北原尚彦の作品一覧

作品数 53 件
シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)

シャーロック・ホームズの蒐集 (創元推理文庫)

東京創元社(2018年03月22日)1927年、アーサー・コナン・ドイルによる最後のシャーロック・ホームズ活躍譚「ショスコム・オールド・プレース」が《ストランド・マガジン》に掲載されて以降も、この不滅の人気を誇る名探偵の贋作は、数多くの作家によって描かれてきた。本書はそれらに連なる最新の傑作である。大英帝国を縦横無尽に駆け巡るホームズと相棒ワトスン博士の〈語られざる事...
シャーロック・ホームズの栄冠 (創元推理文庫)

シャーロック・ホームズの栄冠 (創元推理文庫)

東京創元社(2017年11月30日)シャーロック・ホームズ――作家アーサー・コナン・ドイルが生み出した紙上の登場人物にして、世界中の人々を惹きつけてやまない名探偵の代名詞である。彼の活躍はドイル自身の手も離れて、初登場から130年も経った今なお、数多くの新たな冒険譚が語り続けられている。著名な推理作家による本邦初訳の一品から異色作家による珍品まで、星の数ほどある“知ら...
SF奇書天外

SF奇書天外

東京創元社(2017年11月01日)
SF奇書コレクション

SF奇書コレクション

東京創元社(2017年11月01日)
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)

アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)

河出書房新社(2016年06月07日)「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をテーマに現代ミステリーの名手6人が紡いだ事件の数々……アリス愛に溢れた傑作短篇集。
ホームズ連盟の冒険

ホームズ連盟の冒険

祥伝社(2016年02月09日)シャーロックも脱帽! 宿敵モリアーティ教授が、相棒ワトスンの夫人が、 あの脇役たちが魅せる名探偵顔負けの名推理!? 最大のライバルモリアーティ教授、相棒の愛妻メアリ・ワトスン夫人、 永遠の少年助手給仕ビリー、名探偵の兄マイクロフト・ホームズ、 宿敵の右腕名射撃手モラン大佐、引き合わせた男医学助手スタンフォード…。 元祖名探偵も吃驚...
ねじまき男と機械の心〈下〉 (大英帝国蒸気奇譚2) (創元海外SF叢書)

ねじまき男と機械の心〈下〉 (大英帝国蒸気奇譚2) (創元海外SF叢書)

東京創元社(2015年07月29日)死んだはずの貴族を自称する奇怪な男は、常軌を逸した力で下層大衆の不満を煽り、死霊をも操って帝都を大混乱に陥れる。この科学の時代に、なぜオカルトが猛威を振るうのか? 〈ナーガの目〉を狙う男の背後にいる何者かは、歪んだ歴史にさらなる介入を企んでいるのか? 機械人間を従え、生ける屍たちが支配する帝都中枢に乗りこんだ天才探検家&新鋭詩人は、...
ねじまき男と機械の心〈上〉 (大英帝国蒸気奇譚2) (創元海外SF叢書)

ねじまき男と機械の心〈上〉 (大英帝国蒸気奇譚2) (創元海外SF叢書)

東京創元社(2015年07月29日)蒸気馬車や羽ばたき飛行機だけでなく、蒸気機関と遺伝子改変生物のハイブリッド多脚機械まで現れ、ますます本来の歴史から逸脱してゆく1862年の大英帝国。深夜のロンドンに現れた機械人間、その陰で盗まれた〈ナーガの目〉――天から降ってきた伝承を持つこの宝石は、天才科学者バベッジが求める特別な力を秘めていた。その力は、かの怪人「バネ足ジャック...
シャーロック・ホームズの蒐集

シャーロック・ホームズの蒐集

東京創元社(2014年11月28日)あの名探偵が甦る。世界有数のホームズ・ファンが愛と敬意を込めて、名探偵の「語られざる事件」を鮮やかに作品化してみせた、最高水準のパスティーシュ登場。6編を収録。
ジョン、全裸連盟へ行く: John & Sherlock Casebook 1 (ハヤカワ文庫JA)

ジョン、全裸連盟へ行く: John & Sherlock Casebook 1 (ハヤカワ文庫JA)

早川書房(2014年09月10日)現代ロンドン。軍医ジョン・ワトソンとシャーロック・ホームズの名コンビが活躍する全6篇収録の冒険譚登場
シャーロック・ホームズ完全解読 (宝島SUGOI文庫)

シャーロック・ホームズ完全解読 (宝島SUGOI文庫)

宝島社(2014年03月06日)世界でもっとも愛されている名探偵、シャーロック・ホームズ。原作者のコナン・ドイルが自ら手がけた、ホームズが活躍する「緋色の研究」から「最後の挨拶」までの60にもおよぶ正典を、徹底的に解説。作中に登場するセリフや描写と、事件現場を再現したイラストをもとにして、ホームズの冴えわたる名推理を読み解きます。ベネディクト・カンバーバッチ主演の...
SF奇書コレクション (キー・ライブラリー)

SF奇書コレクション (キー・ライブラリー)

東京創元社(2013年12月21日)汲めども尽きぬSF奇書・珍本。話題を呼んだ『SF奇書天外』につづいて、その道の第一人者が贈る最新の活動報告。本書では古書のみならず、脚本・図録から自費出版書籍まで、入手手段の限定された珍しい書籍を縦横無尽に紹介する。図版200点近くを収録。すべてのSFファン・古書ファンに贈る必携の1冊。
ホームズ鬼譚~異次元の色彩 (The Cthulhu Mythos Files 8)

ホームズ鬼譚~異次元の色彩 (The Cthulhu Mythos Files 8)

創土社(2013年09月03日)1つのクトゥルー作品をテーマに3人の作家が小説、ゲームブック、漫画などの様々な形で競作するオマージュ・アンソロジー・シリーズ。第3弾は『異次元の色彩』に捧げる。巻末には原作の冒頭(荒俣宏訳)を掲載。
ラッフルズ・ホーの奇蹟 (ドイル傑作集5) (創元推理文庫)

ラッフルズ・ホーの奇蹟 (ドイル傑作集5) (創元推理文庫)

東京創元社(2011年12月21日)散歩の途上、ロバート・マッキンタイアは眼下の大邸宅を眺めやった。昼夜兼行で押し寄せる作業員、搬入される貴重品の数々、次第に高くなる塔-近隣の耳目を集めた事業も大詰めらしい。邸の主はラッフルズ・ホーなる男で、スパーリング司祭によれば現身の天使だという。ホーと誼を通じて己がいかな変節を遂げることになるのか、神ならぬ身のロバートはそのとき...