茅野久枝の作品一覧

作品数 67 件
別れの夜の授かり物 (ハーレクイン・ロマンス)

別れの夜の授かり物 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年11月24日)こんな残酷な運命があるかしら? 別れを決意した直後に身ごもるなんて。 「ぼくは君を愛せない。だから別れるしかない」 富豪の夫マックスに宣告され、リーザは泣く泣く別居に同意した。 だが、離婚に向けて話し合いを進めているさなか、 ふとした弾みで情熱が甦り、ふたりはベッドを共にする。 2カ月後のクリスマス、予期せぬ妊娠に動揺するリーザは...
悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・セレクト)

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月27日)早くに親を亡くしたナターシャは、ギリシアの養父のもとで育った。 今は養家を離れ、ひとりロンドンで家事代行業を営んでいる。 ある日、養父の死後、海運事業を引き継いだ義兄たちから呼び出された。 悪賢い目をした義兄たちは家業が倒産寸前だと説明したあと、 1枚の紙をナターシャの前に置いて言った。 「おまえがここにサインさえすれば、この家は守...
雨に濡れた天使 (ハーレクイン文庫)

雨に濡れた天使 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月27日)またもや弟が金目当ての女に引っかかったらしい―― 雨の中、グザヴィエは場末で働くリサを待ち伏せするが、 濡れそぼる彼女の清らかな美しさに、思わず見惚れてしまう。 ほどなくして、彼女をものにしたグザヴィエが、 もしかしてリサは思っていたような女性ではなかったのかと ほだされかけた矢先に、弟から電話が入ったのだ。 リサが求婚されているの...
シンデレラの過去 (ハーレクイン・セレクト)

シンデレラの過去 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月27日)床にはいつくばって銀行のオフィスを掃除していたサラは、 不意に聞こえてきた男性の声に凍りついた。 この声は……ラウル! 間違いない。 二人は5年前、海外のボランティア活動で知り合った。 ラウルは帰国する際、永遠の約束を求めるサラに冷ややかに告げた。 「ぼくの人生設計の中に、きみは存在しない」 あれから彼は野望を次々と実現し、今や銀行...
永遠の一夜 (ハーレクイン文庫)

永遠の一夜 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年06月29日)カリブ海の小島に身を隠したオリヴィアのもとに、 亡き夫の会社を継いだクリスチャンから電話が入った。 夫のところにいた息子が、事故で大怪我をしたのだという。 足場を失ったかのように、オリヴィアはその場にくずおれた。 すぐにでも飛んでいきたかったが、 クリスチャンに居場所を突き止められたショックが大きすぎる。 彼の子を身ごもっているのを...
忘れ去られた新妻 (ハーレクイン・ロマンス)

忘れ去られた新妻 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2018年01月26日)どうか思い出して。つかの間とはいえ、 わたしがあなたの妻だったことを。 事故の後遺症に苦しむトマスの面倒を見てほしい―― 知人に頼まれ、ザラは居ても立ってもいられず彼の屋敷を訪ねた。 彼女にとって大富豪のトマスは恩人であり、憧れの存在だった。 両親亡きあと、おじに使用人同然にこき使われて成長したザラを、 トマスは偽装結婚を申しでて...
日陰の秘書の献身 (ハーレクイン・ロマンス)

日陰の秘書の献身 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年09月15日)秘めた想いが溢れだす―― 一夜かぎりの夢だとしても。 サラはこの2年、ギリシア富豪アレコスの秘書を務めている。 たくましい長身、豊かな黒髪、官能的で美しい唇――そして、 指を鳴らせば女性が寄ってくると信じて疑わない傲慢さ。 うぶで真面目なサラでさえ、彼には密かに胸を焦がしていた。 あるとき一大決心をしたサラは、長期休暇の間に体重を...
星屑のシンデレラ (ハーレクイン・ロマンス)

星屑のシンデレラ (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年04月28日)彼は私をこう呼んだ。 “完璧に都合のいい愛人”と。 “イタリアのプレイボーイ”と名高い大富豪レアンドロに 勤め先のバーで見初められ、マーニーは彼と同棲を始めた。 昼夜を問わず求めてくる彼との、めくるめく愛の営み―― だが、彼は決してマーニーを公の場に同伴しなかった。 1年が過ぎ、ふたりの関係に疑問を感じ始めた矢先、 ふとした諍いか...
逃げだした愛人 (ハーレクイン・セレクト)

逃げだした愛人 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年02月10日)ロンドンの玩具店で、アンは驚きのあまり言葉を失った。4年前に手放した、唯一の肉親である幼い甥とでくわしたのだ。甥は姉とギリシア財閥の次男との間に生まれた子で、生後まもなく両親が事故死したため、アンが引き取った。ところがある日突然、財閥の長男ニコスが訪ねてきて、百万ポンドの小切手を置くと、強引に甥を連れ去ったのだった。二度と会わない約...
危険すぎる契約 (ハーレクイン文庫)

