東雅夫の作品一覧

作品数 129 件
猫のまぼろし、猫のまどわし (創元推理文庫)

猫のまぼろし、猫のまどわし (創元推理文庫)

東京創元社(2018年08月10日)猫は愛らしいだけじゃない。不思議な猫、妖しい猫、なぜか作家心をくすぐる存在なのだ。萩原朔太郎「ウォーソン夫人の黒猫」、江戸川乱歩「猫町」、岡本綺堂「猫騒動」、泉鏡花「駒の話」、ペロー「猫の親方 あるいは長靴をはいた猫」、レ・ファニュ「白い猫」、ブラックウッド「古い魔術」、ミットフォード「ヴァンパイア・キャット」等、猫のあやかしを通じ...
ドラコニアの夢 (角川文庫)

ドラコニアの夢 (角川文庫)

KADOKAWA(2018年02月24日)新キャラクター「澁澤龍彦」登場の映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」、2018年3月3日公開! 大人気アニメ「文豪ストレイドッグス」シリーズ最新作の映画に登場する新キャラクター「澁澤龍彦」。コラボカバーのアンソロジー文庫で澁澤龍彦のエッセンスを味わおう! 珠玉のエッセイや小説などを収録。 「文豪ス...
山怪実話大全 岳人奇談傑作選

山怪実話大全 岳人奇談傑作選

山と渓谷社(2017年11月11日)登山家たちが実話として綴った異界の「山」の物語。斯界の雄・東雅夫の選による未曾有のアンソロジー。
文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)

東京創元社(2017年08月12日)文学と妖怪は切っても切れない仲、妖怪に縁の深い作家はもちろん、意外な作家が描いていたりする。本書はそんな文豪たちの語る様々な妖怪たちを集めたアンソロジー。雰囲気たっぷりのイラスト入りの尾崎紅葉「鬼桃太郎」、泉鏡花「天守物語」、柳田國男「獅子舞考」、宮澤賢治「ざしき童子のはなし」、小泉八雲著/円城塔訳「ムジナ」、芥川龍之介「狢」、室生...
澁澤龍彦玉手匣

澁澤龍彦玉手匣

河出書房新社(2017年07月27日)自らを「アフォリズム型」と称する澁澤龍彦の神髄を、パラグラフで読む。アンソロジスト・東雅夫が編む、濃密な「澁澤体験」の一冊。
夢Q夢魔物語:夢野久作怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

夢Q夢魔物語:夢野久作怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

平凡社(2017年07月12日)『ドグラ・マグラ』の作家の作品を【魔】【魅】【夢】【冥】【妄】の章立てで、誰も知らない夢Qワールドへ!文豪怪異小品集第6弾。
あやかしの深川: 受け継がれる怪異な土地の物語

あやかしの深川: 受け継がれる怪異な土地の物語

猿江商會(2016年07月15日)江戸東京怪談史の観点から、「深川」の歴史と魅力を集大成する本邦初の深川「怪異」アンソロジー。 近年、カフェの街として注目を集める深川。朝の連続ドラマ『とと姉ちゃん』の舞台としてもお馴染みのこの街には、じつは江戸の昔から受け継がれている「土地の記憶」があります。本書では、「怪異」という言葉をキーワードとして、多くの文学作品のなかに残...
怪談入門: 乱歩怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

怪談入門: 乱歩怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

平凡社(2016年07月11日)「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」。ミステリーの巨人がたっぷり浸る怪奇幻想世界。怪異小品集第5弾。
ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)

ときめく妖怪図鑑 (ときめく図鑑+)

山と渓谷社(2016年07月08日)わたしには、"物の怪"がいれば、生きていける…"怪"を巡る5つのStory。
文豪山怪奇譚 山の怪談名作選

文豪山怪奇譚 山の怪談名作選

山と渓谷社(2016年01月22日)文豪たちが遺した異世界としての「山」。斯界の雄・東雅夫の選によるかつてないアンソロジー。
たそがれの人間: 佐藤春夫怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

たそがれの人間: 佐藤春夫怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

平凡社(2015年07月12日)鏡花、芥川、谷崎など、「化物屋敷」には親しい作家らも登場する、虚実ないまぜの物語。『可愛い黒い幽霊』に続く怪異集第4弾。
きっと、夢にみる 競作集 <怪談実話系> (角川文庫)

きっと、夢にみる 競作集 <怪談実話系> (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2015年04月25日)幼い息子が口にする「だまだまマーク」ということばに隠された秘密、夢で聞こえる音が生活を脅かしていく異様さ……ふとした瞬間に歪む現実の風景と不協和音を端正な筆致で紡ぐ。読む者を恐怖に誘う豪華怪談競作集。
怪獣文藝の逆襲 (幽BOOKS)

怪獣文藝の逆襲 (幽BOOKS)

KADOKAWA/角川書店(2015年03月28日)有栖川有栖、山本弘、樋口真嗣、園子温ほか、稀代の怪獣マニアたちの筆が生み出すオリジナル怪獣が縦横無尽に暴れまわる夢の競作集。『GODZILLA』『寄生獣』などに参加した田島光二による装画も圧巻!
京極夏彦の妖怪えほん (4) とうふこぞう (京極夏彦の妖怪えほん4)

京極夏彦の妖怪えほん (4) とうふこぞう (京極夏彦の妖怪えほん4)

岩崎書店(2015年03月02日)「笑」の巻。おとうふもってどうすんの? おばけは怖い。怖くて眠れない。なにかがふとんに乗っかった! あれ? 怖くない。なにしにきたのかわからない…。 京極夏彦と石黒亜矢子による、妖怪ナンセンス絵本!