野中柊の作品一覧

作品数 54 件
眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

新潮社(2016年12月23日)あなたにも、「忘れられない夢」がありますか。見知らぬ橋で、いつか訪れるはずの誰かを待つ男。父親から命を受けた幼い息子が赴く上総の海。今際の際に現れた、思い出を食べる伝説の動物――。100年の時を超え、夏目漱石『夢十夜』にインスパイアされた10名の人気作家が紡ぐ夢物語。「こんな夢を見た」の名文句に始まる珠玉の10篇を編み込んだ、儚くも...
波止場にて

波止場にて

新潮社(2015年06月22日)関東大震災後の横浜に生まれた異母姉妹の慧子と蒼。ミッションスクール、ジャズ、ダンスなどのヨコハマ文化を楽しみ、恋を知る二人。しかし戦争の暗雲が港町を覆い尽くす。3・11以降の日本で書かずにいられなかった、戦争と平和、生きることの歓びと哀しみ。
彼女の存在、その破片

彼女の存在、その破片試し読み

小学館(2012年05月01日)僕は、失踪した恋人を探して彼女の生涯にかかわった男女を訪ね歩く。"あなた"にふたたび出会うために。新境地を拓く愛のミステリー。
29歳 (新潮文庫)

29歳 (新潮文庫)

新潮社(2012年02月27日)20代最後の晩、あなたは何をしているのだろう。あるいは、していたのだろう。もうとっくに大人になってしまったけれど、その夜はこれまでの人生を振り返るのにうってつけの日。捨てるもの、残すもの、変わるもの、変われないもの。8人の作家が向き合う、29歳それぞれのリアル。不完全でも途中でも、今をちゃんと生きてる女子たち(年齢不問)へ-届け、エ...
そういうものだろ、仕事っていうのは

そういうものだろ、仕事っていうのは

日本経済新聞出版社(2011年02月22日)人気作家がワンテーマで短篇競作!働くことは生きること。世界とつながること。日経新聞「電子版」小説シリーズ、第一弾。
銀の糸 (角川文庫)

銀の糸 (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング)(2011年01月25日)子どもの頃にあこがれた赤い糸なんて、この世の中にはたぶん存在しないけど……現代を生きる今時の女子が意志の力で関係をつなぐ、そんな「銀の糸」ならあるのかも。幸福な恋愛を味わう「婚活前夜」小説集。
シュガー アンド スパイス

シュガー アンド スパイス

角川書店(角川グループパブリッシング)(2009年10月30日)ケーキがなによりも大好き!洋菓子店パティスリー・ルージュに職を得た晴香、21歳。天才パティシエ・柳原雅也のもとで、見習い仲間・近藤くんと共に修業に励む日々。謎めいた過去を持つ柳原さんへの憧れとも恋ともつかない想いと、店のオーナーで女優の紅子に対するかすかな嫉妬に揺れるが-紅子の前にフランス人の元彼が現れたことで、平和なパティスリーに...
きらめくジャンクフード (文春文庫)

きらめくジャンクフード (文春文庫)

文藝春秋(2009年09月04日)理想のシチュエーションは、お肉屋さんで買ったコロッケを夕暮れ時に川辺の土手に坐って、柴犬のポチと一緒に仲良く一個ずつ堪能すること-。ハンバーガーやポップコーン、アップルパイからあんみつ、たこやきまで、人生になくてはならない「美味しくて楽しい」もの48種を厳選したエッセイ集。幸せの味を召し上がれ。
私らしく あの場所へ (講談社文庫)

私らしく あの場所へ (講談社文庫)

講談社(2009年05月15日)人気作家6人が綴る 女と男と車の物語 出ていってやる、私は車に乗り込んだ/美しい老婆ミナミの運転に僕は命を預ける/愛犬ブランと最後のドライブ/2ヵ月前に出ていった透の愛車が部屋の前に/私は恋の終わる地点をめざし、アクセルをふんだ/いつものCD、だけど湧き上がる怒りと失望――6人の人気作家が車をモチーフに描いた珠玉の恋愛小品集。 ...
きみの歌が聞きたい (角川文庫)

きみの歌が聞きたい (角川文庫)

角川グループパブリッシング(2009年02月25日)夫に恋人がいることを知って傷つきながらも、あきらめの気持ちで日々を送る美和。彼女と共に、天然石のアクセサリー・ブランドを立ち上げた幼馴染の絵梨。絵梨のかつての恋人で、さまようようにして生きる少年ミチル。絵梨の策略で、美和とミチルは週に1度だけベッドを共にするようになる。慈愛と静寂に満ちあふれた三角関係のなかで、互いに求め合うことで生...
29歳

29歳

日本経済新聞出版社(2008年11月14日)「本作り」を目指して会社を辞めた書店アルバイト(『私の人生は56億7000万年』)。地元大阪の実家で暮らす電機設備会社社員(『ハワイへ行きたい』)。友人の夢に乗りアジアに旅立つファッションビル営業職(『絵葉書』)。小三の男の子が家に遊びに来る老舗企業の一般事務職(『ひばな。はなび。』)。妻子あるエグゼクティブと関係を続ける財閥系企業...
あなたのそばで (文春文庫)

あなたのそばで (文春文庫)

文藝春秋(2008年08月05日)せつなくて熱くてもどかしい、恋の時間。頁をめくるとたちどころに恋をしたくなる——そんなキュートな小説を6篇詰めこんだ短篇集
甘い記憶―6 Sweet Memories

甘い記憶―6 Sweet Memories

新潮社(2008年08月01日)切なく身を焦がす片思い。遠い日の恋の記憶。束の間の逢瀬。そばにあった温かなぬくもり。そして…。甘く、そしてほろ苦い。あなたをとろけさせる、ひとかけら。6つのチョコレート・ストーリーズ。
恋人たち

恋人たち

講談社(2008年05月28日)画家の彩夏を、優しく包む大貫。盲目の舞子を、さりげなく支える恭一。一枚の古い写真とマチスの画集が四人を出会わせた。二組の恋人たちの間に、はぐくまれる絆と優しい時間。あなたと一緒に眠りたい。でも、こんなに幸福なのだから、ひとりで眠るのもわるくない。どこまでも凛とした恋の形を描く長編小説。