大西巨人の作品一覧

作品数 38 件
季刊メタポゾン第11号 特集大西巨人 (2017年冬号)

季刊メタポゾン第11号 特集大西巨人 (2017年冬号)

寿郎社(2018年01月06日)日本文学会の"巨人"が逝って4年――。 反骨の文芸誌がその足跡と未発表の小説・対談・評論などを集大成して4年ぶりに刊行!
歴史の総合者として: 大西巨人未刊行批評集成

歴史の総合者として: 大西巨人未刊行批評集成

幻戯書房(2017年11月08日)刻々たる状況に「文学」から批判し、人間精神の真実を貫徹させた未刊行批評群を集成。大西巨人研究の最前線から総展望する。
地獄変相奏鳴曲 第一楽章・第二楽章・第三楽章 (講談社文芸文庫)

地獄変相奏鳴曲 第一楽章・第二楽章・第三楽章 (講談社文芸文庫)

講談社(2014年06月11日)第一楽章「白日の序曲」の初稿発表より40年の歳月を経て 完成した「連環体長編小説」――全四楽章のうち、旧作の 新訂版である第一楽章から第三楽章までを本書に収録。 異姓同名の男女の織りなす四つの世界が、それぞれ独立した 中篇小説でありながら、重層化され、ひとつの長篇小説となる。 十五年戦争から、敗戦・占領下、そして現代にいたる、 日本...
深淵(上) (光文社文庫)

深淵(上) (光文社文庫)

光文社(2007年11月08日)
深淵(下) (光文社文庫)

深淵(下) (光文社文庫)

光文社(2007年11月08日)
地獄篇三部作

地獄篇三部作

光文社(2007年08月01日)彼女は正しい立派な恋愛をしなければならない。しかし、その相手はおれで有り得ようか。著者唯一の未発表小説原稿、遂に単行本化。
未完結の問い

未完結の問い

作品社(2007年03月01日)大西巨人が、初めて存分に「わが文学と世界観」を語りつくした待望の書、ついに刊行!気鋭の批評家・鎌田哲哉を聞き手に、文学的信条、愛する作家・芸術家たち、中野重治・花田清輝ら同時代文学者をめぐる鋭利な考察と回想、この国の変わらぬ課題と展望を、縦横に論じる。これは88歳の現役作家が贈る、最高の「文学入門」の書である。
縮図・インコ道理教

縮図・インコ道理教

太田出版(2005年07月26日)10年前の「あの事件」を背景に、哄笑と衝撃をはらみつつ、描き切られた「この国の闇」。この研ぎ澄まされた文章のナイフは、どこまで僕らを連れて行くのか?2005年の日本を見据え、『神聖喜劇』の巨匠が送り込む最新の戦慄。
シナリオ 神聖喜劇

シナリオ 神聖喜劇

太田出版(2004年12月01日)映画史上最長のシナリオが、軍隊を克明に描くことを通して日本社会の病根を笑いとともに抉り出す、痛烈無比のコメディ。
深淵 〈上〉

深淵 〈上〉

光文社(2004年01月21日)12年間の記憶を失った男は、生と存在との根源的問題に直面した。俗情との結託を排する思考、厳格な文章が到達した世界。
深淵 〈下〉

深淵 〈下〉

光文社(2004年01月21日)「冤罪・誤判」と言われる二つの殺人事件を通して描かれる、人間・社会のあるべき姿。人生観、社会観、世界観ないし現実認識、大西文学の現到達点。