Penny Jordanの作品一覧

作品数 216 件
あなたしか知らない (ハーレクイン文庫)

あなたしか知らない (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月23日)永遠に君を愛する――繰り返される口づけ。18歳の切ない誓い。 義兄ジェイクと結ばれたジェイミーは輝きのなかにいた。 だが、その日、義兄がほかの女性と抱きあう姿を見て、 少女はすべてに絶望し、無言のまま家を去ったのだ。 それから6年がたち、思いもよらぬ義兄との突然の再会が、 あの日の苦痛よりもっと酷な傷をジェイミーに刻みつけた。 既に...
愛なき結婚 (お手ごろ文庫)

愛なき結婚 (お手ごろ文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月09日)デイリー・グローブ社で働くブライアニーは有能な秘書だが、 人には言えない過去があり、職場では冷たい女を装っている。 新しいボスが来た日、彼の名を聞いてブライアニーは愕然とする。 かつてブライアニーがすべてを捧げた相手、キーロンだったのだ。 3年前、キーロンは自分のキャリアのため、彼女の愛を利用した。 その結果、彼女は中傷にさらされて...
雪どけの朝 (ハーレクイン・セレクト)

雪どけの朝 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2018年01月12日)ソレルは24歳だが、いまだ男性恐怖症で恋愛にも怯えている。 少女のころ見てしまった場面に恐怖心を植えつけられたのだ。 あるとき、遠縁に当たるヴァルが英国を訪れるという報せがあり、 ソレルが滞在中の彼女の世話をすることになった。 宿泊先はウェールズにある古いコテージ。彼女とは初対面だが、 滞在を心地よいものにしてあげたい、とソレルは思...
長い誤解 (ハーレクイン文庫)

長い誤解 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月24日)17歳の夏、“愛している”という言葉を口にしたのは どちらが先だったか、フィリッパはもう思い出せない。 両親を亡くし、厳しい伯母になじめなかったフィリッパと、 愛に飢えた名家の子息スコットは磁石のように惹かれあった。 でも、この身分違いの恋が成就しても誰も喜ばない……。 そう諦めたフィリッパが、お腹の子を他の男性の子だと、 彼に偽ら...
二人の年月 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

二人の年月 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月10日)心臓発作で入院した父の手術費用を工面するあてがなく、 ヘザーはもう一人の家族、カイルに頼る決意をした。 カイル――ヘザーが7歳の時、両親は13歳の彼を里子に迎えた。 自分でももてあますほど激しい感情の持ち主だったヘザーは 何かにつけてカイルに反発し、両親の愛を独り占めしようとした。 そして17歳の誕生日の夜、愚かにも両親を試そうと、...
聖夜になれば、きっと (MIRA文庫)

聖夜になれば、きっと (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月10日)クリスマスには、きっと奇跡が起きるから……。 C・キャンプら豪華作家がロマンティックに彩る短編集。 幼い息子と慎ましく暮らすメリンダは、職に困っていたところ料理人を探している 屋敷があると聞きつけ、さっそく応募することに。だが屋敷の主人ダニエル・マッ ケンジーは、容姿端麗ながら極度の女嫌いで気むずかし屋。なんとか採用してはく れた...
暴君の甘い罰 (ハーレクイン・ロマンス)

暴君の甘い罰 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年10月13日)罰と知りつつ、彼女は結婚を受け入れた。 ただ、彼に愛されたい一心で。 両親を亡くし、住む家を失ったサラにとって、 自分を受け入れてくれた祖母は、なによりも大切な存在だった。 だから、心臓が悪い祖母のためと言われると、 大富豪ルークとの結婚を断る理由が見つからなかった。 彼は、亡き妻の肉親である私の祖母を安心させたいだけ。 しかも継...
閉ざされた記憶 (ハーレクイン文庫)

閉ざされた記憶 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年08月30日)5年前、アニーは交通事故に遭い、身も心も大きな傷を負った。 それ以来、他人を避け、孤独に生きてきたが、 ある日、“夢の恋人”とそっくりな男性とすれ違う。 毎晩彼女の夢に現れては抱きすくめる、逞しい体、長い手足……。 直感の赴くまま車を走らせると、見覚えのある屋敷に辿り着く。 中から出てきたのは――“夢の恋人”だった。 威圧的でありな...
オアシスのハネムーン (ハーレクイン・セレクト)

オアシスのハネムーン (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年08月17日)フェリシアは会社勤めの平凡なイギリス人女性だが、 中東からの留学生に一方的に熱愛され、求婚された。 実は彼は故国屈指の大財閥の息子で、二人の結婚には、 家長である叔父のラシッドの許しを得なければならないという。 ひょんなことからフェリシアは一人で彼の地に赴き、 ラシッドに許可を求めなければならなくなったが、 着くなり彼から“金目当て...
孤独な城主と囚われの娘 (ハーレクイン・ロマンス)

孤独な城主と囚われの娘 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年06月30日)一夜だけでいい、あなたの愛が欲しい。 切なる願いは、非情な城主に届くのか? 土曜日、ローズマリーは朝から不安だった。 兄夫婦の死後、彼女が育てている3歳の甥を引き取りたいと、 義理の姉の兄ニコラスが突然、連絡してきたのだ。 葬儀にも顔を見せなかった人がどうして? 石油王として知られる億万長者の彼は、結婚の意思はないが、 血のつなが...
イブの変身 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

