 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

ハーレクイン(2014年07月24日)1年前に事故で両親を亡くし天涯孤独になったエレノアは、遠縁の公爵未亡人のもとに身を寄せ、話し相手を務めている。そんな彼女が寝ても覚めても頭に思い描くのは、公爵未亡人の孫、ジャスティン――経験豊かな金髪碧眼の公爵だ。しょせんは身分違いの片想いだと自分を戒めるエレノアに、ある日、社交界デビューの話が持ち上がった。しかも公爵未亡人が後見人...
一夜だけの恋人 (MIRA文庫)

一夜だけの恋人 (MIRA文庫)

ハーレクイン(2014年07月10日)バーのカウンターの席に着いたトリナは、見覚えのある男性を見つけて胸が締めつけられた。いつも自信に溢れているウォーカーは見るも無惨な姿だった。何しろ、セレブの花嫁に祭壇の前で振られたあげく、その様子がテレビ中継されたのだ。トリナとウォーカーは仕事仲間だった。傷ついた彼を慰めたい……。ひそかに彼に憧れていたトリナは、一夜限りの夢と知りな...