渡邉哲也の作品一覧

作品数 43 件
「米中関係」が決める5年後の日本経済 新聞・ニュースが報じない貿易摩擦の背景とリスクシナリオ (PHPビジネス新書)

「米中関係」が決める5年後の日本経済 新聞・ニュースが報じない貿易摩擦の背景とリスクシナリオ (PHPビジネス新書)

PHP研究所(2018年04月29日)気鋭の経済評論家が、米中対立を基軸にした世界経済の潮流と日本経済への影響&対策について、国内メディアが“ツッコまない”50の疑問に答える。
アンダー・プロトコル: 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学

アンダー・プロトコル: 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学

徳間書店(2018年02月27日)「私の専門はファイナンス。つまり金(マネー)のプロである」――金融や資金調達と訳される「ファイナンス」だが、株、不動産の投資や、資金移動など横断的に行えるスキルを持つ著者は、高校時代から投資を始め、大学を中退後、専門職になる。バブル崩壊で莫大な借金を背負うことになり、裏社会への返済に差し出した投資材こそ「自分」。仮想通貨バブルと、株...
ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0: 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序

ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0: 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序

徳間書店(2018年01月31日)平成から次の時代へと動き始めた日本。日経平均もバブル崩壊後の高値を更新、デフレ脱却が本格化しつつある。米中ロの冷戦復活、そして東京オリンピック開催は、昭和の高度成長期とそっくりで、歴史が再び繰り返されようとしている。この先、日本と日本経済に何が起こるのか、そして「2018年の世界最大リスク」とされた中国の動向、混乱が続く朝鮮半島の行...
ヤクザとオイルマネー: 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす

ヤクザとオイルマネー: 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす

徳間書店(2017年09月28日)黒い水を求めてブラック・マネーが燃え上がる!――石油を買い漁る中国にヤクザが群がった。単身オイルを求めてわずか1年で250億円を稼いだ男はアメリカに狙われ、パレルモ条約で拘束された。朝鮮半島危機から9・12任侠山口組射殺事件にまで連なる、エネルギー・麻薬・武器取引・犯罪組織・「ドル」の連鎖をすべて明かす―経済評論家・渡邉哲也と評論家...
決裂する世界で始まる金融制裁戦争: 米中朝の衝突で急変するアジア 共謀罪・マイナンバーで叩き潰される者たち

決裂する世界で始まる金融制裁戦争: 米中朝の衝突で急変するアジア 共謀罪・マイナンバーで叩き潰される者たち

徳間書店(2017年07月29日)北朝鮮問題に何ら対処せず、ICBMの開発を許した中国に対して、米国はついに金融制裁を発動! 朝鮮・アジア情勢は今後、新局面へと突入する。  一方、日本はテロ等準備罪が成立し、パレルモ条約締結にようやくこぎつけた。これでマイナンバー、テロ3法と合わせて、中国・北朝鮮とつながる反日過激派テロリストが炙り出されることになる。  激変する世...
平和ボケ お花畑を論破するリアリストの思考法

平和ボケ お花畑を論破するリアリストの思考法

飯塚書店(2017年04月08日)日本に迫りくる脅威を全く報道しない既存のマスメディアに騙されている、いわゆる「平和ボケ、お花畑」な人たちはまだまだたくさんいます。そんな可哀想な人達を覚醒させたい、本当のことに気づいてほしい、と思っているけどうまく説得できない、と忸怩たる思いの人も多くいます。そんな人達に向け経済評論家であり若手保守論客として『トランプ! 世界が変わ...
あと5年で銀行は半分以下になる

あと5年で銀行は半分以下になる

PHP研究所(2017年02月25日)ついに日本政府が銀行業界にメスを入れる!? 気鋭の経済評論家が、誰もが決して無関心ではいられない銀行、金融の問題を平易に解説。
米中開戦 躍進する日本

米中開戦 躍進する日本

徳間書店(2017年01月26日)政権内部に対中強硬派を大量に採用したトランプ新大統領は、本気で中国潰しを狙い、英露との関係を深めている。一方2017年は、蘭・仏・独など欧州では次の指導者を決める選挙が目白押しで、EU解体が加速する可能性が高まっている。世界が保護主義化するなかで、グローバリズムの恩恵で急成長してきた中国経済は壊滅必死、トランプの包囲網により韓国とと...
貧者の一票 グローバル経済の崩壊と連鎖する無血革命

貧者の一票 グローバル経済の崩壊と連鎖する無血革命

扶桑社(2016年12月24日)貧しい国が豊かになると戦争が起きる 豊かな国が貧しくなると革命が起きる 今、世界で起きていることは 「これから起こること」の始まりにすぎない 世界は革命期に突入した! サブプライム以降の大きな歴史のうねりはグローバリズムを終焉させ、巨大な大衆の反発と否定の段階に入っている。 イギリスのEU離脱(ブレグジット)、アメリカのトランプ...
山口組分裂と国際金融: インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係

山口組分裂と国際金融: インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係

徳間書店(2016年12月14日)元山口組系組長で金融ヤクザだった猫組長と、エコノミストの渡邉哲也氏が、「カネから見た山口組分裂」から、ヤクザと国際金融のつながり、シノギの現状、トランプ大統領の誕生で起こっている地下経済の変化までを完全解説! タックスヘイブンを利用した国際マフィアの手口や、産油国を舞台に繰り広げられる暗闘、世界的な脱グローバルとヤクザ社会の変容など...