山本やよいの作品一覧

作品数 132 件
村で噂のミス・シートン (コージー ブックス)

村で噂のミス・シートン (コージー ブックス)

原書房(2019年02月07日)ロンドンで美術教師をしているミス・シートンは名付け親が遺してくれた田舎のコテージへ行くのを楽しみにしていた、。しかしその前の晩、暴漢が女性を襲うのを見かけ、持っていた傘で撃退、犯人の似顔絵も描いて警察の捜査に協力した。この事件に新聞記者は新たなヒロイン誕生と大喜び!「闘うこうもり傘」と名づけて大々的に記事にした。おかげでミス・シート...
あなたの疵が癒えるまで (ライムブックス)

あなたの疵が癒えるまで (ライムブックス)

原書房(2019年01月09日)アグネスは田舎のコテージで姉と二人、ひっそりと暮らしている。そんな日常が、親友の結婚祝いの席で、息をのむほど美しいポンソンビー子爵フラヴィアンからダンスを申し込まれてから一変した。  フラヴィアンは英仏戦争に出征した際に負った怪我の後遺症で、記憶と発話に障害がある。会った人のこともよく忘れてしまうのだが、アグネスのことはなぜか印象深...
雨上がりに二人の舞踏会を (ライムブックス)

雨上がりに二人の舞踏会を (ライムブックス)

原書房(2018年08月08日)サマンサは家族の事情で長い間家から出ることなく生活をしていた。一大決心をして戸外に出たところで、馬にぶつかられそうになる。馬上の男性は心にも傷を抱えたナポレオン戦争の帰還兵ベネディクト。最悪な出会いをした二人だったが、少しずつ距離が縮まってゆく。そして二人でウェールズへと旅に出ることになるのだが、それは別れを前提とした約束の下の出発...
死線のサハラ 下 (ハーパーBOOKS)

死線のサハラ 下 (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月14日)
死線のサハラ 上 (ハーパーBOOKS)

死線のサハラ 上 (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月14日)
終わらないワルツを子爵と (ライムブックス)

終わらないワルツを子爵と (ライムブックス)

原書房(2018年02月09日)傷ついた心の癒しと再生を描く《サバイバーズ・クラブ》第2巻!戦地で負傷して盲目になったダーリー子爵ヴィンセントを、家族は過保護なまでに気遣うが、同時に早く結婚させようと躍起になっていた。跡継ぎができなければ、爵位も財産もいずれ失うことになるからだ。生き方を指図されることに嫌気がさしたヴィンセントは家出を決意し、従者を一人だけ連れて、...
フォールアウト (ハヤカワ・ミステリ文庫)

フォールアウト (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2017年12月19日)老女優と共に姿を消した青年を追い、ヴィクはカンザス州へ向かう。かつてミサイル基地建設騒動のあったその街に渦巻く陰謀とは?
浜辺に舞い降りた貴婦人と (ライムブックス)

浜辺に舞い降りた貴婦人と (ライムブックス)

原書房(2017年10月10日)傷ついた魂の癒しと再生を描く、メアリ・バログの新シリーズ〈サバイバーズ・クラブ〉始動!  初春のある日、トレンサム卿ヒューゴ・イームズはコーンウォールの海岸近くにあるスタンブルック公爵の屋敷で、年に一度の〈サバイバーズ・クラブ〉の集いの時間を楽しんでいた。〈サバイバーズ・クラブ〉はかつてナポレオン戦争をともに戦った元士官たちの集まり...
カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫)

カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2016年12月20日)元恋人から依頼を引き受けた探偵ヴィクは、二十五年前に起きた殺人の真相を追う。事件の裏に潜む巨大な闇とは!? 待望の最新刊!
宵闇に想いを秘めて (ライムブックス)

宵闇に想いを秘めて (ライムブックス)

原書房(2016年09月08日)名門伯爵家ハクスタブル家の長男でありながら、正式な跡継ぎにはなれないコンスタンティン。ギリシャ神話の彫刻のように精悍なハンサムで、黒髪、黒い瞳、浅黒い肌を持つ彼は、謎めいた雰囲気のせいか、社交界の人々からひそかに〝悪魔〟と呼ばれている。 社交界の今年一番の話題は、喪に服していたハンナ・リードが戻ってくることだった。 さまざまな悲しみ...
英国のスパイ (ハーパーBOOKS)

英国のスパイ (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年07月21日)カリブ海上で英国の元皇太子妃の乗った豪華ヨットが爆発炎上した。世界中に悲報が駆け巡るなか、実行犯としてある爆破テロリストの名が浮上する。英国当局から秘密裏に事件解決を要請されたガブリエルは、姿を変えて犯行を重ねる神出鬼没の爆殺魔の足取りを追い、男の過去を知る元SASの殺し屋ケラーとヨーロッパ各地へ飛ぶ。だが敵は次なる標的に狙いを定め...
愛を告げる天使と (ライムブックス)

愛を告げる天使と (ライムブックス)

原書房(2016年03月10日)男爵未亡人カッサンドラは、元家庭教師たちを引き連れて困窮極まっていた。 家族同然の彼女らを守るためには金持ちの貴族の愛人になるしかない。 意を決して招待状もなしに訪れた舞踏会で、ハクスタブル家長男の伯爵スティーヴンと出逢う。 彼は理想の結婚相手として評判が高く、カッサンドラは彼に近づくことにするが……。
獣狩り (ハーパーBOOKS)

獣狩り (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年11月20日)13歳の少女を誕生日直前に誘拐し殺害する連続殺人犯、バースデー・ボーイ。惨たらしく拷問した姿を撮影し、誕生日カードにして毎年両親に送るその手口は、英国中を震撼させている。最初の事件から9年、担当刑事のアッシュはある事実を握っていた。それは、犠牲者がもう一人いること。5年前に家出したとされる彼の娘もまた犯人の手に落ちたのを、彼は隠して...
街への鍵 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

街への鍵 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

早川書房(2015年08月07日)善意から骨髄移植のドナーになった女性。路上生活者を狙った殺人鬼──交わるはずのない道がいまひらき、悪夢が始まる。〝不穏な筆致の女王〟である著者が巧みに描き出す、高濃度のサスペンス。
亡者のゲーム (ハーパーBOOKS)

亡者のゲーム (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年07月18日)イタリアのコモ湖で英国人実業家が惨殺された。被害者は美術品密売の噂がささやかれる元スパイ。死の直前、幻の名画を手に入れていたらしい。国家治安警察の将軍から極秘裏に捜査協力を頼まれたガブリエルは、ヨーロッパを股にかけた謀略のゲームの裏に莫大なオイルマネーの存在を嗅ぎ取るが――世界一流の美術修復師にしてイスラエル最強のエージェント、〈ガ...
幾度もの季節を重ね (MIRA文庫)

幾度もの季節を重ね (MIRA文庫)

ハーレクイン(2015年05月13日)グレースは6年前に別れた元夫レイと、今では友達付き合いをしている。だがそれは表向き。この6年グレースが恋と無縁だったのは、いまだに彼を忘れられないからだ。かたや元麻薬捜査官で女性遍歴の絶えないレイは、別れた後も2度の再婚と離婚をくり返し、グレースのこともさして気にかける風でもない。ただ別れた当時の話だけは、お互い露骨に避けていた。そ...