万城目学の作品一覧

作品数 30 件
パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

新潮社(2017年06月22日)「あんたの願い、叶えてあげる」こんなカミサマ、信じていいの――!? デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗る二人の男(小太りとノッポ)。ペラペラまくしたてる小太りに肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う……? 万城目ワールド、ここにあり! アヤしげな「神様」に願いを託し、叶えられたり振り回されたりする...
悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

新潮社(2016年12月23日)おまえを主人公にしてやろうか! これこそ、万城目学がずっと描きたかった物語――。勇猛な悟空や向こう見ずの八戒の陰に隠れ、力なき傍観者となり果てた身を恥じる悟浄。ともに妖魔に捕えられた日、悟浄は「何も行動せず、何も発言せず」の自分を打ち破るかのように、長らく抱いてきた疑問を八戒に投げかけた……。中国古典の世界を縦横無尽に跳び、人生で最...
とっぴんぱらりの風太郎 下 ((文春文庫))

とっぴんぱらりの風太郎 下 ((文春文庫))

文藝春秋(2016年09月02日)法螺貝の音と共に大坂の陣は始まった。敵は10万徳川勢。燃える天守閣の中での別れ、宿敵との死闘、そして希望――。堂々の完結篇!
とっぴんぱらりの風太郎 上 (文春文庫)

とっぴんぱらりの風太郎 上 (文春文庫)

文藝春秋(2016年09月02日)伊賀の国をクビになった忍びの者、風太郎。謎の「ひょうたん」に誘われ運命は流転し始める! 奇才マキメの超絶戦国絵巻、開幕!
バベル九朔

バベル九朔

KADOKAWA/角川書店(2016年03月19日)万城目ワールド10周年。新たな幕開けを告げる、最強の「奇書」が誕生!! 俺を追ってくるのは、夢か? カラスか? 作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、世界の一大事とは――。 作家志望の「夢」を抱き、 雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現われ問うてきた……「扉は、どこ? バベ...
ザ・万字固め (文春文庫)

ザ・万字固め (文春文庫)

文藝春秋(2016年02月10日)エッセイなのに衝撃の結末!熱き瓢箪愛から東電株主総会潜入記まで。奇才作家の縦横無尽な魅力満載のエッセイ集。綿矢りさ、森見登美彦両氏との特別鼎談も収録。
みんなの少年探偵団

みんなの少年探偵団

ポプラ社(2014年11月07日)怪人二十面相に、五人の人気作家が挑む! 江戸川乱歩・生誕120年記念特別企画 【企画意図】 1億人が読んだベストセラー、「少年探偵団」シリーズ。江戸川乱歩生誕120年を迎えた今年、満を持して「少年探偵団」プロジェクトがスタートします。その第一弾が万城目学、湊かなえといった超人気作家5名による豪華アンソロジー「みんなの少年探偵団」で...
悟浄出立

悟浄出立

新潮社(2014年07月22日)俺はもう、誰かの脇役ではない。深化したマキメワールド、開幕! 砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ? でもある出来事をきっかけに、彼の心がほんの少し動き始める――。西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当て、...
時の罠 (文春文庫)

時の罠 (文春文庫)

文藝春秋(2014年07月10日)人気作家が競作! 文庫オリジナル・アンソロジー綺羅、星の如く輝く作家たちの手による“時”をめぐる物語。文庫オリジナルでお届けする、宝石箱のような短篇集をお楽しみください。
偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

集英社(2013年12月13日)古くより対立する日出家と棗家。迫る存亡の危機を力を合わせて斥けられるのか!? 万城目ワールド全開のスーパーエンターテイメント。濱田岳&岡田将生主演で映画公開!
とっぴんぱらりの風太郎

とっぴんぱらりの風太郎

文藝春秋(2013年09月28日)著者二年ぶりのスペクタクル長編!天下は豊臣から徳川へ――伊賀を追い出された“ニート忍者”風太郎の運命は、ひょうたんのみぞ知る? 万城目ワールド全開の大長編
ザ・万字固め

ザ・万字固め

ミシマ社(2013年02月09日)ひょうたんを愛する「全日本愛瓢会」に入会したり、2011年の東京電力株主総会に潜入したり、深夜にPSPのカードと格闘したり…。大人気作家、万城目学氏の、めくるめく日常。 地元大阪の話、少年時代の話から、無限・四次元・宇宙にまで想いを馳せ、そしてラストは…!? ウルトラ級のエッセイ集、誕生!!
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング)(2013年01月25日)かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫。ゲリラ豪雨が襲ったある日、玄三郎の犬小屋にマドレーヌ夫人が逃げこんできて…。元気なかのこちゃんの活躍、気高いマドレーヌ夫人の冒険、この世の不思議、うれしい出会い、いつか訪れる別れ。誰もが通り過ぎた日々が、キラキラした...
冬の本

冬の本

夏葉社(2012年12月12日)冬に読んだ本。冬になると思い出す本。まるで冬のような本。「冬」と「1冊の本」をめぐる、新しいエッセイ集。
ザ・万遊記 (集英社文庫)

ザ・万遊記 (集英社文庫)

集英社(2012年05月18日)北京で五輪を堪能し、ロンドンでサッカーの醍醐味を味わい、バルセロナではピカソに共感。アキレス腱断裂のピンチに陥るも、全国の湯治場を巡りつつリハビリに励み、国会議事堂では大物代議士をちら見…。万城目学が世界を駆け回って驚きや感動を綴った奇想天外エッセイ集。文庫化に際し、2011年秋に平壌で行われたサッカーW杯アジア3次予選の観戦記「眉...
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

文藝春秋(2011年04月08日)このことは誰も知らない-四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!?万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。
ホルモー六景 (角川文庫)

ホルモー六景 (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング)(2010年11月25日)このごろ都にはやるもの。恋文、凡ちゃん、二人静。四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。このごろ都にはやるもの。元カレ、合コン、古長持。祇園祭の宵山に、浴衣で駆けます若人ら、オニと戯れ空騒ぎ、友と戯れ阿呆踊り。四神見える...