酉島伝法の作品一覧

作品数 12 件
宿借りの星 (創元日本SF叢書)

宿借りの星 (創元日本SF叢書)

東京創元社(2019年03月29日)その惑星では、かつて人類を滅ぼした異形の殺戮生物たちが、縄張りのような国を築いて暮らしていた。罪を犯して祖国を追われたマガンダラは、放浪の末に辿り着いた土地で、滅ぼしたはずの“人間”たちによる壮大かつ恐ろしい企みを知る。それは惑星の運命を揺るがしかねないものだった。マガンダラは異種族の道連れとともに、戻ったら即処刑と言い渡されている...
多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)

多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)

早川書房(2018年06月19日)ウルトラマンを見て育った世代の小説家たち7人の競演! 日本SFの象徴的イコンをリスペクトする、円谷プロ公式アンソロジー。
BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫JA)

BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫JA)

早川書房(2017年05月09日)弐瓶勉の初期傑作『BLAME!』の世界観を題材に、日本SFを牽引する五作家がノヴェライズ。全作書き下ろしによる豪華アンソロジイ
旋舞の千年都市〈上〉 (創元SF文庫)

旋舞の千年都市〈上〉 (創元SF文庫)

東京創元社(2016年05月30日)ナノテク革命と低炭素経済で空前の活況に沸く近未来。犠牲者ゼロの奇妙な自爆テロの真相とは? テロ現場にいた謎のドローンを追う少年、AIが飛び交う金融市場で世紀の一大詐欺を企むトレーダー、伝説の「蜜人」を探す美術商……東洋と西洋、過去と未来が混じりあう巨大都市を舞台に、現代SF随一の実力派作家が、壮大にして緻密な未来世界のヴィジョンを描...
旋舞の千年都市〈下〉 (創元SF文庫)

旋舞の千年都市〈下〉 (創元SF文庫)

東京創元社(2016年05月30日)【キャンベル記念賞、英国SF協会賞受賞】少年探偵はドローンを駆使してテロリストの跡を追い、老経済学者は独自の情報理論でテロの真相に迫る。ナノテク・ベンチャーは次なる産業革命を宣言し、美術商は巨大都市の過去と未来をつなぐ秘密に近づく。そして明らかになる、テロ計画の驚愕の全貌とは……人類と世界に大変革をもたらすのはテロか、ナノテクか、そ...
多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)

多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)

早川書房(2015年07月23日)本篇の再解釈に挑む山本弘、正義の化身となった女子高生の苦悩を描く小林泰三の短篇ほか、北野勇作、三津田信三、田中啓文、酉島伝法、藤崎慎吾が日本SFの象徴的イコンをリスペクトする計七作
皆勤の徒 (創元SF文庫) (創元SF文庫)

皆勤の徒 (創元SF文庫) (創元SF文庫)

東京創元社(2015年07月19日)第2回創元SF短編賞受賞作に始まる幻惑世界全4編。卓越した造語感覚と、圧倒的なイメージ喚起力を駆使して描かれる異形の未来。現代SFの到達点にして世界水準の傑作!
NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

河出書房新社(2014年10月07日)第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞した画期的アンソロジー・シリーズ《NOVA》が装いも新たに、復活。 第34回日本SF大賞の全候補作家+日本SF大賞・同特別賞の受賞者たちが参加する、前代未聞の完全新作・オール読切アンソロジー。 「数奇な運命により、いまの日本SFシーンの第一線に立つベテランから新鋭までが顔を揃え...
旋舞の千年都市 下 (創元海外SF叢書)

旋舞の千年都市 下 (創元海外SF叢書)

東京創元社(2014年03月27日)徐々に明らかになっていくテロ事件の真相。巨大なイスタンブールの街でそれぞれの目的を追い求める6人の主人公。5日間の冒険の果てに、彼らは何を見る? 圧巻の大団円!
皆勤の徒 (創元日本SF叢書)

皆勤の徒 (創元日本SF叢書)

東京創元社(2013年08月29日)異形の天才、降臨。第2回創元SF短編賞受賞作にはじまる幻惑世界全4編。奇怪な造語に彩られた、誰も見たことのない世界を構築する卓越したSFセンス! 堀晃、大森望、日下三蔵推薦。