小林聡美の作品一覧

作品数 22 件
ていだん (単行本)

ていだん (単行本)

中央公論新社(2017年10月05日)【鼎談】(ていだん)とは、三人が向かい合って話をすることである――。 本書は雑誌『婦人公論』で1年半にわたり掲載された女優・小林聡美による大人気連載「いいじゃないの三人ならば」を1冊にまとめたもの。さまざまなゲスト二人と小林聡美が語り合う、読むと気持ちがちょっと豊かになる鼎談集。 小林聡美だからこそ聞き出せた、誰もが知るあの人たち...
読まされ図書室 (宝島社文庫)

読まされ図書室 (宝島社文庫)

宝島社(2016年07月06日)ときに奮闘、ときに思案。14人の推薦本をめぐる小林聡美の読書日記。
散歩 (幻冬舎文庫)

散歩 (幻冬舎文庫)

幻冬舎(2015年02月10日)ひとり散歩が大好きな俳優が、井上陽水さん、もたいまさこさん、柳家小三治さんなど、気がおけないひとたちと、気ままに散歩。仕事、人生、大切なこと…。時に笑い、時に深く語り合った、うたかたの記録。
読まされ図書室

読まされ図書室

宝島社(2014年12月06日)他愛、偏愛、挑戦に満ちた本-。読まされ続けた小林聡美による汗と涙の記録。
アロハ魂 (幻冬舎文庫)

アロハ魂 (幻冬舎文庫)

幻冬舎(2013年02月07日)マラサダ、フリフリチキン、カバ汁…ロコフードの洗礼。大豪邸の裏庭での幸せなフラ修業。火山でパワーチャージ。同い年のパワフルなガイド・クミコさん。剛毛マイケルのロミロミマッサージ。十二年ぶりに訪れたハワイ島で出会った、いろいろな"アロハ魂"。さりげない発見と驚き、そして温かな笑いに満ちた、ハワイ島をめぐる旅エッセイ。
散歩

散歩

幻冬舎(2013年01月11日)気持ちの良いひとたちとの、うたかたのとき。
マダムだもの

マダムだもの

幻冬舎(2002年02月01日)せっかちで働き者、そして特技は忍耐?愛するオットと2匹の猫に大きな犬も加わって、女優でマダムのお気楽人生は続く-。からっと笑える名エッセイ。
マダム小林の優雅な生活 (幻冬舎文庫)

マダム小林の優雅な生活 (幻冬舎文庫)

幻冬舎(2001年06月01日)結婚生活も三年目に突入したマダム小林。家事全般をひきうけながらも、一歩外に出れば女優という職業婦人である。そんなマダム小林、ある時はロケ先であわや突然死事件を起こし、ある時はストーカー銀行員と対決し、またある時は、愛するオットとカナダで激流に呑み込まれる…。慎ましやかだけど、なぜだか笑える事件続出の「マダム人生」。
凛々乙女 (幻冬舎文庫)

凛々乙女 (幻冬舎文庫)

幻冬舎(1998年06月01日)
案じるより団子汁

案じるより団子汁

幻冬舎(1996年08月01日)