宮崎真紀の作品一覧

作品数 78 件
終焉の日 (創元推理文庫)

終焉の日 (創元推理文庫)

東京創元社(2019年03月20日)1980年のバルセロナ。弁護士のマリアは、政治捜査に携わっていた警部が情報屋を制裁した殺人未遂事件で、警部を終身刑へ追い込んだことで名声を得た。だが数年後の今、その事件が何者かの陰謀によって仕組まれていたと判明する。マリアは再調査をはじめ、自らの血の桎梏と体制側の恐るべき策略を知る。殺人、偽証、復讐を通して描かれる、抗えない運命への...
伯爵が遺した奇跡 (ハーレクイン・セレクト)

伯爵が遺した奇跡 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年02月22日)サミは旅先のオーストリアで雪崩に巻き込まれた。 暗闇の中、リックと名乗る男性と閉じ込められた彼女は、 互いに励まし合い、残された命を燃やすようにして抱き合った。 その後助け出されたサミは、彼が亡くなったことを知る。 そして彼女のおなかには、新しい命が宿っていることも……。 1年後。サミは幼い息子を連れ、イタリアのジェノヴァに降り立っ...
凍てついたハート (ハーレクイン・ディザイア傑作選)

凍てついたハート (ハーレクイン・ディザイア傑作選)

ハーパーコリンズジャパン(2018年02月09日)冷たい態度の意味はわかっているわ。 あなたに恋しても、振り向いてはもらえない。 19歳のキーリーはテキサス州の小さな町で獣医師助手をしている。 何年も前から11歳年上の牧場主ブーンに思いを寄せているが、 子供扱いされ、はなから相手にしてもらえない。 ある日、彼女はブーンの弟から恋人役を演じてほしいと頼まれる。 最近親しくなった女性...
ブラックボックス (ハーパーBOOKS)

ブラックボックス (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年12月25日)
ヴェサリウスの秘密 (集英社文庫)

ヴェサリウスの秘密 (集英社文庫)

集英社(2016年10月20日)19世紀、万博前夜のバルセロナ。父親の突然死の真相を探る大学教授のダニエルは、ある幻の解剖書の存在に気づく。一方、町では連続猟奇殺人事件が起きていて……。スペイン・ミステリーの真骨頂!
最果てのイレーナ (ハーパーBOOKS)

最果てのイレーナ (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年07月21日)
偽りの書簡 (創元推理文庫)

偽りの書簡 (創元推理文庫)

東京創元社(2016年05月29日)1952年、独裁政権下のバルセロナで上流階級の未亡人が絞殺された。新聞記者アナは取材中に被害者が受け取った恋文を発見する。差出人がわからず、聞き込みでも恋人の存在が確認できなかったが、思わぬ援軍を得る。はとこの文献学者ベアトリスは、文章の綴り方、言い回し、形容詞等から書いた人物像を巧みに描き出し、驚くべき手がかりを見つけ出す。言語と...
イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)

イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年03月17日)
よき自殺 (集英社文庫)

よき自殺 (集英社文庫)

集英社(2015年10月20日)化粧品会社社員の相次ぐ“自殺"の陰に潜む真実をサルガド警部が追う。一方、失踪したサルガドの元妻を捜す産休中のレイラ刑事だが……。好評バルセロナ警察小説シリーズ第2弾。(解説/千街晶之)
傷を負った天使 (ハーレクインSP文庫)

傷を負った天使 (ハーレクインSP文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年10月10日)ダイヤモンドをちりばめたような夜空の下、サックスの音色がミランダの体を恋人の指先のように愛撫する。ミランダは目を閉じ、なまめかしい空想に身をまかせた。どこからともなくセクシーな恋人が姿を現す、完璧な設定だわ…。数時間後、彼女は見知らぬサックス奏者とベッドの中にいた。普段のミランダなら即座に断ったはずの誘いだったが、まさに完璧な彼の魅...
ブエノスアイレスに消えた (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ブエノスアイレスに消えた (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

早川書房(2015年05月01日)冬を間近に控えた四月。建築家ファビアンの愛娘とそのベビーシッターは、ブエノスアイレスの地下鉄で突如姿を消した。警察の捜索は遅々として進まず、以前からギクシャクしていたファビアンと妻との関係は悪化の一途をたどるばかりだった。やがて絶望の淵に立たされたファビアンは、バローロ宮殿に事務所を構える曲者の私立探偵の力を借り、みずから娘を探し始...
死んだ人形たちの季節 (集英社文庫)

死んだ人形たちの季節 (集英社文庫)

集英社(2014年10月17日)富豪の息子が転落死。サルガド警部が捜査をするうち、上流階級の歪んだ関係が浮かびあがる。一方、サルガドに恨みを持つ呪術医オマルの魔の手が迫り……。スペイン発のベストセラー。(解説/村上貴史)
愛を知ったブリジット (ハーレクイン・イマージュ)

愛を知ったブリジット (ハーレクイン・イマージュ)

ハーレクイン(2014年09月12日)10代で未婚の母となった妹が転がりこんできて以来、ブリジットは小さな甥の母親代わりをしている。派遣の仕事をしながら懸命に幼子を育てる彼女を気遣い、ある夜、親友が仲間うちのパーティに招待してくれた。しかし周囲とのギャップを埋められず疎外感を覚えていると、遅れてやってきた小児科医のドミニクを紹介される――女性の視線を釘付けにする彼は、セ...
心のリュックを軽くする 自分の感情にあやつられないための21のヒント

心のリュックを軽くする 自分の感情にあやつられないための21のヒント

CCCメディアハウス(2014年08月28日)気持ちを読み、予測するのは、案外簡単。喜び、悲しみ、怒り、共感、嘘、感謝、愛…私たちの内面では何が起きている?スムーズな人間関係と幸運を手に入れるためのシンプルで具体的なガイド。12言語に翻訳されたスペイン発の世界的ベストセラー。
ネルーダ事件 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ネルーダ事件 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

早川書房(2014年05月01日)南米チリで探偵をしているカジェタノはカフェで、この稼業を始めるきっかけとなった事件を思い出していた。それは1973年、アジェンデ大統領の樹立した社会主義政権が崩壊の危機を迎えていた時のことだった。キューバからチリにやって来たカジェタノは、革命の指導者でノーベル賞を受賞した国民的詩人ネルーダと出会い、ある医師を捜してほしいと依頼される...
小公女の恋 (ハーレクイン・イマージュ)

小公女の恋 (ハーレクイン・イマージュ)

ハーレクイン(2014年02月14日)幼いころ母に捨てられたイニスは、長年暮らした修道院を出て、大富豪ガード・セントクレアの邸宅へ向かっていた。ガードから金を詐取した義理の父に代わって許しを乞うために。だが、けんもほろろに追い返され、嵐のなかを帰る途中、不運にも車にはねられ意識を失ってしまう。数週間後、ガードの屋敷のベッドで目を覚ましたイニスは、事故のせいで記憶を失い、...
伯爵が遺した奇跡 (ハーレクイン・イマージュ)

伯爵が遺した奇跡 (ハーレクイン・イマージュ)

ハーレクイン(2013年11月29日)去年の11月、サミは旅先のオーストリアで雪崩に巻き込まれた。暗闇の中、リックと名乗る男性と閉じ込められた彼女は、互いに励まし合い、残された命を燃やすようにして抱き合った。その後助け出されたサミは、彼が亡くなったことを知る。そして彼女のおなかには、新しい命が宿っていることも…。1年後。サミは幼い息子を連れ、イタリアのジェノヴァに降り立...