中江有里の作品一覧

作品数 9 件
わたしの本棚

わたしの本棚

PHP研究所(2017年11月07日)家族との別離、女優への第一歩を踏み出したとき……本はいつでも隣にいてくれた。本をとおして人生を見つめ直す珠玉の読書エッセイ。
ホンのひととき 終わらない読書 (PHP文芸文庫)

ホンのひととき 終わらない読書 (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2017年09月09日)「週刊ブックレビュー」で長年司会を務め、年間300冊の本を読むなど読書家で知られる女優による、本への愛を綴ったエッセイ&書評集。
恋愛仮免中 (文春文庫)

恋愛仮免中 (文春文庫)

文藝春秋(2017年05月10日)奥田英朗、荻原浩、原田マハ、窪美澄という実力派の直木賞・山本賞作家に、新鋭の中江有里を加えた、豪華執筆陣によるアンソロジー。テーマは〝恋愛〟。28歳の彩子は、付き合って3年の恋人が相談もなく会社を辞めたことにショックを受ける。女友達は条件のいい男を紹介してくれ、彩子は恋人との別れを考え始めるが……。(奥田英朗「あなたが大好き」)16...
ホンのひととき 終わらない読書

ホンのひととき 終わらない読書

毎日新聞社(2014年05月30日)偏読、雑読、併読、積ん読-楽しみ方いろいろあります。年間300冊の本を読み、読書家で知られる女優の初エッセイ。
学びやぶっく 72 いくつ分かる? 名作のイントロ

学びやぶっく 72 いくつ分かる? 名作のイントロ

明治書院(2013年08月01日)名作は冒頭から何かが違う。自分の読書量を試すも良し、新たに読んでみるのも良し。豊かな時間を楽しむ一冊。
ティンホイッスル

ティンホイッスル

角川書店(角川グループパブリッシング)(2013年01月31日)情熱を失ったマネジャー。復活に賭ける女優と、舞台に招かれる元女優。三人の"運と運命"をわけるものはなにか?初めてあの音を聴いた時、触れたことのない場所に触れられたようだった-。大崎藍子(38)は芸能事務所のマネジャーとして、忙しい日々を送っていた。今日も担当の河野みさき(40)のわがままのため、地方ロケに急遽、参加することに。人気の...
結婚写真 (小学館文庫)

結婚写真 (小学館文庫)

小学館(2010年11月05日)
結婚写真

結婚写真

日本放送出版協会(2006年11月01日)女優・脚本家として、「週刊ブックレビュー」司会者として、活躍中の著者が、プルーラルな視点で描き上げる、娘と母の、せつない愛の物語。脚本家デビューを果たした話題作『納豆ウドン』の書き下ろし小説も収載した著者初の単行本小説集。