山崎ナオコーラの作品一覧

作品数 50 件
趣味で腹いっぱい

趣味で腹いっぱい

河出書房新社(2019年02月21日)趣味は上を目指さない、競争をしないから素敵――趣味に興じる鞠子と銀行員・小太郎の結婚生活の行方を描く、著者最高傑作!
偽姉妹 (単行本)

偽姉妹 (単行本)

中央公論新社(2018年06月07日)私、お姉さんたちとは別に、姉妹になりたい人ができたの――まったく新しい家族のつくり方を模索する、山崎ナオコーラのポップで自由な家族小説! あるとき3億円の宝くじが当たった真面目で地味な正子(35歳)。 当せん金で『屋根だけの家』という風変わりな家を建て、イケメンの夫・茂と息子の3人で暮らしていたが、茂の浮気で離婚。 シングルマザーに...
可愛い世の中 (講談社文庫)

可愛い世の中 (講談社文庫)

講談社(2018年05月15日)仕事と経済、カップルでいること……をみずみずしい筆で紡ぐ、新感覚小説! 芳香剤のメーカーで働く地味な会社員、豆子は、自身の結婚式を機に、金銭感覚が人生と共に変化していくことの面白さを発見する。 決して「モテ」を追求することなく、社会人としての魅力をアップしていきたい。 退職して、「香りのビジネス」を友人と起こそうと画策する。 香水...
母ではなくて、親になる

母ではなくて、親になる

河出書房新社(2017年06月15日)「母」になるのは、やめた! 妊活、健診、保育園落選……赤ん坊が1歳になるまでの驚きの毎日を描く、大反響の出産子育てエッセイ!
短編少年 (集英社文庫)

短編少年 (集英社文庫)

集英社(2017年05月19日)人気作家陣が「少年」をキーワードに紡いだ短編作品9本を収録したアンソロジー。家族や友人との関係に悩む繊細な心情や、背伸びするいじらしさなど、少年の魅力がぎゅっと詰まった1冊。(解説/壇蜜)
泥酔懺悔 (ちくま文庫)

泥酔懺悔 (ちくま文庫)

筑摩書房(2016年09月08日)泥酔せずともお酒を飲めば酔っ払う。お酒を介した様々な光景を女性の書き手11人が綴る連作エッセイ集。文庫化に際し藤田可織の書き下ろしを収録。
小説の家

小説の家

新潮社(2016年07月29日)この家の窓からは“大切なもの”が見える。上條淳士、福満しげゆきなどによる豪華アートワークと共に贈る、前代未聞のアンソロジー。
美しい距離

美しい距離

文藝春秋(2016年07月11日)死へと向かっていく妻に照射される夫のまなざし40歳代の妻は癌に冒され死へと向かって歩む。生命保険会社勤務の夫は愛する妻へと柔らかい視線を投げかける。人生考察の清々しさ。
文学2016 (文学選集)

文学2016 (文学選集)

講談社(2016年04月21日)日本文藝家協会が毎年編んで読者に贈る年間傑作短編アンソロジー。2015年一年間に文芸誌などの媒体に発表された全短編の中から20篇を厳選。ベテラン作家から新鋭作家まで、多彩な書き手による注目作、意欲作を選び出し、この一冊で2015年の日本文学を一望できる珠玉の短篇名作選です。 収録作品 「鉢かづき」 青山七恵、 「秘宝館 」  ...
かわいい夫

かわいい夫

夏葉社(2015年12月21日)日々の暮らし。父との死別。流産。ふたたびの妊娠。さまざまな出来事をとおして、浮かび上がってくる、あたらしい結婚の形。変化していく、作家のこころ。毎日、少しずつ読みたくなる、結婚エッセイ集。
ネンレイズム/開かれた食器棚

ネンレイズム/開かれた食器棚

河出書房新社(2015年10月23日)おばあさんっぽくなりたい18歳の私、今を生きたい紫さん、ゆっくり歳をとりたい加藤くんーー高3の特別な冬を描く著者最高傑作!
昼田とハッコウ(上) (講談社文庫)

昼田とハッコウ(上) (講談社文庫)

講談社(2015年09月15日)幸福寺の小さな本屋さん「アロワナ書店」。三代目のハッコウは店長とは名ばかりで店内をぶらぶらするばかり、ともに育ったいとこの昼田はIT企業に勤めていた。しかし正月早々大事件が起き、書店は存続の危機に。昼田とハッコウは、二人でゆっくり立ち上がる。自分と世界のつながりを考える、著者渾身の長編。
昼田とハッコウ(下) (講談社文庫)

昼田とハッコウ(下) (講談社文庫)

講談社(2015年09月15日)幸福寺の小さな本屋さん「アロワナ書店」は毎朝開店し、客をはじめ、さまざまな人を迎え入れて、夜には閉まる。その日常が壊れた「あの日」を境に、「町の本屋さん」の店長として動き始めた店長のハッコウといとこの昼田の関係は、じわじわと変わり始める。仕事をすること、家族になること、人と繋がること。続いていく毎日をゆるやかに更新する物語。
反人生

反人生

集英社(2015年08月26日)男と女、親と子、先輩と後輩、夫と妻……無意識に人々のイメージに染み付いている「役割」や常識を超えて、新しくゆるやかな人間の連帯のかたちを見つける、全4編の小説集。
可愛い世の中

可愛い世の中

講談社(2015年05月20日)芳香剤のメーカーで働く地味な会社員、豆子は、自身の結婚式を機に、金銭感覚が人生と共に変化していくことの面白さを発見する。 決して「モテ」を追求することなく、社会人としての魅力をアップしていきたい。 退職して、「香りのビジネス」を友人と起こそうと画策する。 香水に、セクシーではなく、経済力という魅力を!
ボーイミーツガールの極端なもの

ボーイミーツガールの極端なもの

イースト・プレス(2015年04月17日)"恋愛は苦手だけど、恋愛小説は好き"なあなたに贈る、心に柔らかい刺を残す連作短編小説集。人気多肉植物店「叢」のサボテン×山崎ナオコーラのラブストーリー。
ニキの屈辱 (河出文庫)

ニキの屈辱 (河出文庫)

河出書房新社(2014年06月10日)人気写真家ニキのアシスタントになったオレ。だが一歳下の傲慢な彼女に公私共に振り回されて……格差恋愛の行方を描く話題の恋愛小説