ペニージョーダンの作品一覧

作品数 276 件
秘めた愛 (ハーレクインSP文庫)

秘めた愛 (ハーレクインSP文庫)新刊

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年03月08日発売予定)小学校教師のレベッカは夏の2カ月間だけという約束で、 海外赴任中の従兄ロリーの双子を世話することになった―― 8年前まで毎年夏を過ごした、あの懐かしいエイスガース邸で。 当時、レベッカはロリーの兄フレーザーにひそかに恋していた。 だがあるとき、新婚だったロリーに愛人のふりをさせられ、 その結果フレーザーから軽蔑されて邸に行けなくなっ...
秘密の情熱 (ハーレクイン・セレクト)

秘密の情熱 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月25日)17歳で両親をなくしたあと、ルーシーは自活の道を探ろうと 秘書養成所に通い、語学力を磨いて、必死で生きてきた。 しかし従姉の死後に相続した、崩れかけのコテージに居座る老人から コテージの修理を要求され、途方にくれていた。 唯一の財産のフラットを売却する以外、お金は工面できそうもないのだ。 そんなとき、先日パーティで出会った富裕な実業...
愛の選択 (MIRA文庫)

愛の選択 (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月11日)令嬢は伯爵のもと、大人の女に成長しようとしていた―― 大ベストセラー作家P・ジョーダンの語り継がれる名作。 スペインの修道院で暮らすホープは、厳格な父の希望どおり外の世界をいっさ い知らずに成長した。そして18歳になったある日、ホープのもとに父の代理だ という見知らぬフランス人の伯爵が迎えに来る。言われるがまま、ブルゴーニ ュにあ...
スター作家傑作選~粉雪のシンデレラ~ (ハーレクイン・スペシャル・アンソロジー)

スター作家傑作選~粉雪のシンデレラ~ (ハーレクイン・スペシャル・アンソロジー)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月11日)D・パーマー、P・ジョーダン、L・グレアム――ハーレクインが誇る大御所スター作家3人が綴る、冬にぴったりのロマンティックな短篇集。ハーレクイン日本上陸40周年の幕開けを飾るにふさわしい、珠玉作をお楽しみください。
脅迫 (ハーレクイン文庫)

脅迫 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年11月24日)サマーは凍りついた。あれはチェイス・ロリマーではないか。 二人の出会いは、5年前の夏の日までさかのぼる。 恋人の浮気現場を目撃し、心が傷つけられたサマーに、 チェイスは大人の魅力を漂わせ、近づいてきたのだ。 若く未熟なサマーはわけもわからず、彼の掌中で弄ばれ―― ひどい男性不信に陥った彼女は、そのせいで未だ純潔だった。 望まぬ再会を...
白い奇跡 恋人たちのクリスマス (MIRA文庫)

白い奇跡 恋人たちのクリスマス (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年11月09日)運命の巡り合わせが、封じこめていた恋心を揺さぶり起こす…… 静かに切なく燃え上がる、秘めやかなクリスマス傑作選。 男性経験のほとんどない、奥手のアンバーは大富豪ロッコと身分違いの恋に落 ちた。だが二人の関係をゴシップ紙に売ったと誤解したロッコに、アンバーは 捨てられたのだ。せめて彼の子を妊娠していることだけでも伝えなければ。そ の...
狂おしき再会 (ハーレクイン・セレクト)

狂おしき再会 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年10月26日)ビッキーは一人で小さな宿を経営しながら幼い双子を育てている。 ある日、知人から、辣腕実業家ジェイを宿に滞在させてほしいと頼まれ、 喜んで受け入れたものの、彼をひと目見るなり早くも後悔し始めた。 強く惹かれて、落ち着かないのだ。 私はいったいどうしてしまったの? 初めて会った人なのに。 動揺するビッキーをよそに、ジェイは子供たちとすぐ...
十代のころ (ハーレクインSP文庫)

十代のころ (ハーレクインSP文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年10月12日)親族の苦境を聞きつけてマギーは10年ぶりに故郷に帰った。 懐かしい我が家を前に、封印したはずの苦い記憶が甦ってくる。 両親を早くに亡くして内にこもりがちだった少女時代、 やさしく見守ってくれた義理のいとこのマーカス……。 マギーは彼に夢中になり、愚かにも愛されていると信じた。 だが、彼の突然の婚約発表によって淡い恋心は打ち砕かれ、 ...
新妻を演じる夜 (ハーレクイン・セレクト)

新妻を演じる夜 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年08月31日)リジーのもとに、ある日一通の手紙が届いた。 彼女が所有するアパートメントに問題が発生し、 現地まで来てほしい、さもないと裁判沙汰にするという。 差出人は大富豪イリオス・マノス。 リジーはなんとか旅費を工面し、彼の住むギリシアへ飛んだ。 金色の瞳と漆黒の髪を持つギリシア神話の英雄さながらの彼はしかし、 「詐欺師め!」とリジーをなじった...
半年だけの結婚 (ハーレクイン文庫)

半年だけの結婚 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年07月27日)闇の果てを思わせる迷宮に、アンバーはいた。 事故で脚を引きずるようになり、孤独と無力感に蝕まれていた。 そんななか、知り合った会社社長ジョエルの申し出で、 やはり脚の悪い、彼の幼い息子の面倒を見るために、 半年間だけ、肉体関係のない契約結婚をすることになったのだ。 アンバーは、ジョエルの類いまれなる美貌に目が眩んでしまう。 だが、彼...
残り香の誘惑 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

