山本有三の作品一覧

作品数 12 件
花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

岩波書店(2011年07月16日)19世紀ウィーンを体現する愛欲と情緒の作家シュニッツラー(1862‐1931)。彼は、愛し、悩み、裏切られ、死んでいく人間たちを倦むことなく描き続け、メランコリックな情調を漂わせて人生の儚さを強く印象づけた。表題作の他に、全9篇を収録。
(044)汝 (百年文庫)

(044)汝 (百年文庫)

ポプラ社(2010年10月13日)ドアが聞いて現れたのは「わたくし」にそっくりな娘だった…。亡き双子の姉と不可思議な交流を描いた吉屋信子の『もう一人の私』。裕福な家庭に育った彼は父の口利きで一流会社に就職が決まりかけたが…。青年の潔癖さと世間との埋まらない距離(山本有三『チョコレート』)。「詩人」はぶらりとやってきては「私」の煙草を吸い、借金を申し込み、酒を飲んで帰...
心に太陽を持て

心に太陽を持て

ポプラ社(2001年07月01日)
米百俵 (新潮文庫)

米百俵 (新潮文庫)

新潮社(2001年06月01日)