高木晶子の作品一覧

作品数 153 件
マッケンジーの山 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

マッケンジーの山 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年02月22日)ひと月前に赴任してきたばかりの高校教師メアリーはある日、 成績トップでありながら学校に来なくなった生徒の存在を知る。 このまま放ってはおけず家庭訪問をすることにしたが、 3月でも氷点下のこの地で、運悪く車が故障してしまい、 あわや凍死という絶体絶命の危機に追いこまれた。 するとそこに現れたのは、人狼を思わせる野性的な男性―― 彼こそ...
狂おしき再会 (ハーレクイン・セレクト)

狂おしき再会 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年10月26日)ビッキーは一人で小さな宿を経営しながら幼い双子を育てている。 ある日、知人から、辣腕実業家ジェイを宿に滞在させてほしいと頼まれ、 喜んで受け入れたものの、彼をひと目見るなり早くも後悔し始めた。 強く惹かれて、落ち着かないのだ。 私はいったいどうしてしまったの? 初めて会った人なのに。 動揺するビッキーをよそに、ジェイは子供たちとすぐ...
脅迫結婚 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ別冊)

脅迫結婚 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年04月27日)イモジェンは18歳の時、ドラッコと婚約した。 10歳年上で、亡き父の右腕だったドラッコは、子供の頃からの憧れの人。 すばらしい男性、そしてやっと実った初恋。彼女は幸せを感じていた。 だが結婚式の日、ドラッコとのただならぬ関係をほのめかす義母の言葉を 否定しようともしない彼に失望して、イモジェンは教会から走って逃げた。 4年後、一度は...
悪魔と海 (お手ごろ文庫)

悪魔と海 (お手ごろ文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年04月13日)かつては“地上の楽園”に見えたクリストフォロ島── 今のサマにとっては一刻も早く逃げだしたい場所だ。 母が亡くなり、サマは冷酷な義父の経営するホテルで、 ただ同然にこき使われたあげく学費さえ出してもらえないのだ。 母と暮らしたイギリスへ帰りたい。 彼女はその一心で観光客相手に似顔絵を描き、費用を貯め始めた。 その日も仕事で港にいたサ...
六人目の花嫁 (ハーレクイン・セレクト 538)

六人目の花嫁 (ハーレクイン・セレクト 538)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年04月13日)親友の結婚式でブライズメイドを務めたタミーは、 パートナーとして組んだ花婿の付添人フレッチャーに魅了された。 彼は天才的頭脳で事業を成功に導き、巨万の富を築いた億万長者。 だが、親友が言うには、傲慢なプレイボーイだという。 実際、タミーに向けられた彼のまなざしはとても情熱的だった。 けれど、彼が求めているのが一夜限りの関係なのは明ら...
恋がよみがえる島で (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

恋がよみがえる島で (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月23日)父の死後、ペイジは妹とふたり、叔母の家で貧しい暮らしに耐えていた。 ある日、再会したのは、ギリシア海運王ニコラス・ペトロニデス―― 4年前、18歳だったペイジがひと目で虜になり、純潔を捧げた男性。 夢の日々を過ごし、その後悲嘆のどん底に突き落とされるとも知らず。 彼は資金難の父の事業に投資するふりをして近づいてきただけだったのだ。 ...
一人にさせないで (ハーレクイン・セレクト)

一人にさせないで (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月10日)ある夜、ピッパは車の接触事故に巻き込まれてしまう。 対向車から降りてきた男性を見て、彼女ははっと息をのんだ。 ランダル! ピッパの胸が疼いた――もう4年も経っているのに。 彼は当時勤めていた会社の社長で、ピッパは彼を心から崇拝していた。 妻子がいると知ったのは、彼に恋をしていると悟ったあと。 罪悪感に苛まれたピッパは即座に会社を辞め...
偶然のシンデレラ (ハーレクイン・セレクト)

偶然のシンデレラ (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2017年09月29日)パーティでケータリングをするサマンサに、男性が声をかけてきた。 マシュー! ハンサムな彼はイギリスとギリシアの血を引く、 船舶会社アポロニアス・コーポレーション後継者という有名人だ。 彼は、祖父の誕生日パーティの手伝いをしてほしいのだという。 仕事の話にしては、まなざしや態度が親密すぎる気がしたが、 彼のような男性がわたしなんかに興...
涙の婚約指輪 (ハーレクイン文庫)

涙の婚約指輪 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年05月31日)豪奢な屋敷で何不自由なく育ったチェシーだったが、 父亡きあとは使用人部屋に移り、マイルズに雇われていた。 頬に傷跡が走る孤独な主人の影に、チェシーは心惹かれるが、 ある日、マイルズに求婚されて、悩んだ末、退職届をだした。 彼に愛などないのは明白だったから……。 だがマイルズは、仕事を辞めるまでの4週間は少なくとも 僕に従うべきだと、...
悲しい偶然 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