残り香の誘惑 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年06月29日)代々続く家業の香水メーカーで調香師をしているサディは、 生産量は少なくとも丁寧に作った香水に誇りを持っていた。 だが祖母が亡くなり、筆頭株主となったいとこのラウールが、 世界的な有名企業に身売りをしようと動き出す。 何事も合理的な大企業のもとでは、大切な伝統がすたれてしまう……。 サディは話し合いをするために、ラウールのオフィスへ向...
情熱に気をつけて (ハーレクイン文庫)

情熱に気をつけて (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年05月31日)ケイトは、ある結婚式で、今や社長となったジョスと再会した。 16歳だったケイトは21歳の青年ジョスと出会い、恋に落ちた。 光あふれる日々。切ないほどに甘い至福の思い出―― それが甘美であればあるほど、あとに続く絶望は底が見えない。 ある人物から彼に妻子がいると聞かされ、愛は地に堕ちたのだ。 なにもかも忘れたはずだった。それなのに長い...
あなたしか知らない (ハーレクイン文庫)

あなたしか知らない (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月23日)永遠に君を愛する――繰り返される口づけ。18歳の切ない誓い。 義兄ジェイクと結ばれたジェイミーは輝きのなかにいた。 だが、その日、義兄がほかの女性と抱きあう姿を見て、 少女はすべてに絶望し、無言のまま家を去ったのだ。 それから6年がたち、思いもよらぬ義兄との突然の再会が、 あの日の苦痛よりもっと酷な傷をジェイミーに刻みつけた。 既に...
愛なき結婚 (お手ごろ文庫)

愛なき結婚 (お手ごろ文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月09日)デイリー・グローブ社で働くブライアニーは有能な秘書だが、 人には言えない過去があり、職場では冷たい女を装っている。 新しいボスが来た日、彼の名を聞いてブライアニーは愕然とする。 かつてブライアニーがすべてを捧げた相手、キーロンだったのだ。 3年前、キーロンは自分のキャリアのため、彼女の愛を利用した。 その結果、彼女は中傷にさらされて...
雪どけの朝 (ハーレクイン・セレクト)

雪どけの朝 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2018年01月12日)ソレルは24歳だが、いまだ男性恐怖症で恋愛にも怯えている。 少女のころ見てしまった場面に恐怖心を植えつけられたのだ。 あるとき、遠縁に当たるヴァルが英国を訪れるという報せがあり、 ソレルが滞在中の彼女の世話をすることになった。 宿泊先はウェールズにある古いコテージ。彼女とは初対面だが、 滞在を心地よいものにしてあげたい、とソレルは思...
長い誤解 (ハーレクイン文庫)

長い誤解 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月24日)17歳の夏、“愛している”という言葉を口にしたのは どちらが先だったか、フィリッパはもう思い出せない。 両親を亡くし、厳しい伯母になじめなかったフィリッパと、 愛に飢えた名家の子息スコットは磁石のように惹かれあった。 でも、この身分違いの恋が成就しても誰も喜ばない……。 そう諦めたフィリッパが、お腹の子を他の男性の子だと、 彼に偽ら...
二人の年月 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

二人の年月 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月10日)心臓発作で入院した父の手術費用を工面するあてがなく、 ヘザーはもう一人の家族、カイルに頼る決意をした。 カイル――ヘザーが7歳の時、両親は13歳の彼を里子に迎えた。 自分でももてあますほど激しい感情の持ち主だったヘザーは 何かにつけてカイルに反発し、両親の愛を独り占めしようとした。 そして17歳の誕生日の夜、愚かにも両親を試そうと、...
聖夜になれば、きっと (MIRA文庫)

聖夜になれば、きっと (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月10日)クリスマスには、きっと奇跡が起きるから……。 C・キャンプら豪華作家がロマンティックに彩る短編集。 幼い息子と慎ましく暮らすメリンダは、職に困っていたところ料理人を探している 屋敷があると聞きつけ、さっそく応募することに。だが屋敷の主人ダニエル・マッ ケンジーは、容姿端麗ながら極度の女嫌いで気むずかし屋。なんとか採用してはく れた...
暴君の甘い罰 (ハーレクイン・ロマンス)

暴君の甘い罰 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーパーコリンズジャパン(2017年10月13日)罰と知りつつ、彼女は結婚を受け入れた。 ただ、彼に愛されたい一心で。 両親を亡くし、住む家を失ったサラにとって、 自分を受け入れてくれた祖母は、なによりも大切な存在だった。 だから、心臓が悪い祖母のためと言われると、 大富豪ルークとの結婚を断る理由が見つからなかった。 彼は、亡き妻の肉親である私の祖母を安心させたいだけ。 しかも継...
閉ざされた記憶 (ハーレクイン文庫)

閉ざされた記憶 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年08月30日)5年前、アニーは交通事故に遭い、身も心も大きな傷を負った。 それ以来、他人を避け、孤独に生きてきたが、 ある日、“夢の恋人”とそっくりな男性とすれ違う。 毎晩彼女の夢に現れては抱きすくめる、逞しい体、長い手足……。 直感の赴くまま車を走らせると、見覚えのある屋敷に辿り着く。 中から出てきたのは――“夢の恋人”だった。 威圧的でありな...