山田順子の作品一覧

作品数 59 件
赤い館の秘密【新訳版】 (創元推理文庫)

赤い館の秘密【新訳版】 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)長閑な夏の昼下がり、田舎の名士の屋敷、赤い館で銃声が轟いた。死んだのは、15年ぶりに館の主マークを訪ねてきた兄。発見したのは館の管理を任されているマークの従弟と、友人を訪ねてきた青年ギリンガムだった。発見時の状況から当然マークに疑いがかかるが、マークは行方知れず。興味をひかれたギリンガムは、友人をワトスン役に事件を調べ始める。『クマ...
鐘は歌う

鐘は歌う

東京創元社(2018年11月21日)ロンドン塔から大鴉が消え、ロンドンは瓦礫の町と化した。人々は言葉も記憶も失い、新たな支配者〈オーダー〉は鐘の音で人々を支配している。そんななか、物に触れて持ち主の記憶を読み取りる能力を持つ孤児の少年サイモンは、親友のリューシャンと、鐘の支配から人々解放しようと、〈オーダー〉の本拠地オクスフォードを目指す。世界幻想文学賞賞を受賞、ブッ...
ポケットのなかの天使

ポケットのなかの天使

東京創元社(2018年02月28日)定年間際のバスの運転手バートのもとに、天使がやってきた。指でつまみあげられるくらいの小さなかわいい天使に妻のベティは大喜び。学校で調理師をしているベティは、アンジェリーノと名付けた天使を早速職場に連れて行った。学校に天使が! 生徒たちは大喜びだ。だが、そんなアンジェリーノの様子をうかがう黒ずくめの怪しい影が。国際アンデルセン賞受賞の...
彼女たちはみな、若くして死んだ (創元推理文庫)

彼女たちはみな、若くして死んだ (創元推理文庫)

東京創元社(2017年06月30日)ニューヨークの花嫁学校の寄宿舎で、幸せな結婚を前に謎の死を遂げた良家の子女。彼女の遺体からは多量のモルヒネが検出された──「ボルジアの花嫁」をはじめ、女性が犠牲となった10の事件について丹念に調査を重ね、扇情に走ることなく、被害者と加害者と遺族、刑事たちの真の姿を誠実に描き出す。MWA賞受賞のジャーナリストによる出色の犯罪ノンフィク...
時をとめた少女 (ハヤカワ文庫SF)

時をとめた少女 (ハヤカワ文庫SF)

早川書房(2017年02月23日)ロジャーはブルネットとブロンドの二人の魅力的な女性と出会うが……。時間SFの名品である表題作他、初訳2篇を含む全7篇を収録
夜の庭師 (創元推理文庫)

夜の庭師 (創元推理文庫)

東京創元社(2016年11月11日)モリーは14歳、思いのままに物語を紡ぐ天性の語り手だ。弟のキップとふたり、アイルランドから海を渡って命からがらイングランドに辿り着き、ようやく雇ってくれる屋敷をみつけたものの、そこで彼らを待っていたのは巨木に取り込まれたかのような奇怪な屋敷と、青白い顔をした主人一家、そして夜中に屋敷を歩き回る不気味な男の影……夜の庭師だった。カナダ...
中継ステーション〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF シ 1-5) (ハヤカワ文庫SF)

中継ステーション〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF シ 1-5) (ハヤカワ文庫SF)

早川書房(2015年12月18日)片田舎にある平凡な農家こそ宇宙をつなぐ中継基地だった……珠玉の長篇、新訳版登場。
12人の蒐集家/ティーショップ (海外文学セレクション)

12人の蒐集家/ティーショップ (海外文学セレクション)

東京創元社(2015年11月28日)「よろけヴァイオリン」、「惚れ睡蓮」、「陽気な骸」、そして「詰めこみモンキー」……変わった名前の菓子ばかり扱う謎のパティシエのケーキショップ。明け方に電話を掛けて「夢」のチェックをし、高額での買い取りを申し入れる謎の男。人を監禁して「希望」を自分に譲れば解放すると主張する誘拐犯。12人の異様なコレクターの姿を描く連作に、喫茶室を舞台...
火打箱

