松久淳の作品一覧

作品数 19 件
猫の話をそのうちに

猫の話をそのうちに試し読み

小学館(2017年11月29日)燃え殻さん絶賛! 元カノ青春小説 永遠だと思った日常は、今の僕には眩しくてもう見えない。 どこか自分の作品と似た匂いを感じました――燃え殻さん お前はひどい奴だよ。でも、歌うしかないんだよ、彼女のことを。 売れないギターデュオ・ネクストマンデイのひとり、野崎周一郎は、相方がこの業界から去り、覚束ない日々を送っていた...
もういっかい彼女

もういっかい彼女試し読み

小学館(2016年05月25日)大人切ないタイムスリップ号泣ストーリー 私は、何度か過去に戻ったことがある--。雑誌のインタビューで出会った初老の官能小説家が話し始めた内容は、想像を絶するものだった。 これは、夢か、現実か、それとも彼の戯言なのか? 雑誌のライター・富谷啓太(通称・タニケー)は、自分が担当する「オールド・タレント」というインタビュー連載に、...
かみつき

かみつき

扶桑社(2014年03月18日)
男のミカタ2  酒の席で説教はやめてください (magazinehouse pocket)

男のミカタ2 酒の席で説教はやめてください (magazinehouse pocket)

マガジンハウス(2013年10月31日)anan伝説の連載、第2弾! 今世紀最大の密談集! スリリングに、ますます パワーアップして大暴走! しゃべり魔で俳優の大泉洋さんと説教魔で作家の松久淳さんという迷コンビは、 ますますパワーアップして大暴走。果たしてここまで話してしまっていいのか!? 男の仕事や女子の服装については、たまに真剣に、 飲み屋でのクセや目ヂカラ、天パ...
男のミカタ1  夢の中まで語りたい (magazinehouse pocket)

男のミカタ1 夢の中まで語りたい (magazinehouse pocket)

マガジンハウス(2013年09月24日)人気作家と多才な俳優による ゆるゆるトーク炸裂。 男心、等身大で見せてます アンアンで好評連載だった伝説の対談を新書化!  鋭い観察眼を持つ松久さんと、ビッグマウスな大泉さんが 女子禁制!! のつもりでぶっちゃけ話を大公開、男の本音をまるだしに。 さまざまなテーマについて、弱気ときどき強気な主義主張を繰り広げます。 男性なら共感...
ラブコメ (小学館文庫)

ラブコメ (小学館文庫)

小学館(2010年08月05日)二十五歳花屋の店長・松田真紀恵は、恋をする暇もなかった。朝五時に花市場に仕入れに行き、一日の労働を終える頃にはすでに夜の九時。店の片付け→夕食→お風呂が済むと、もう起床時間までわずかに五時間しかない。遊びに行くことはもちろん、流行りのドラマを見ることもできず、友達と長電話することはおろか、ペディキュアはいうに及ばずマニキュアを塗る時...
どうでもいい歌

どうでもいい歌

小学館(2010年05月27日)いつか、父になる君へ。5人の男が集い、ある奇跡が起こった。
マリコはたいへん! (小学館文庫)

マリコはたいへん! (小学館文庫)

小学館(2008年09月05日)20代~30代、さまざまな職業、恋のシチュエーションに置かれた女性たち27人(すべてマリコさん、と名付けられています)の「おんなの生きる道」を「あるある」と女性たちの共感を呼ぶエピソード満載のかたちで描いたショートストーリーブック。「さわやかで、どこかなつかしく、手軽にぱっと読めるラムネキャンディーのような本」と大泉洋さんも推薦の1...
彼女が望むものを与えよ

彼女が望むものを与えよ

光文社(2007年03月20日)
マリコはたいへん!

マリコはたいへん!

小学館(2006年05月25日)仕事と恋愛って永遠のテーマだと思ってたんですけど、そう思ってるうちは、いつまでも答えはでないと思うんですよね。恋愛、仕事、結婚、別れ。さまざまな現場で日夜闘いを繰り広げる、すっとこどっこいで、チャーミングなマリコさんたちの27ストーリーズ。
ヤング晩年

ヤング晩年

小学館(2003年07月01日)
愛があるから大丈夫

愛があるから大丈夫

主婦の友社(2003年06月01日)