サラモーガンの作品一覧

作品数 110 件
捨てられたガラスの靴 (ハーレクイン・イマージュ)

捨てられたガラスの靴 (ハーレクイン・イマージュ)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年03月08日)砕け散ったガラスの靴を 今ふたたび、拾い集め……。 ターシャはやむにやまれぬ事情で勤め先の病院を辞め、 医師の兄を頼って故郷に帰ってきた。 目下、兄から与えられた仕事は、退院する骨折患者の看護だ。 その患者とはなんと、途方もなくセクシーで傍若無人な兄の友人、 さる公国の皇太子アレッサンドロだった。 17歳のころ、ターシャが憧れ、悲...
華麗なる誘惑 (ハーレクイン文庫)

華麗なる誘惑 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年02月22日)リビーは、男女の愛に嫌悪感を抱いていた。 両親が諍いばかりで、父親は酔うと暴力を振るううえに、 愛人を次から次へと作るような男だったから……。 それなのに騙されて、妻のいる人に惹かれてしまったことが、 いまでも口惜しい。だから二度と人を愛さないと決めたのだ―― ハンサムなギリシア人富豪アンドリアスと出逢うまでは。 どんなに拒絶しても...
愛という名の鎖 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

愛という名の鎖 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月25日)さる公国の大公に給仕することになったウエイトレスのホリー。 でも、彼女はうわの空だった。結婚まではと貞操を守ってきたのに、 それが原因で婚約者から別れを告げられ、絶望のどん底にいたのだ。 懸命に仕事をこなすものの、思わず涙がこぼれてくる。 するとなんと、世界中の女性を魅了するカスペル大公が人払いをし、 ホリーを慰めただけでなく、甘い...
恋する真夏のシンデレラ (サマー・シズラー・ベリーベスト)

恋する真夏のシンデレラ (サマー・シズラー・ベリーベスト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月27日)ローリー・フォスター、キャロル・モーティマーら、ハーレクインのスター作家たちが描く、真夏の恋の物語。電子書籍で大人気のエロティカ1作を含む、計5作の短篇をどうぞお楽しみください!
シチリアの花嫁 (ハーレクイン文庫)

シチリアの花嫁 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年06月29日)前世代的な父親に厳しく躾けられた、修道院育ちのチェシー。 億万長者ロッコに求婚され、夢見心地だったが、 すぐに自分が内気で、言いなりになるから選ばれただけと気づく。 端整な美貌と巧みな話術で、ロッコは常に人の輪の中心にいた。 煌びやかな女性たちに囲まれる、自分とは不釣り合いな華麗な夫。 心と、愛が悲鳴をあげて……チェシーは行方をくら...
裏切りのゆくえ (ハーレクイン文庫)

裏切りのゆくえ (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年04月27日)傷心のままミリーが夫レアンドロのもとを去ってから、1年。 夫の子を身ごもっていると姉に告げられたのも記憶に新しい。 だが、その姉も今は亡く、ミリーは遺された赤ん坊のことで、 久しぶりに自宅に戻り、銀行家の夫の帰りを待ちわびている。 姉が欲しかったのなら、姉と結婚すればよかったのに、 なぜ私と結婚したの……胸に渦巻く哀しみを消せないま...
仮面の花嫁 (お手ごろ文庫)

仮面の花嫁 (お手ごろ文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年04月13日)セバスチャン・フィオルキスと結婚しろですって? アリージアは冷酷な祖父の言葉に耳を疑った。 私の愛する父を死に追いやったギリシア人実業家! その名を耳にすることさえつらいのに。 祖父はショックを受けているアリージアを無視して、 ある計画についてとうとうと語りだした。 政敵への復讐の駒として働きさえすれば、 報酬はたんまり支払ってやろ...
愛を恐れる誘惑者 (ハーレクイン文庫)

愛を恐れる誘惑者 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月23日)キンバリーは脅迫状を受け取り、背筋を凍らせた。 すぐさま500万ドル用意しなければ、息子を誘拐するというのだ。 彼女はやむなく、二度と顔も見たくなかった実業家ルスを訪ねた。 ほかの女の影に怯える日々に疲れ、 捨てられるようにして別れて以来、彼とは一度も会っていない。 しかもルスは知らないが、彼は息子の父親でもあるのだ。 ルスははなか...
黄昏どきの眠り姫 (MIRA文庫)

黄昏どきの眠り姫 (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年01月11日)その指先が、はじめての愛を教えてくれた―― RITA賞受賞作家がつむぐ、現代のおとぎ話の結末は……? マット・ウォーカーの我慢は限界に達しようとしていた。この20年、彼は幼な じみであるフランキーを妹のように見守ってきたが、内心は兄らしからぬ感情 で爆発寸前。というのも、恋愛恐怖症のフランキーは女性として見られること を極端に恐れ...
罠にかかったシンデレラ (ハーレクイン文庫)