火打箱

東京創元社(2015年11月28日)「きさまは恋に落ち、自分の王国を手に入れる」皇帝軍の兵士だったとき、おれは死神を見た。死神の手を逃れ、森の中で出会ったのはサファイアーという名の少女。おれたちは恋に落ち、そして……。元兵士の若者オットーが深い森で出会う男装の美少女、狼の怪物、城に住む恐ろしい魔女。文豪アンデルセン最初期の作品に、カーネギー賞受賞作家サリー・ガードナー...
不思議な尻尾

不思議な尻尾

東京創元社(2014年12月12日)トムが新しい街で出会ったのは、奇妙な男と素晴らしい犬。犬が尻尾を(縦に)振ると願い事が叶うのだ。国際アンデルセン賞受賞の著者の遺作となった、心温まるファンタジー。
宰相の二番目の娘 (創元SF文庫)

宰相の二番目の娘 (創元SF文庫)

東京創元社(2014年10月31日)時間エージェントが9世紀からさらったのは、目的だったシェヘラザードではなく15歳の妹のほう。しかもタイムマシンの動作不良でいずことも知れぬ世界へ。快作時間SF!
チェシャーチーズ亭のネコ

チェシャーチーズ亭のネコ

東京創元社(2014年07月20日)ネズミが嫌いでチーズが好きなのらネコのスキリーと賢いネズミのピップ。二匹の友情とロンドンを揺るがす大騒動!? 個性豊かな動物と大作家ディケンズが活躍する楽しい物語。動物写真家・岩合光昭氏推薦!
不完全な魔法使い 上

不完全な魔法使い 上

東京創元社(2014年01月21日)ホード王国の王位をめぐる三人の王子の争い。王の魔法使いとなった先住民族の子孫ヘリオットは、王子たちの争いに巻きこまれる。国際アンデルセン賞受賞作家のファンタジー。
不完全な魔法使い 下

不完全な魔法使い 下

東京創元社(2014年01月21日)王都ダイヤモンドで王の魔法使いになったヘリオットは、ある日市場で街に生きるひとりの少年に出会った。一方狂気の王子ダイサードは領主の娘リネットとの仲を深めていく。
ハヤブサが守る家 (海外文学セレクション)

ハヤブサが守る家 (海外文学セレクション)

東京創元社(2013年10月31日)凄惨な死をとげた祖父の奇妙な遺言。祖父の遺品から見つかった不思議な写真の謎。ウェールズの小島を舞台にした世にも奇妙な物語。ニューヨークタイムズ・ベストセラー。
ミナの物語

ミナの物語

東京創元社(2012年10月11日)あたしの名前はミナ。あたしは夜が大好き。あたしは夜をのぞきこむ。フクロウやコウモリが夜空を飛び、月を横切っている。どこかでネコのウィスパーが、月の光でできた影から影へと歩きまわっているだろう。目を閉じると、そういう生きものたちがあたしのなかで動きまわっているような気がする。あたし自身があやしげな生きものみたいな気持ち。あたしはミナと...
アイダ王女の小さな月―魔法の国ザンス〈21〉 (ハヤカワ文庫FT)

アイダ王女の小さな月―魔法の国ザンス〈21〉 (ハヤカワ文庫FT)

早川書房(2010年11月25日)サンダル木の精霊フォーンのフォレストは、ある日友人の木靴木のフォーンが失踪してしまったことを知る。守護精霊を失った木靴木は、このままではおぞましいマンダニアの木と同じになってしまう!木を助けるには、新たな守護精霊になるフォーンを見つけるしかない。よき魔法使いハンフリーの助言に従い、フォレストは夢馬のインブリとともに、アイダ王女の頭の...