戸田早紀の作品一覧

作品数 47 件
不条理な殺人 (創元推理文庫)

不条理な殺人 (創元推理文庫)

東京創元社(2018年11月12日)人気俳優マークはある日、義理の息子の劇作家ケニーが書いた不条理劇の題名を知り動揺する。「エルシノアの郊外」……それは17年前の、ケニーの実父が死んだ“事故”を暗示しているようだった。当時4歳の子供が、真相を知っている? マークは劇のキャストに立候補し、上演の日までともに過ごすことで、息子の真意を探ろうとする。ふたりが17年前それぞれ...
浮かんだ男 (創元推理文庫)

浮かんだ男 (創元推理文庫)

東京創元社(2016年09月25日)セーラが陣頭指揮をとる、義理の甥の野外結婚式は好天に恵まれ、会場のテントに熱気球が墜落したことなど二三のトラブルを除いて、問題なく終了した。だが翌朝、片づけ中に潰れたテントの下から死体が見つかり、家の周囲でも事件が続発。セーラと夫マックスは休むことなく探偵活動に取り組むことになる――ケリング一族ほぼ総出の騒動が描かれる、人気ミステリ...
悪夢はめぐる (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)

悪夢はめぐる (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)

原書房(2015年10月26日)『死の相続』を超える、アメリカ黄金時代の最大の怪作! ついに封印を破って邦訳! 刑務所の所長による悪夢のような事件、そして密室の溺死事件が出来したあと、 誰も予想もつかない結末が到来する――。
おかしな遺産 (創元推理文庫)

おかしな遺産 (創元推理文庫)

東京創元社(2015年06月21日)盗まれた名画を捜し海外出張中の夫マックスの留守を預かるセーラのもとに、夫妻にとって因縁浅からぬ「御殿」ことウィルキンズ美術館にて、またも変死事件が起きたとの報が入る。被害者は顔見知りの画家ドロレスだった。その翌日、セーラはひとり事務所にいたところを襲撃され、さらに自分が彼女の遺言執行人に指名されていることを知る。美術館一筋だったドロ...
ママのトランクを開けないで (イソラ文庫)

ママのトランクを開けないで (イソラ文庫)

早川書房(2010年04月05日)ここは華やかなフロリダのイメージとはほど遠い田舎町、ヒマーシ。わたし、メイス・バウアーは森林公園に勤め、副業でワニやスカンクなど迷惑動物を駆除してもいる。母のロザリーは、いつもおしゃれで誰とも親しく接する典型的な南部のおばちゃま…だけど、彼女の車のトランクから男の死体が見つかった!殺人容疑をかけられた母の汚名を晴らすため、わたしは姉...