村山由佳の作品一覧

作品数 104 件
まつらひ

まつらひ

文藝春秋(2019年01月31日)『ダブル・ファンタジー』『ミルク・アンド・ハニー』……。次々に問題作に挑んできた恋愛と官能小説の第一人者が、多様な〝性〟を描きつくす!「夜明け前」――長野県御代田町の農園に嫁いだ舞桜子は、伝統の〈龍神まつり〉が近づくたび、夫と激しくもつれ合う艶夢を見る。龍伝説の裏に隠された忌まわしい秘密とは……。「約束の神」――ピアノ教師の友晴はか...
はつ恋

はつ恋

ポプラ社(2018年11月30日)海の近くの日本家屋に愛猫と暮らす、小説家のハナ。 二度の離婚を経て、人生の後半をひとりで生きようとしていた。 喪失も、手放すことも知ったから辿り着いた、古くて新しい恋人――。 「心の栄養」(74歳)「ドキドキする」(62歳) ハルメク連載中、幅広い世代から熱い支持! 人生における実りの秋、”最後の恋”を描く恋愛文学の至芸。 作家...
ワンダフル・ワールド (新潮文庫)

ワンダフル・ワールド (新潮文庫)

新潮社(2018年10月27日)アロマオイルを纏った肌をぶつけ合い、のぼり立つ匂い。調香師との情事は、私に長い愛人生活を終わらせる予感を抱かせた。あの光景を目にするまでは──(「アンビバレンス」)。年上の人妻経営者に持ちかけられた三か月間の恋人契約。俺に抱かれ、女の喜びを感じると話していた彼女は、なぜ突然いなくなったのだろう(「バタフライ」)。記憶と熱を一瞬で呼び...
猫がいなけりゃ息もできない (単行本)

猫がいなけりゃ息もできない (単行本)

ホーム社(2018年10月26日)愛猫〈もみじ〉の発病から看取りまでがリアルタイムで綴られ、Web連載中から感動・応援の大反響を得た猫エッセイの書籍化。著者のエッセイ集は10年ぶり。その間『ダブル・ファンタジー』など作家として大きな飛躍を遂げ、二度の離婚も経験、鴨川の田舎暮らし→東京→軽井沢へ移住。ファンが知りたい10年間の出来事も、猫との暮らしに重ねて描かれた貴重...
燃える波 (単行本)

燃える波 (単行本)

中央公論新社(2018年07月06日)インテリアスタイリストとして仕事をしながら、ラジオのパーソナリティーもつとめ、多忙な日々を送る帆奈美。大学同級生の夫と猫、3人での静かな暮らしは、幼馴染みのカメラマン・炯と恋に落ちたことで崩れ去る。他の男の存在に気づいた夫は、帆奈美の人格を否定する発言や行動を繰り返すようになり……。 婚外恋愛がひとりの女性にもたらした大きな変化を描...
ミルク・アンド・ハニー

ミルク・アンド・ハニー

文藝春秋(2018年05月30日)脚本家の高遠奈津は大林一也と再婚するが、他の男と関係を持ったことがばれ、離婚する。失意の奈津に従弟の武からメールが……。
風は西から

風は西から

幻冬舎(2018年03月29日)
女ともだち (文春文庫)

女ともだち (文春文庫)

文藝春秋(2018年03月09日)村山由佳、坂井希久子、千早茜、大崎梢、額賀澪、阿川佐和子、嶋津輝、森絵都――当代きっての人気女性作家8人が「女ともだち」をテーマに豪華競作!「彼女」は敵か味方か……微妙であやうい女性同士の関係を、小説の名手たちが描きだす逸品ぞろいの短編小説アンソロジー。コワくて切なくて愛しい物語の世界を、ぜひご堪能ください。
嘘 Love Lies

嘘 Love Lies

新潮社(2017年12月26日)どんな地獄だろうと構わない。でも、この秘密だけは、絶対に守り通す。刀根秀俊、美月、亮介、陽菜乃は仲のいい友達グループだった。中学2年の夏にあの事件が起こるまでは――恐怖、怒り、後悔、そして絶望。生涯拭えぬ過ちとトラウマを抱えたまま、各々の人生を歩んでいた4人。求め合う体と秘めたる想いが、さらなる苦悩を呼び、暴力の行き着く果てに究極の...
短編少女 (集英社文庫)