悲しい偶然 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2017年01月13日)ロンドンで観光客のガイドをしているリンは、ひとつの計画を胸に5月のアテネにやってきた。それは、添乗員兼ガイドとしてギリシアを案内する仕事に就くこと。今まで夜学に通って歴史を勉強してきたので、今回は実地見学のためパッケージツアーに加わることにした。宿泊先のホテルで、背が高くいかにも尊大そうな黒い瞳のギリシア人男性を見かけたリンは、その...
聖夜に誓いを (ハーレクイン・セレクト)

聖夜に誓いを (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズジャパン(2016年12月10日)出会って一瞬で燃えあがる恋なんて、初めてだった。ウィンドーディスプレイを手がけるデザイナーのジャスミンは、デパートのオーナー一族の御曹司カイドと恋に落ちた。出会い頭のエレベーターでのキス。親密さを分かち合うベッド。ふたりの情熱は永遠に続くかに思えた。だが、彼が望むのは仕事を捨てて無私で尽くす女性だと聞かされ、ジャスミンは泣く泣く彼の...
セレナーデを君に (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

セレナーデを君に (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2016年12月10日)形ばかりの夫だったルイスを、アレクシアはたった今、葬ったばかりだ。赤ん坊を産んですぐこの世を去った姉との約束を守るため、姉の恋人ルイスと婚姻届を出し、それから4年、重い病の床にあった彼と幼い甥の面倒をみてきたのだった。力なくうなだれる美しき未亡人に、牧師が慰めの言葉をかけたそのとき、ダークスーツ姿に黒いコートを羽織った男が割り込んで...
御曹子の恋 (ハーレクイン文庫)

御曹子の恋 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年06月29日)イブとドリューの出会いは最悪だった。そのときイブは厚化粧で、彼の甥を誘惑している最中だったからだ。あばずれめ! 甥に手を出すな! と激しく罵倒され、おかげでドリューにセクシーな魔女と勘違いされた。とんでもない誤解だ。誘惑劇は、ゲイだと噂をたてられている彼の甥をいじめから救うためのお芝居にすぎないのに。だがイブに幻想を抱いたドリューは...
君を傷つけた理由 (ハーレクインSP文庫)

君を傷つけた理由 (ハーレクインSP文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年03月10日)フランキーは仕事の取引のため、サルデーニャ島を訪れた。彼女にとって、ここはまさに因縁の土地だ――16歳のとき、兄のように慕っていたサンティーノと結婚し、たった半年で離婚した苦い思い出の残る場所。しかもその結婚は彼女の祖父による半強制的なものだったため、サンティーノは夫となっても指一本触れてこようとしなかった。あれから5年。取引先に着...
高原の魔法 (ハーレクイン・イマージュ)

高原の魔法 (ハーレクイン・イマージュ)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年09月11日)ロージーは祖母の言いつけで旅行のつき添いをすることになった。口やかましい祖母のお供をするのは気が重いが、故郷でもあるスコットランド高地への列車の旅は楽しみだった。ところが旅の途中に立ち寄ったホテルの裏庭で、祖母が転んで足首を痛め、二人はやむをえずツアーを抜けてそのホテルにとどまることになる。往診に駆けつけたドクター・キャメロンは医師...
ひとりより孤独 (ハーレクイン・セレクト)

ひとりより孤独 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年09月11日)男らしくハンサムな夫に、超高級ペントハウス。ジークと電撃結婚して2年、マリアンは幸せだった。だが、ペントハウスのインテリアをデザインしたのが、ジークの昔の恋人だと知ったときから幸せに陰りが生まれた。しかもその女性は今もともに仕事をしているという。夫に請われて。そんな家に住むのはいや。夫がその女性と長い時間を過ごすことも。ジークに訴え...
身代わりの花嫁 (ハーレクイン文庫)

身代わりの花嫁 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年08月26日)ロージーの双子の妹は煮えきらない態度の恋人に嫉妬させるため、切れ者の経営者として有名なモーガンという男性と婚約した。作戦は成功し、妹はめでたく恋人にプロポーズされたが、誇り高いモーガンがこの屈辱を甘んじて受け入れるはずもない。ロージーは妹に懇願され、結婚式を挙げるまでの2日間、妹のふりをして婚約者役を演じることになった。遺言により、...
運命の三週間 (ハーレクイン・セレクト)

運命の三週間 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年07月24日)ジョージアが受け持つ犬のトレーニング・クラスに、ある日いたずら好きのセッター、ベンがやってきた。やんちゃなベンのせいで、その日の訓練はさんざんな結果に。「きみにはプロとしての資格があるのか?」ベンを連れてきたピアズはあからさまにジョージアを批判し、さらには躾が無理ならよそにやると言い出した。ベンは捨てられた挙げ句、殺されてしまうかも...