村松友視の作品一覧

作品数 144 件
猪木流: 「過激なプロレス」の生命力

猪木流: 「過激なプロレス」の生命力

河出書房新社(2018年10月23日)過激なプロレスを一身で担ったアントニオ猪木と、猪木を論じて作家になった村松友視が、いまだに生命力を放つ名勝負を語り尽くす!
老人のライセンス

老人のライセンス

河出書房新社(2018年07月24日)類まれなる観察眼で、味わい深い老人を見つめ続けてきた著者が、老成を極めた達人たちを描き、満開の人間力にせまる!極上のエッセイ
アリと猪木のものがたり

アリと猪木のものがたり

河出書房新社(2017年11月20日)モハメド・アリ×アントニオ猪木戦に隠された驚くべき真実。それぞれが辿った波瀾万丈の人生、その人間力を描く渾身の書き下ろし!
金沢の不思議 (中公文庫)

金沢の不思議 (中公文庫)

中央公論新社(2016年10月21日)歴史と文化、伝統と変容の溶け合う町、金沢。加賀藩主・前田家の外様ゆえの特異な文化のありよう、大樋焼・和傘などの伝統文化、そして町を彩る三茶屋街…。金沢に惚れ込み、「旅人」として三十年以上も通い続ける著者が、ガイドブックでは決して知り得ない奥深い魅力を綴る。書家・紫舟との対談を巻末に付す。
渡辺淳一恋愛小説セレクション 6 桜の樹の下で

渡辺淳一恋愛小説セレクション 6 桜の樹の下で

集英社(2016年09月05日)京都の老舗料亭の女将・菊乃と娘の涼子。東京の支店を任された涼子はいつしか菊乃の恋人を愛するようになってしまう。絢爛たる京の桜を背景に、母と娘の切ない葛藤と悲劇を描く。解説は村松友視。
大人の極意

大人の極意

河出書房新社(2016年07月13日)若造りにいそしむ高齢者が氾濫する現代に、人間の醍醐味にあふれた「大人」の魅力を贅沢に描き出す。年齢を重ねることはかっこいい!
北の富士流

北の富士流

文藝春秋(2016年07月08日)人間力満開の痛快な人生!横綱まで上りつめて引退した後、親方として千代の富士、北勝海の二人の横綱を育てあげる快挙をなし、さらに相撲協会をはなれてNHKの解説者となってからは、自由奔放にして情のある辛口の解説で、70歳半ばにいたる今も人気の真っ只中に君臨し続ける北の富士。その比類なき人生のこなし方に、作家の村松友視さんが迫ります。女優の...
極上の流転 - 堀文子への旅 (中公文庫)

極上の流転 - 堀文子への旅 (中公文庫)

中央公論新社(2015年10月23日)九十七歳を超えてなお新作を発表し続ける日本画家・堀文子。画壇におさまらない自在な画風、「群れない、慣れない、頼らない」をモットーとする生き方をたどり、繊細さと大胆さ、緻密さと雄大さという二律背反をはらむ躍動的魅力の根源に迫る、渾身の評伝。巻末に堀文子との対談を付す。
老人の極意

老人の極意

河出書房新社(2015年10月10日)「アホや、みんなアホや…」。老人が放つ言葉、仕種に宿る強烈なユーモアから生きる流儀が見えてくる!老いの凄ワザ、書下し30話!
野良猫ケンさん (河出文庫)

野良猫ケンさん (河出文庫)

河出書房新社(2015年05月11日)愛猫アブサンの死から15年。作家の庭には、外猫たちが訪れるようになった。猫たちとの交流を通し、生と老いを見据える感動作!
銀座の喫茶店ものがたり (文春文庫)

銀座の喫茶店ものがたり (文春文庫)

文藝春秋(2015年03月10日)魅力と個性にあふれた喫茶空間日本には独特の喫茶店文化がある。有名店から穴場まで、45の名店を巡ると、銀座というふところの深い街のものがたりが見えてくる。
金沢の不思議

金沢の不思議

中央公論新社(2015年02月09日)加賀百万石の城下町を支えてきた人びとの知、歴史と文化、伝統と変容とが溶け合う街を、不思議ののぞき穴から眺めてみると…ガイドブックでは決して知り得ない金沢の奥深さと醍醐味を探す旅への誘い。「旅人」として、30年以上通い続けた金沢の汲めども尽きぬ魅力を綴る。
私、丼ものの味方です (河出文庫)

私、丼ものの味方です (河出文庫)

河出書房新社(2014年11月06日)天丼、牛丼、親子丼…。庶民の味方「丼もの」的世界!行儀や窮屈とは程遠い自由な食の、極上の味わい。とっておきの食べ物エッセイ!
猫踏んぢゃった俳句 (単行本)

猫踏んぢゃった俳句 (単行本)

KADOKAWA/角川学芸出版(2014年07月24日)
帝国ホテルの不思議 (文春文庫)

帝国ホテルの不思議 (文春文庫)

文藝春秋(2013年12月04日)東京五輪で再注目! 日本が誇るホテルの職人たち日本のホテルの中で特別な位置にある帝国ホテル。30人の現場の人への、職人性や人生観まで踏み込んだ取材でその不思議を炙り出す。
きものの不思議

きものの不思議

淡交社(2013年11月01日)きものと帯の組み合わせが創る限りない心遊びの世界…名作と銘品80点掲載。村松友視のミステリアスな書き下ろし13篇を収載。きもの用語解説・作家紹介。きもの好き必見!