短編少女 (集英社文庫)

集英社(2017年04月20日)人気作家が「少女」をキーワードに紡いだ短編9本を収録したアンソロジー。少女の微妙な心情や確かな成長が感じられることはもちろん、各作家の個性も楽しむことができる贅沢な1冊。(解説/大森望)
吾輩も猫である (新潮文庫)

吾輩も猫である (新潮文庫)

新潮社(2016年11月28日)「ねね、ちょっと、私だって猫なんですけどぉ~。名前はまだ無いんですけどぉ~」夏目漱石没後100年&生誕150年記念出版! 明治も現代も、猫の目から見た人の世はいつだって不可思議なもので……。猫好きの人気作家8名が漱石の「猫」に挑む! 気まぐれな猫、聡明な猫、自由を何より愛する猫、そして、秘密を抱えた猫――。読めば愛らしい魅力があふれ...
ありふれた愛じゃない (文春文庫)

ありふれた愛じゃない (文春文庫)

文藝春秋(2016年09月02日)出張先のタヒチで再会した元彼は、誠実な今の彼とは正反対の官能的な男。抑えようとしても心は揺れる。魂が震える恋愛小説。
La Vie en Rose ラヴィアンローズ

La Vie en Rose ラヴィアンローズ

集英社(2016年07月26日)薔薇の咲き誇る家で優しい夫と暮らす咲季子。平穏な毎日が続くはずだった。あの日、年下の男と出会うまでは。めくるめく恋は世界を一変させ、夫からの酷いモラハラに気づいた咲季子は自由を求め踏み出すが……。
天使の柩 (集英社文庫)

天使の柩 (集英社文庫)

集英社(2016年06月23日)自分を愛せずにいる少女・茉莉と、心に癒えない傷を抱え続けてきた歩太。彼との出会いに、初めて心安らぐ居場所を手にした茉莉だったが……。ベストセラー「天使」シリーズ最終章!(解説/榎本正樹)
ワンダフル・ワールド

ワンダフル・ワールド

新潮社(2016年03月22日)世界はこんなにも美しく、かぐわしい――運命の出会いを彩る香りの物語。かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言葉では割り切れない関係、久しぶりの恋を捨てても守りたいもの――普通の恋愛とは呼べない。でも混じり気ない愛情と絶対的な安心感を与えてくれる存在を、特別な香りとともに描く全五篇。もうときめきだけでは満たされない大...
きみと出会えたから (PHP文芸文庫)

きみと出会えたから (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2015年11月09日)ピュアで、やんちゃで、ちょっぴりおばか。でも憎めない愛犬たち。そんな愛犬との幸せな日々を名文家たちが綴るエッセイ集。
天翔る (講談社文庫)

天翔る (講談社文庫)

講談社(2015年08月12日)札幌に住む看護婦の貴子は、学校に行けなくなった11歳の少女、まりもと知り合う。自分が通う牧場(ランチ)にまりもを誘うが、そこで待っていたのは、風変わりな牧場主と、エンデュランスという乗馬耐久競技だった。馬をいたわりながら、野山にめぐらされたルートをたどり、長距離を翔けぬける。競技に魅せられた者たちだけが見ることのできる世界とは? そ...
エロスの記憶 (文春文庫)

エロスの記憶 (文春文庫)

文藝春秋(2015年02月06日)性愛表現を究めた傑作アンソロジー疲れた主婦を癒す指圧院、美しい教師と生徒ばかりのアートスクール、挿入のないセックスを追求するカップル。九つの極上の官能短編。収録作品:「千年萬年」(小池真理子)、「作家志望」(桐野夏生)、「風酔ひ」(村山由佳)、「影のない街」(桜木紫乃)、「本朝金瓶梅」(林真理子)、「エレクションテスト」(野坂昭如)...
放蕩記 (集英社文庫)

放蕩記 (集英社文庫)

集英社(2014年11月20日)愛したいのに愛せない――38歳、小説家の夏帆は、母親への畏怖と反発から逃れられずに生きてきた。 大人になり母との関係を見つめ直すうち、衝撃の真実が……。共感と感動の自伝的小説。(解説/島本理生)