小松左京の作品一覧

作品数 117 件
新装版 復活の日 (ハルキ文庫)

新装版 復活の日 (ハルキ文庫)

角川春樹事務所(2018年05月11日)
復活の日〔新版〕

復活の日〔新版〕

早川書房(2018年01月10日)
アメリカの壁 (文春文庫)

アメリカの壁 (文春文庫)

文藝春秋(2017年12月05日)「輝けるアメリカ」「美しいアメリカ」を掲げ当選した大統領ひきいるアメリカが、突然出現した「壁」によって外の世界と遮断される! 1977年に発表された表題作「アメリカの壁」が「現在のトランプ政権の誕生を予言していた」と40年の歳月を超えて話題沸騰、電子書籍として発売されるや、各電子書店のベストセラー・ランキングで1位を獲得、国内外のメ...
日本SF傑作選2 小松左京 神への長い道/継ぐのは誰か? (ハヤカワ文庫JA)

日本SF傑作選2 小松左京 神への長い道/継ぐのは誰か? (ハヤカワ文庫JA)

早川書房(2017年10月05日)「地には平和を」「時の顔」「紙か髪か」「御先祖様万歳」「お召し」「物体O」「神への長い道」『継ぐのは誰か?』の8篇収録。
小松左京全集完全版〈25〉短編小説集―全ショートショート集

小松左京全集完全版〈25〉短編小説集―全ショートショート集

城西国際大学出版会(2017年02月28日)人類の未来を考える黄金の羅針盤。『宇宙的・知』の集大成、
超常能力者 (冒険の森へ傑作小説大全 4)

超常能力者 (冒険の森へ傑作小説大全 4)

集英社(2016年08月05日)ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。 第15回配本となる第4巻「超常能力者」は、SFの一大テーマともいえる「エスパー」の活躍と葛藤、栄光と挫折を描いた、時代を超えて輝ける名作の数々全10編を収録。 ●編集委員/逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から] 「SFの時代」は遠くなっ...
歪んだ時間 (冒険の森へ 傑作小説大全8)

歪んだ時間 (冒険の森へ 傑作小説大全8)

集英社(2015年10月05日)ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第5回配本、第8巻『歪んだ時間』は、タイムスリップを中心に、時間の歪みをテーマにしたSFとファンタジーを14編収録! ●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 SF、そしてファンタジーの巻である。 タイムマシン、タイムスリップ、コールドスリープ...
戦争小説短篇名作選 (講談社文芸文庫)

戦争小説短篇名作選 (講談社文芸文庫)

講談社(2015年07月11日)あの戦争を、原爆を、終戦を、作家たちは、どう小説に刻んだのか。戦後70年を経ても、文学が捉えた戦争のリアルは、色褪せない。
極限の彼方 (冒険の森へ 傑作小説大全5)

極限の彼方 (冒険の森へ 傑作小説大全5)

集英社(2015年07月03日)ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第2回配本、第5巻「極限の彼方」は、人が経験できるさまざまな「極限」の形を描いた物語12編。
過去の囁き (冒険の森へ 傑作小説大全16)

過去の囁き (冒険の森へ 傑作小説大全16)

集英社(2015年05月12日)ジャンルを越え、小説の面白さを追求する画期的アンソロジー『冒険の森へ 傑作小説大全』第16巻。 主人公の過去が蠢き囁き始めることで、ダイナミックに躍動していく物語。その鮮やかな成功例、12編をこの一冊に収録。 主人公の過去。それは物語を紡いでいくための最重要の要素である。過去が蠢き、囁き始めると物語はダイナミックに躍動していくの...
猫は神さまの贈り物<小説編>

猫は神さまの贈り物<小説編>

有楽出版社(2014年04月29日)本好きと猫好きは何故か似ている。個性派作家たちによる孤高を愛する人のための珠玉の"猫"小説集。
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

早川書房(2013年04月10日)小松左京、夢枕獏、神林長平ら70年代の作品を中心に収録。オールスター傑作選第2弾!
日本アパッチ族 (ハルキ文庫)

日本アパッチ族 (ハルキ文庫)

角川春樹事務所(2012年11月15日)終戦直後の大阪で、鉄を食べる人間が出現した。名は「アパッチ」。一日に平均六キロの鉄と〇・二〜〇・六リットルのガソリンを摂取し、その肉体の強靭さとスピードは、人類をはるかに凌駕する。彼らはやがて全国へと拡がり、日本の政治、生産機構までも揺さぶるようになっていった…。小松左京の処女長篇にして、SFの枠を超えた永遠の名作が、ここに復活。
大震災’95 (河出文庫)

大震災’95 (河出文庫)

河出書房新社(2012年02月04日)巨大災害に直面した『日本沈没』の作者は、この私たちの体験を風化させないためにという祈りを込め、責任感に突き動かされるように、その全貌の記録と総合的な解析を一年間にわたり精力的に行った。阪神・淡路大震災の歴史的ルポにして、未来への警鐘を鳴らす名著。単行本未収録「阪神大震災の日 わが覚書」他を巻末に収録。
虚無回廊

虚無回廊

徳間書店(2011年11月16日)「ここは、銀河系の中でも、とても知的存在の密度が濃いのよ。おそらく、広大な空間のあっちこっちから集まってきているんだわ。まるで宇宙の誘蛾灯のように…」地球から五.八光年の宇宙空間に忽然と現れた巨大円筒形物体"SS"。長さ二光年、直径一.二光年と、途轍もない規模をもつこのSSへの探査は、空間的にも時間的にも、生身の人間には到底不可能な...