江戸川乱歩の作品一覧

作品数 244 件
十字路 (江戸川乱歩文庫)

十字路 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店(2018年11月30日)推理小説界の巨匠・江戸川乱歩が、戦後、昭和30年に書き下ろしで発表した野心的大作「十字路」。伊勢商事社長の伊勢省吾は、日輪教の狂信的信者である妻・友子を嫌い、若い女秘書・沖晴美と恋愛関係にあった。晴美のアパートのへやに押しかけてきた友子を省吾は絞殺した。友子の死体をどこへ運ぶか。晴美とドライブした藤瀬ダムの古井戸が省吾の頭にひらめい...
白髪鬼 (江戸川乱歩文庫)

白髪鬼 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店(2018年11月30日)九州の西岸にあるS市の旧家大牟田家のあるじ、子爵の敏清は、当時18歳の美女瑠璃子を妻とし、親友川村義雄と三人でしあわせな日をおくっていた。しかし、川村と瑠璃子の邪恋の犠牲となり、敏清は地獄岩から落とされた。しかし敏清は墓所の穴蔵に入れられた棺の中で息をふき返したのであった。暗黒の世界にとじこめられた恐怖は、敏清の黒髪をしらがに変えて...
栞子さんの本棚2 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

栞子さんの本棚2 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

KADOKAWA(2018年10月24日)大きな電気工場から大金を盗み出した紳士盗賊は、捕まった後も金のありかを白状しなかった。一方、私は同居人の松村から、ちょっと変わった二銭銅貨の出どころについて執拗に問いただされる……。(「二銭銅貨」江戸川乱歩)。乱歩、横溝正史、夢野久作らが書き継いだ合作、妖婦蘭子の魔性の生涯を描く「江川蘭子」ほか、シェイクスピア、太宰治など「ビブリア...
幽霊塔 (江戸川乱歩文庫)

幽霊塔 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店(2018年10月05日)長崎県の山に包まれた片いなかに、叔父が買い取った化け物屋敷を見に行った、青年・北川。 幽霊塔と呼ばれる不気味な時計塔のある屋敷で、世にも美しい絶世の美女と出会った北川は、彼女の虜となってゆく…。 妖しい美女と、莫大な財宝を秘めた幽霊塔の謎とは!?
影男 (江戸川乱歩文庫)

影男 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店(2018年10月05日)影男。その正体は、速水荘吉・綿貫清二・鮎沢賢一郎・殿村啓介・宮野緑郎と無数の名をもつやせた男。さらに小説家としては佐川春泥という名で知られ、その執筆する怪奇異風の小説は世にもてはやされていた。このふしぎな男は何をもくろむのであったか。どんな人間も持っているヒミツの裏側を探求するのが影男の目的であった。連続する奇々怪々な事件。名探偵・...
盲獣・陰獣 (河出文庫 え 1-8)

盲獣・陰獣 (河出文庫 え 1-8)

河出書房新社(2018年10月05日)変態度全開の超貴重作「盲獣」、耽美にして本格推理長篇代表作「陰獣」。一冊で大乱歩の究極の〈獣〉世界に耽溺。
盲獣・陰獣 (河出文庫)

盲獣・陰獣 (河出文庫)

河出書房新社(2018年10月05日)変態度全開の超貴重作「盲獣」、耽美にして本格推理長篇代表作「陰獣」。一冊で大乱歩の究極の〈獣〉世界に耽溺。
世界推理短編傑作集2【新版】 (創元推理文庫)

世界推理短編傑作集2【新版】 (創元推理文庫)

東京創元社(2018年09月12日)珠玉の推理短編を年代順に集成し、1960年初版で以来版を重ね現在に至る『世界短編傑作集』を完全リニューアル! 2巻にはチェスタトン〈ブラウン神父〉シリーズの「奇妙な足跡」、ルブラン「赤い絹の肩かけ」、フリーマン「オスカー・ブロズキー事件」、クロフツ「急行列車内の謎」など9編を収録。探偵ダゴベルトが活躍するグロラー「奇妙な跡」はドイツ...
人間豹 (江戸川乱歩文庫)