危険すぎる契約 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年01月01日)倒産の危機に瀕する会社を立て直そうと、ミスティは必死だった。そんな彼女に救いの手を差し伸べる男性が現れる。美しきイタリア系大企業の重役レオーネ・アンドラッキ。だが、彼は支援する見返りとして、恐るべき条件を提示する。「僕が用意する家に住み、僕が買う服を着て、僕に従うんだ」――奴隷同然の愛人になれというのだ。信じがたい申し出に絶望するも...
秘書の報われぬ夢 (ハーレクイン・ロマンス)

秘書の報われぬ夢 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2016年12月10日)ラーラはロンドンの会社で個人秘書として働いている。その豊満な体つきから奔放な女性だと思われがちだが内面はまったく逆。“真実の愛”だけをずっと待ちわびていた。だが、尊敬していた上司からも手酷く扱われたラーラは自暴自棄になり、偶然出会ったイタリア名門貴族の血を引くラウルと一夜をともにし、純潔を捧げてしまう。翌朝、彼は悩ましげにある提案を...
心まで奪われて (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

心まで奪われて (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年07月01日)社交界の人々のためにパーティを企画するカーリーは、有望な顧客候補リカルド・サルヴァトーレに引き合わされた。ナポリのスラム街から億万長者にのし上がった彼は、カーリーにパーティを任せられるか視察したいのだという。リカルドに会った瞬間、カーリーはその男性的魅力に衝撃を受けた。一方、リカルドはまったく違った目で彼女を見ていた。金のためなら簡...
貞淑な愛人 (ハーレクイン・ロマンス)

貞淑な愛人 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年06月01日)父の経営する小さな会社で事務員として働くライラは、会社がギリシア人の大富豪に買収されたと聞いて驚いた。バスティエン・ジコス! まさかこんな形で再会するなんて。2年前、ライラはプレイボーイと噂の彼から誘惑されたが、きっぱりと拒絶した。愛のない相手と遊びで関係を持つなど、ライラには考えられなかったのだ。ところが今、復讐心に燃えるバスティ...
未熟な花嫁 (ハーレクイン・ロマンス)

未熟な花嫁 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年01月14日)
禁じられた告白 (ハーレクイン・セレクト)

禁じられた告白 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年10月16日)23歳、独身、ロンドン在住。職はなく、住む家も追われた。生後10カ月の双子を抱え、ケイティーはいよいよ困窮していた。彼がいてくれたら…と願わずにいられない。叶うはずもないのに。1年半前、ケイティーはギリシアの大富豪アレクサンドロスと出会った。ひと目で惹かれ合い、しばらく情熱的なときを過ごしたが、ケイティーが愛を告げると、彼は冷たく拒...
頬を染めた幼な妻 (ハーレクイン・ロマンス)

頬を染めた幼な妻 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年10月16日)アンダルシア上空を飛ぶヘリコプターの中で、フランシスはただ呆然とするばかりだった。眼下には、広大な自然保護区が広がっている。あそこでわたしは絶滅に瀕したワシの繁殖を研究するはずだった。なのに土地を所有する伯爵に、こうしてどこかへ連れ去られている。やがて着いた壮麗な屋敷に、彼の強引な歓迎の言葉が響く。「しばらくのあいだ、きみは我が客人...
あの夜に宿った永遠 (ハーレクイン・ロマンス)

あの夜に宿った永遠 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2015年05月29日)マリサはダマソから突然求婚され、呆然とした。高級リゾート施設を経営する実業家のダマソとは、ひと月ほど前、旅先で一夜をともにしただけ。しかも彼は翌朝、彼女のベッドから冷たく去っていったのだ。あのときは思いもしなかった。まさか自分が妊娠するなんて。彼女はベンガリア国の王女だったが、双子の兄を事故で亡くして以来、故国へは戻っていない。身重...
彼だけを待っていた (ハーレクイン・ロマンス)

彼だけを待っていた (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2015年02月13日)大学の図書館に勤務するラーラは、早朝の訪問者を見て驚愕した。ゲイブリエル! どうしてあなたがここに?彼は、つい最近亡くなった兄の親友で、13年ぶりの再会だった。16歳のとき、ラーラは思いきって愛を告白したものの、彼に子供扱いされ、笑いとばされた。その後遺症で、彼女は男性との交際に臆病になっていた。今やウォール街で大成功を収めたゲイブ...
庭師の娘の初恋 (ハーレクイン・ロマンス)

庭師の娘の初恋 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2014年07月11日)両親を亡くし、天涯孤独のヘレナは、ある知らせを受けた。かつて父親が庭師をしていた屋敷の女主人イゾベルが亡くなり、その所有権の半分がヘレナに遺されたというのだ。手続きのために弁護士を訪ねると、思いがけない再会が待っていた。オスカー・テオトキス! イゾベルの大甥で、ギリシアの有名な実業家。あのころ、ふたりは秘かに愛し合っていた――とヘレ...