藤井邦夫の作品一覧

作品数 166 件
忍び崩れ 江戸の御庭番3 (角川文庫)

忍び崩れ 江戸の御庭番3 (角川文庫)

KADOKAWA(2018年11月22日)御庭番の倉沢家に婿入りした凄腕の忍び・喬四郎は、旗本の小普請組支配組頭が相次いで急死した事態をうけ、吉宗より探索を命じられた。調べをすすめると、金で仕事を請け負う"はぐれ忍び"の集団の影が……
狐の嫁入り-新・知らぬが半兵衛手控帖(6) (双葉文庫)

狐の嫁入り-新・知らぬが半兵衛手控帖(6) (双葉文庫)

双葉社(2018年10月10日)一年前に行方不明になった薬種問屋の若旦那がひょっこり戻ってきた。しかも助けてくれたのが縁で夫婦になったという嫁・おゆりを連れて。そのおゆりだが、とある旗本屋敷を窺うなど不審な動きを見せる。臨時廻り同心・白縫半兵衛が追った先には、一人の武士の無念が横たわっていた――。「世の中には知らん顔をしたほうが良いこともある」。粋な人情裁きが大好...
源氏天一坊 江戸の御庭番 2 (角川文庫)

源氏天一坊 江戸の御庭番 2 (角川文庫)

KADOKAWA(2018年07月24日)将軍直属の隠密・御庭番の倉沢家に婿入りした喬四郎。徳川吉宗から新たな指令を受けるが、それは思いもよらぬ人物の画策に繋がっていた……。手に汗握る展開、爽快な活劇と成敗! これぞ時代劇!
片えくぼ-新・知らぬが半兵衛手控帖(5) (双葉文庫)

片えくぼ-新・知らぬが半兵衛手控帖(5) (双葉文庫)

双葉社(2018年06月13日)下っ引の音次郎は湯島天神の境内で幼馴染みのおしんを見かける。以前おしんを心ならずも怪我させてしまい、謝らずじまいだった音次郎は見失ったおしんを捜す。すると不審な動きを見せたおしんの身には、深刻な厄介事が起こっていた。北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛と岡っ引の半次とともに、音次郎はおしんを助けようと奔走する。「世の中には知らぬ顔をし...
恋女房 新・秋山久蔵御用控(一) (文春文庫 ふ 30-36 新・秋山久蔵御用控 1)

恋女房 新・秋山久蔵御用控(一) (文春文庫 ふ 30-36 新・秋山久蔵御用控 1)

文藝春秋(2018年04月10日)〝剃刀〟の異名を持つ南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵。長男・大助を従えて許せぬ悪に立ち向かう。大人気シリーズ、待望の第二幕スタート!南町奉行所吟味方与力の〝剃刀〟こと秋山久蔵。前作から約10年。久蔵の嫡男・大助は元服前、岡っ引の弥平次は隠居して幸吉が跡を継ぐなど、それぞれ年を重ねていた。ある日、定町廻り同心の神崎和馬が下手人の似顔絵を...
江戸の御庭番 (角川文庫)

江戸の御庭番 (角川文庫)

KADOKAWA(2017年12月21日)【待望の新シリーズ、堂々開幕!】 昼は婿殿、夜は凄腕隠密。 「秋山久蔵御用控」「新・知らぬが半兵衛手控帖」の著者入魂、これぞ忍者時代活劇! 江戸の隠密仕事専任の御庭番・倉沢家に婿入りした喬四郎。 着任早々、八代将軍徳川吉宗から、神田に現れた盗賊・牛頭馬頭の始末を命じられる。 嫁の佐奈と仮祝言を上げたのも束の間、喬四郎は探索に...
秋山久蔵御用控 野良犬 (文春文庫)

秋山久蔵御用控 野良犬 (文春文庫)

文藝春秋(2017年08月04日)シリーズ第30弾、堂々の完結!久蔵や数馬が、袴姿の若い侍に尾行された。その男の探索を進めると、5年前に久蔵に斬り棄てられた浪人の弟らしい。それを恨みに思っているのか。またなぜ5年前ではなく、今姿を現したのか。誰にでもかみつく〝野良犬〟のようなその男を前に、身重の香織がいる秋山屋敷は警戒を強めるが……。そして〝剃刀〟久蔵は新たなるステ...
秋山久蔵御用控 花見酒 (文春文庫)

秋山久蔵御用控 花見酒 (文春文庫)

文藝春秋(2017年04月07日)言い交した娘を襲おうとした浪人を殺した丈吉は、久蔵の情状酌量もあって遠島ですみ、さらに赦免で江戸に戻ってきた。丈吉はその娘・おふみの行方を探すが、おふみは今は長屋の隣人の浪人で、一人で娘を育てる夏目佐内と互いを思いあっていた。そんな折、丈吉に弟を殺された博奕打ちの清蔵が、丈吉に賞金を懸けたという。それを知った左内は意外な行動をとる。...