最果タヒの作品一覧

作品数 28 件
星か獣になる季節 (ちくま文庫)

星か獣になる季節 (ちくま文庫)

筑摩書房(2018年02月07日)推しの地下アイドルが殺人容疑で逮捕!? 僕は同級生のイケメン森下と真相を探るが――。歪んだピュアネスが傷だらけで疾走する新世代の青春小説!
千年後の百人一首

千年後の百人一首

リトル・モア(2017年11月22日)言葉と絵——。 ふたりが1000年の時の砂をはらうと、 たった1つの変わらない「思い」が、 切なる100の音楽を奏ではじめた。 日本古典文学の最高峰に挑む。 これが、この世限りの、決定版「百人一首」! 【 清川あさみが布や糸・ビーズで描きおろした百の情景。】 今までの絵札とは全く違う、けれど歌に込められた思いを真摯に表現した一...
もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)

もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)

産業編集センター(2017年10月13日)ほぼ、書き下ろし!! 詩人・最果タヒが、「食べる」について綴った異色のエッセイ集登場! 食べ物へのあきらめ、偏愛、「好き」という感情について語りつくした自由度無限大の一冊。 「ぼくの理想はカレーかラーメン」「大人は温度を食べている」 「良いサンドウィッチはミステリー」「ジャジャーン!ポールエヴァン!」など25作品収録!! 味覚は、...
愛の縫い目はここ

愛の縫い目はここ

リトル・モア(2017年07月27日)日本語から詩がこぼれてくる。 言葉にひそむ光、声を支える日々の足音、 最果てを抱えこんでいる私たち。——谷川俊太郎(帯コメントより) 第33回現代詩花椿賞受賞作『死んでしまう系のぼくらに』と、 映画化でも話題となった『夜空はいつでも最高密度の青色だ』に連なる 詩集三部作、完結! 最果タヒ自身が拓いた、詩の新時代を決定づける傑作...
十代に共感する奴はみんな嘘つき

十代に共感する奴はみんな嘘つき

文藝春秋(2017年03月27日)主人公のカズハは17歳。いじめや自殺のあふれる日常で、恋をして喧嘩をしてごはんを食べる。みずみずしい文体の小説!
グッドモーニング (新潮文庫nex)

グッドモーニング (新潮文庫nex)

新潮社(2017年01月28日)わたしの名前を君たちは知らない。あらゆるものに手が届きそうなのに、何だってできそうなのに、私たちの現実は行き詰まっている。閉じている。愛とか、死とか、そこにドラマなんて、ありはしない。――本当に? それは誰が決めたの。それはいつ、わかったの。私たちの、僕たちの世界を、塗り替える言葉たち。見たことのない景色。知らなかった感情。新しい自...
葉桜と魔笛 (立東舎 乙女の本棚)

葉桜と魔笛 (立東舎 乙女の本棚)

リットーミュージック(2016年12月19日)太宰治の『葉桜と魔笛』が、畠中恵原作の人気シリーズ『まんまこと』のコミカライズなどで知られ、色彩豊かな和服イラストで人気のマンガ家紗久楽さわによって、鮮やかに現代リミックス。全イラスト書き下ろしで贈る、珠玉のコラボレーション。
女生徒 (立東舎 乙女の本棚)

女生徒 (立東舎 乙女の本棚)

リットーミュージック(2016年11月25日)太宰治の『女生徒』が、ファッションブランドAngelic Prettyなど、乙女心をくすぐる作品で知られるイラストレーター今井キラによって、鮮やかに現代リミックス。全イラスト書き下ろしで贈る、珠玉のコラボレーション。
猫町 (立東舎 乙女の本棚)

猫町 (立東舎 乙女の本棚)

リットーミュージック(2016年11月25日)萩原朔太郎の『猫町』が、『刀剣乱舞』のキャラクターデザインなどで知られ、pixivフォロワー21万人超えを誇るイラストレーターしきみによって、鮮やかに現代リミックス。全イラスト書き下ろしで贈る、珠玉のコラボレーション。
きみの言い訳は最高の芸術

きみの言い訳は最高の芸術

河出書房新社(2016年10月26日)いま、もっとも注目の作家・最果タヒが贈る、初のエッセイ集がついに刊行。著者厳選の45本を収録!!
こころ Vol.33

こころ Vol.33

平凡社(2016年10月11日)新連載=最果タヒ「詩っぽい言葉~」/今さら知りたい①「宗教ってなんだろう?」島薗進/連載=村田喜代子ほか
小説の家

小説の家

新潮社(2016年07月29日)この家の窓からは“大切なもの”が見える。上條淳士、福満しげゆきなどによる豪華アートワークと共に贈る、前代未聞のアンソロジー。
夜空はいつでも最高密度の青色だ

夜空はいつでも最高密度の青色だ

リトル・モア(2016年04月22日)異例のひろがりで話題騒然となった 『死んでしまう系のぼくらに』を超える、 待望の新詩集! - - - 都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。 塗った爪の色を、きみの体の内側に探したって見つかりやしない。 夜空はいつでも最高密度の青色だ。――「青色の詩」より抜粋 - - - 現代詩の枠を超えたムーブメントを巻き起こし...
空が分裂する (新潮文庫nex)

空が分裂する (新潮文庫nex)

新潮社(2015年08月28日)殺人も、恋も、すべて空と呼べばいい。今や誰だって言葉を発信できるし、どんな人だって言葉を受信できる。そんな現代に「特別な私」はどこにいる? かわいい。死。切ない。愛。混沌から生まれた言語は、やがて心に突き刺さり、はじける感性が世界を塗り替える。昨日とは違う私を、明日からの新しい僕を、若き詩人が切り開く。萩尾望都ら21名の漫画家・イラ...