今東光の作品一覧

作品数 8 件
真乗―心に仏を刻む

真乗―心に仏を刻む

中央公論新社(2007年07月01日)昭和という激動の時代を生き抜いた仏教者、伊藤真乗。京都の醍醐寺で真言密教を修めたのち、現代社会における仏道を探求した彼は、やがて、真如苑を開創し、一宗を興すことになる。数多くの仏像を自刻し、「昭和の仏師」とも呼ばれた伊藤真乗、その生涯は、人々の心に仏を刻むものであった。写真79点+口絵7点収録。
毒舌日本史 (文春文庫)

毒舌日本史 (文春文庫)

文藝春秋(1996年08月01日)「古事記」は性書の古典である! 信長は狂っていた! 秀吉は大泥棒であった!——今までの歴史観がもち得なかった奔放自在の発想で、日本歴史の表裏を面白く語る“東光歴史談義”。
お吟さま (大衆文学館)

お吟さま (大衆文学館)

講談社(1996年01月01日)
毒舌 身の上相談 (集英社文庫)

毒舌 身の上相談 (集英社文庫)

集英社(1994年05月20日)天台宗大僧正、中尊寺貫主、参議院議員、直木賞作家…。まさに波瀾万丈の人生を生きた今東光和尚。過激な毒舌の裏に溢れる人間愛と知性で、多くの人々に愛され続けた。その奔放な人生経験をもとに、若者たちの悩みにズバリ答えた型破り。