罠にかかったシンデレラ (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月24日)清掃係のイーヴィーは、クリスマスだというのに働いていた。 一流ホテルの最上階にあるスイートルームを整えていると、 上司が今夜は空き部屋の、その部屋に泊まっていっていいと言う。 彼女は豪華な調度を汚さぬよう服を脱ぎ、眠りについた。 明け方、なぜか甘い唇の感触で目が覚め――その刹那、 フラッシュが光り、パパラッチが逃げ出したのだ。 ふと...
結婚という名の悲劇 (ハーレクイン・セレクト)

結婚という名の悲劇 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年09月29日)フィアのもとを、イタリア富豪のサントが3年ぶりに訪ねてきた。 フィアとサントの家には3代前からの確執があるが、 3年前、二人は一度だけ夜をともに過ごしたことがある。 その後サントはまったく連絡をくれなかったけれど、 フィアは妊娠に気づき、一人で息子を育ててきたのだった。 何も知らないサントは、彼の一族の事業拡大のため、 フィアが息子...
シチリアでもう一度 (ハーレクイン文庫)

シチリアでもう一度 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年07月28日)空港で、ローレルは癒えない心の傷を抱えたまま立ち尽くした。 滑走路に乗りつけた車から降りてくる、長身の男性に目をこらす。 クリスチアーノ。見るだけで胸が締めつけられる夫の姿がある。 子どもを流産したとき、夫は連絡さえくれなかった。 大会社を背負っているとはいえ、初めての子どもだったのに―― 冷たいクリスチアーノに耐えきれず、ローレル...
星降る街のシンデレラ (MIRA文庫)

星降る街のシンデレラ (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年07月14日)今夜だけは、きらめく魔法よ解けないで―― UKベストセラー作家がマンハッタンを舞台に描く、運命の恋! 憧れの街ニューヨークで働くペイジは、順調なキャリアから一転、突然クビを 言いわたされた。落ち込み、途方に暮れる彼女の前に現れたのは、もっとも弱 味を見せたくない相手――兄の親友で、かつてペイジの幼い恋心を踏みにじっ たジェイク・ロ...
ギリシアの無垢な花 (ハーレクイン・セレクト)

ギリシアの無垢な花 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年06月02日)ギリシアの孤島で古い城に閉じ込められ、 父の暴力に耐えながらも、自立する日を夢見ていたセレーネ。 17歳のとき、あるパーティで彼女は生まれて初めての恋をした。 父のビジネスの仇敵、億万長者ステファン・ジアカスに。 セレーネの語る夢に真剣に耳を傾け、彼はこう言ってくれた。 「5年後に会おう、セレーネ」 彼女はその言葉だけを心の支えに、...
エーゲ海の花嫁たち (ウエディングロマンスVB)

エーゲ海の花嫁たち (ウエディングロマンスVB)

ハーパーコリンズジャパン(2017年03月10日)①拒絶された花婿ヘレン・ビアンチン/山田理香 訳父が急死し、遺言によりアリーシャは父の親友の息子で悪名高きプレイボーイの海運王、ルーカスと結婚した。引き締まった体に、黒髪と黒い瞳を持つたまらなくセクシーな夫――形だけの結婚とはいえ、夫婦の義務を果たさなければならないの? 簡素な結婚式を挙げたあと、初夜のベッドで震えるアリーシャに、彼...
別れは愛の証 (ハーレクイン文庫)

別れは愛の証 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年02月01日)エイミーは夫マルコに会うため、町に帰ってきていた。それは、新婚半年で彼女が家を出て以来、2年ぶりの再会であり、離婚を切り出し、夫に同意してもらうための再会でもあった。滞在は短ければ短いほどいい――鋭いマルコのことだから、長くいたら、きっと嘘がばれてしまう。本当は愛していると。だから、彼の同意を得たら、すぐに立ち去るつもりでいた。とこ...
ダークスーツを着た悪魔 (ハーレクイン・セレクト)

ダークスーツを着た悪魔 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年01月13日)巨大企業総帥で億万長者のデイモン・デュカキスに買収された?ポリーは信じられなかった。父の経営するこの小さな広告代理店を彼が手に入れた理由があるとすれば、一つだけ。行方不明になっている私の父をおびきだすためだろう。じつはデイモンの妹とポリーの父は駆け落ちしていた。昔から娘のことには無関心で、結婚と離婚を繰り返してきた父が、反省して戻っ...
十八歳の臆病な花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)

十八歳の臆病な花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)

ハーパーコリンズジャパン(2016年12月10日)ジュリエットは仕事先で思いがけない人と再会し、息をのんだ――10年前の魅力もそのままに目の前に現れた敏腕医師のフィンは、彼女がよく知りながら、ずっと避けてきた男性だった。18歳のころ、ジュリエットは兄の親友であるフィンの子を身ごもり、彼は責任をとるために彼女との結婚を決めた。ところが、不幸にも結婚式の2週間前に流産してしまうと、彼が...