是澤博昭の作品一覧

作品数 5 件
no_image

子どもたちの文化史 玩具にみる日本の近代

臨川書店(2019年03月31日)玩具に映しだされた大人と子どもの対話を読み解き、近代日本の新たな社会像を提示する。国立民族学博物館共同研究の成果を書籍化。
子供を祝う 端午の節句と雛祭 (淡交新書)

子供を祝う 端午の節句と雛祭 (淡交新書)

淡交社(2015年03月25日)日本古来の年中行事というイメージを抱きやすい端午や上巳の節句が生活の中に定着するのは、今から250年ほど前の江戸時代中頃のこと。当時の人々の生活文化という視点から、なぜ、どのようにして「節句」が年中行事となったのか、またそこに飾られるものにどのような意味があって発展してきたのか、見つめなおしてみましょう。
教育玩具の近代―教育対象としての子どもの誕生

教育玩具の近代―教育対象としての子どもの誕生

世織書房(2009年04月01日)幼稚園を誕生させた教育要求の高揚-それはまた、玩具に教育的機能を付与する。教育玩具を通し幼児教育の生成過程を浮き彫る。