陳舜臣の作品一覧

作品数 314 件
探偵の誇り-日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(6) (双葉文庫)

探偵の誇り-日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(6) (双葉文庫)

双葉社(2018年06月14日)突然の兇行、横たわる死体、立ちはだかる大きな謎。もはや解決不能と思える難事件を、明晰な頭脳で鮮やかに解き明かしていく名探偵たちの推理を、とくとご堪能あれ。歴史ある日本推理作家協会賞を受賞し、ミステリー界が誇る作家六名が生み出した名探偵たちの活躍を収録した珠玉作短編集シリーズ第六弾。
神戸ものがたり (のじぎく文庫)

神戸ものがたり (のじぎく文庫)

神戸新聞総合出版センター(2017年04月01日)
天空の詩人 李白

天空の詩人 李白

講談社(2017年01月20日)陳舜臣の作品は、文学の魔法に満ちている。 ――加藤徹(中国文化研究) 絶筆となった評論エッセイ「天空の詩人 李白」と、未発表の詩集「澄懐集」を通して“漢詩”の豊かさを再発見する一冊! 【絶筆】 「天空の詩人 李白」 かつて、これほど李白の心の内面に踏み込んだ李白論が、あったろうか。 「群像」2008年1月号から連載が始まり、第...
レジェンド歴史時代小説 琉球の風 下 (講談社文庫)

レジェンド歴史時代小説 琉球の風 下 (講談社文庫)

講談社(2016年03月15日)怒濤の勢いで侵攻してきた薩摩軍に琉球軍はわずかひと月で降伏。奄美諸島は薩摩に割譲され、尚寧王は日本本土へと連れ去られる。属国へと堕ちながらも、明に対しては独立国の体面を見せねばならない王国の苦悩。しかし琉球の誇りを胸に秘め、「南海王国」建設へ人々の胎動が始まる。大河歴史小説、完結編。
レジェンド歴史時代小説 琉球の風 上 (講談社文庫)

レジェンド歴史時代小説 琉球の風 上 (講談社文庫)

講談社(2016年03月15日)中国・明からの使節を迎え沸き立つ17世紀初頭の沖縄・琉球王国。だが、この国の平和は幕府を後ろ盾にした薩摩によって侵されつつあった。侵攻に膝を屈するか? 独立をかけて抵抗するか? そして宗主国・明は助けてくれるのか? 生き残りを賭けて琉球の闘いが始まる。
新装版 阿片戦争 (四) (講談社文庫)

新装版 阿片戦争 (四) (講談社文庫)

講談社(2015年10月15日)道光帝の命により、戦闘が再開されるが、腐敗した清国軍は各地で連戦連敗。怒れる民衆たちも「平英団」を組織して英国軍に立ち向かうものの、上陸した英兵により国土は阿鼻叫喚の地獄と化す。林則徐は敗戦に慟哭の想いを噛み締めるが、新時代への変化に希望も感じつつ新たな任地・新疆へと旅立つ。(全4巻)
新装版 阿片戦争 (三) (講談社文庫)

新装版 阿片戦争 (三) (講談社文庫)

講談社(2015年10月15日)広州の防備を固め英国海軍を迎え撃つ林則徐だったが、敵は守備の薄い定海まで北上、難なく占領する。北京では政敵の軍機大臣・穆彰阿が林の排除を道光帝に献策、これにより林は欽差大臣を罷免される。その後停戦が成立するが、香港割譲を含む諸要求を突きつけられ、皇帝は激怒、再び兵を起こす。(全4巻)
新装版 阿片戦争 (一) (講談社文庫)

新装版 阿片戦争 (一) (講談社文庫)

講談社(2015年09月15日)清朝末期。大英帝国の新興資本は、市場を求め中国進出を企てていた。彼らが流入させた阿片の暴利を貪る特権商人、官僚達の中に、国を憂う清廉潔白な実力官吏・林則徐と豪商・連維材がいた。明治維新を始めとした近代アジア史に強烈な衝撃を与えた事件を活写する陳文学の最高峰、新装版登場!(全4巻)
新装版 阿片戦争 (二) (講談社文庫)

新装版 阿片戦争 (二) (講談社文庫)

講談社(2015年09月15日)憂国の士・林則徐が推す阿片厳禁論は動揺する道光帝の心を掴み、彼は地方官吏から欽差大臣に抜擢される。広東に赴いた林は断固たる態度で阿片を取り締まるが、中国進出を諦めない大英帝国は執拗な挑発を繰り返す。そして全英人の広東追放と全ての阿片の没収が引き金となり、戦争が勃発する。(全4巻)
THE 密室 (ジョイ・ノベルス)

THE 密室 (ジョイ・ノベルス)

有楽出版社(2014年08月28日)時代を超えて美しい謎が残った密室ミステリーアンソロジー。7つの密室と7つの謎。
新装版 対談 中国を考える (文春文庫)

新装版 対談 中国を考える (文春文庫)

文藝春秋(2013年03月08日)古来、日本と中国は密接な関係を保ってきた。だが現実には、中国人は日本にとって極めて判りにくい民族なのではないか。ぶつからないためには理解すること、理解するためには知ること-両国の歴史に造詣の深い二大家が、この隣人をどのように捉えるべきか、長い歴史を踏まえて深く思索する中国論・日本論。
聊斎志異考 - 中国の妖怪談義 (中公文庫)

聊斎志異考 - 中国の妖怪談義 (中公文庫)

中央公論新社(2011年06月23日)艶冶な容姿とこの世の人間以上に優しい心根で、男をとりこにしてしまう冥界や異類の女たち-。男と女の、はかなく不思議な交情が織りなす中国的妖美の世界を、端正な筆致でよみがえらせる十二篇。