イブの変身 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2017年06月16日)タマラは15歳で両親を亡くしたあと、厳格な伯母に育てられた。 そのせいで禁欲的な考え方が染みつき、恋とは無縁の人生を送る彼女が 堅物の婚約者を選んだのも自然のなりゆきだった。 そんなある日、タマラは休暇でひとりカリブの島を訪れた。 「彼ってとってもセクシーだと思わない?」とささやく 同じ観光客の婦人の声に顔を上げると、 南国に似合わ...
ブラックメイル (ハーレクイン文庫)

ブラックメイル (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年04月28日)訪れた城で、リーはショーヴィニー伯爵ことジルと再会する。 6年前の夏、16歳のリーは端麗な美貌のジルに幼すぎる恋をした。 だが純粋な想いは、いつでもちょっとしたことで汚される。 ふたりに嫉妬した友人が、リーの字体をまねて、 潔癖なジルにいかがわしいラブレターを出したのだ――。 今だにリーが書いたと信じる伯爵は、蔑みの色を浮かべ、脅し...
拒めない誘惑 (ハーレクイン・ロマンス)

拒めない誘惑 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年03月29日)ロージーは大おばを亡くし、遠縁の親戚の家に身を寄せていた。けれど家主との不倫を疑われて、思わずそこを飛び出してしまう。彼女は見知らぬ土地で、働き口もない不安から、偶然出会ったカラムという男性にすべてを打ち明けた。すると彼はロージーに仕事をくれたうえに、驚くべき提案をする。「僕が君の恋人のふりをし、不倫の疑いを晴らす」というのだ。カラ...
ベネチアの真珠 (ハーレクイン・ロマンス)

ベネチアの真珠 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年02月24日)結婚式当日、3歳から決められていた許婚に突然捨てられ、フランチェスカは人生の目的を失っていた。傷心を癒やすために、ベネチアからイギリスへ旅立った彼女は、知人の家でオリヴァーという傲慢な男性に出会った。そして恋もまだなのかとあざけられ、さらに傷ついてしまう。女性との噂が絶えないプレイボーイの彼から見れば、世間知らずの私なんて、相手をす...
大富豪と手折られた花 (ハーレクイン・ロマンス)

大富豪と手折られた花 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年01月27日)ルシーラは仕事が欲しくて必死だった。でも、家族に認めてもらう方法がほかにないからといって、男性のスイートルームに来たのはまずかったかもしれない。案の定、寝室のドアが閉まると、ルシーラはパニックに陥った。現れたニックは、直談判したい社長とは別の実業家だった。そして、今夜は彼女に目をつけていたと言い、男と二人きりになる意味は知っているな...
鳥かごのシンデレラ (ハーレクイン・ロマンス)

鳥かごのシンデレラ (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2016年12月23日)6年前に両親が亡くなってから、ベアトリスは夢をあきらめ、美しいがわがままなきょうだいを必死に育ててきた。そして彼らからの、使用人のような扱いに耐えていた。しかしある夜、妹にディナーの給仕をしているところを、富豪のエリオットにからかわれ、彼女はついに耐えられなくなる。きょうだいの中で一人だけ美しくないのが、そんなに悪いこと?屈辱と恥ず...
聖夜に誓いを (ハーレクイン・セレクト)

聖夜に誓いを (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2016年12月10日)出会って一瞬で燃えあがる恋なんて、初めてだった。ウィンドーディスプレイを手がけるデザイナーのジャスミンは、デパートのオーナー一族の御曹司カイドと恋に落ちた。出会い頭のエレベーターでのキス。親密さを分かち合うベッド。ふたりの情熱は永遠に続くかに思えた。だが、彼が望むのは仕事を捨てて無私で尽くす女性だと聞かされ、ジャスミンは泣く泣く彼の...
エスタンシアの雄牛 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

エスタンシアの雄牛 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2016年11月11日)3年前、スペイン人公爵の夫ルイの愛が偽りと知ったダヴィーナは、生まれたばかりの息子ジャミーを連れてイギリスに帰ってきた。私は、ルイが本当に愛する女性の身代わりにすぎない……。その思いがダヴィーナをさいなみ、みずから身を引くほかなかった。ところが最近になってルイが手紙をよこし、ジャミーを跡継ぎとして自分のてもとで育てたいという。いまさ...
ジェシカの愛情研究 (ハーレクイン文庫)

ジェシカの愛情研究 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2016年10月01日)幼いころ離婚し、愛された記憶もない父が亡くなったとき、ジェシカ姉妹に巨万の遺産が遺された。だがその遺産のせいで、ジェシカの姉は、女たらしの情夫と結婚してしまうのだった。義兄はジェシカにさえ、色目を使い、姉に仲を疑われている。恋愛に幻滅し、ほとほと困り果てたジェシカは、見合いこそ最善の結婚スタイルであるという境地に達し、それを実践する...
結婚は幸せの鍵?―ブライダルブーケ (MIRA文庫)

結婚は幸せの鍵?―ブライダルブーケ (MIRA文庫)

ハーレクイン(2013年05月15日)ブーケは花嫁の手を離れ、宙に舞った。次の瞬間、3人の女性が同時にブーケを手にしていた-決して結婚しないと誓った3人が。そのひとり、クレアは愛する人を亡くして2年たつが、結婚する気などまったくなかった。心の傷がうずき、誰かと親密になることも考えられないのだ。ところが義理の妹に頼み込まれ、クレアは義妹の夫の上司に部屋を貸すことになってし...