ウィラ・キャザーの作品一覧

作品数 5 件
大司教に死来る (須賀敦子の本棚 池澤夏樹=監修)

大司教に死来る (須賀敦子の本棚 池澤夏樹=監修)

河出書房新社(2018年08月11日)厳しくも美しいニューメキシコの自然の中で先住民族の魂の豊かさに触れ真の生きがいを見出す神父を描く。ピュリツァー賞作家代表作。
マイ・アントニーア 新装版

マイ・アントニーア 新装版

みすず書房(2017年03月15日)舞台は19世紀後半のアメリカ中西部。ネブラスカの大平原でともに子供時代を過ごしたこの物語の語り手「ぼく」と、ボヘミアから移住してきた少女アントニーア。「ぼく」はやがて大学へ進学し、アントニーアは女ひとり、娘を育てながら農婦として大地に根差した生き方を選ぶ。開拓時代の暮しや西部の壮大な自然を生き生きと描きながら、「女らしさ」の枠組みを...
マイ・アントニーア (文学シリーズ lettres)

マイ・アントニーア (文学シリーズ lettres)

みすず書房(2010年11月11日)舞台は19世紀後半のアメリカ中西部。ネブラスカの大平原でともに子供時代を過ごしたこの物語の語り手「ぼく」と、ボヘミアから移住してきた少女アントニーア。「ぼく」はやがて大学へ進学し、アントニーアは女ひとり、娘を育てながら農婦として大地に根差した生き方を選ぶ。開拓時代の暮しや西部の壮大な自然をいきいきと描きながら、「女らしさ」の枠組みを...
迷える夫人

迷える夫人

大阪教育図書(2001年05月01日)