ベリエヘルストレムの作品一覧

作品数 5 件
地下道の少女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

地下道の少女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2019年02月20日)冬の朝、43人の子供が市内に突然現れた。ほぼ同時に、病院の地下で女性の死体が発見される。〈ガラスの鍵〉賞受賞シリーズ最新刊
死刑囚 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

死刑囚 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2018年05月02日)スウェーデンで逮捕されたその男は、アメリカで六年前に死んだはずの死刑囚だった!? 大好評、グレーンス警部シリーズ第三弾。
ボックス21 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ボックス21 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

早川書房(2017年11月21日)強制売春の被害者が起こした思いもよらぬ事件。グレーンス警部が直面する北欧の闇とは? スウェーデン警察小説シリーズ第二作。
死刑囚 (RHブックス・プラス)

死刑囚 (RHブックス・プラス)

武田ランダムハウスジャパン(2011年01月08日)冬の朝、ストックホルムで起きた傷害事件。単純な事件だった…逮捕された男が、6年前にアメリカの監房で死んだ死刑囚とわかるまでは。恋人を殺し、死刑囚となった男だったが、刑の執行を待たずに独房で死んだ…はずだった。男の死刑を見届けることだけを支えにしていた被害者の遺族、男を間近で見ていた看守…6年間止まっていた時が再び動き出す。あの時監房...
ボックス21 (ランダムハウス講談社文庫 ル 1-2)

ボックス21 (ランダムハウス講談社文庫 ル 1-2)

武田ランダムハウスジャパン(2009年04月10日)ストックホルムにあるアパートの一室で、鞭打たれて意識を失った売春婦が発見された。リトアニアから連れてこられたという売春婦は、すぐに病院に搬送され、彼女を連れてきたポン引きも国に強制送還され、事件は簡単に片付いたかに見えた。だが、病院で目覚めた売春婦の予想外の行動が、単純だったはずの事件を、スウェーデンの闇をえぐる大事件へと発展させて...