人間豹 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店(2018年07月30日)愛人のつとめる京橋のカフェー・アフロディーテで、青年会社員・神谷芳雄は怪物人間豹を知った。その顔はドス黒く、大きな口、そして敏捷に動く舌は肉食獣猫属の舌であった。はたして人間豹とは? ――明智名推理編「人間豹」。 江戸川乱歩文庫リニューアル第2弾!●文字が大きくなって読みやすい●連載当時の広告などを集めた、巻末資料も充実!
魔術師 (江戸川乱歩文庫)

魔術師 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店(2018年07月30日)大川を生首が流れ、その首をのせた板には「獄門舟」と書かれていた。宝石王・玉村家を次々に襲う復讐鬼のねらうものは? 悪魔の手にとらわれた明智小五郎の運命は風灯の灯であった。――探偵小説の一大金字塔「魔術師」。 江戸川乱歩文庫リニューアル第2弾!●文字が大きくなって読みやすい●連載当時の広告などを集めた、巻末資料も充実!
押絵と旅する男 (立東舎 乙女の本棚)

押絵と旅する男 (立東舎 乙女の本棚)

リットーミュージック(2017年12月13日)「あれらは、生きて居りましたろう」蜃気楼を見に行った帰り、私は汽車のなかで押絵を持った男と出会った…。江戸川乱歩の『押絵と旅する男』が、『刀剣乱舞』のキャラクターデザインなどで知られ、pixivフォロワー21万人越えを誇るイラストレーターしきみによって、鮮やかに現代リミックス。
明智小五郎事件簿 12 「悪魔の紋章」「地獄の道化師」 (集英社文庫)

明智小五郎事件簿 12 「悪魔の紋章」「地獄の道化師」 (集英社文庫)

集英社(2017年04月20日)顔を潰され、石膏で塗り固められた女性の死体。道化服に身を隠した悪魔の智恵が生み出した執念のトリックに挑む! 明智小五郎ものの戦前最後の作品。シリーズ堂々の完結!!(解説/北村 薫)
明智小五郎事件簿 11 「妖怪博士」「暗黒星」 (集英社文庫)

明智小五郎事件簿 11 「妖怪博士」「暗黒星」 (集英社文庫)

集英社(2017年03月17日)資産家の伊志田鉄造家で奇怪な出来事が次々と起こっていた。長男の一郎は明智小五郎に電話をしている最中に襲われ、犯人は忽然と姿を消した──。(「暗黒星」)他、1篇収録。(解説/綾辻行人)
新編・日本幻想文学集成 第5巻

新編・日本幻想文学集成 第5巻

国書刊行会(2017年02月24日)江戸川乱歩、稲垣足穂、佐藤春夫、宇野浩二を収録。大正幻想をバックボーンに異形の文学を形成したドリーマーたち。大正夢幻派。 大都会のビルディングのはざまで起こる妖しい月光の犯罪「目羅博士の不思議な犯罪」。ナンセンス童話劇「楽しき夏の夜」。夢を培養する理想郷を見つけた男の物語「夢見る部屋」。≪薄板界≫という異世界の消息を伝える「薄い街」...
明智小五郎事件簿 10 「少年探偵団」「黒蜥蜴」 (集英社文庫)

明智小五郎事件簿 10 「少年探偵団」「黒蜥蜴」 (集英社文庫)

集英社(2017年02月17日)大夜会に君臨する黒衣の美女の左腕には、怪奇な黒い蜥蜴の入墨があった。大阪の宝石商の娘の誘拐を予告する怪文書が届く。恐るべき女盗賊・黒蜥蜴と明智の壮絶な対決!!(解説/有栖川有栖)
明智小五郎事件簿 9 「大金塊」「怪人二十面相」 (集英社文庫)

明智小五郎事件簿 9 「大金塊」「怪人二十面相」 (集英社文庫)

集英社(2017年01月20日)宮瀬家の洋館で起きた、大胆不敵な強盗事件。狙いは、巨額の埋蔵金の隠し場所を示す暗号文書だった。敵に誘拐された小林少年の大活躍。明智の名推理で危機一髪となるか!? 2編収録。(解説/三上延)