山本幸久の作品一覧

作品数 43 件
ふたりみち

ふたりみち

KADOKAWA(2018年03月29日)元ムード歌謡の歌手で、今は函館の小さなスナックのママ野原ゆかりは、本州をめざし津軽海峡をフェリーで渡っていた。ある事情で抱えた借金返済のため、昔のつてを頼ってコンサートツアーと称したドサ回りの旅に出たのである。船内で偶然知り合った同じ名前の森川縁は、12歳なのになぜかゆかりの唄に興味を持ちついて来てしまう。彼女が母親と喧嘩して家出し...
([や]2-4)ミックス。 (ポプラ文庫)

([や]2-4)ミックス。 (ポプラ文庫)

ポプラ社(2017年10月03日)<内容紹介> 母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された多満子。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、新入社員の美人卓球選手・愛莉に恋人の江島を寝取られてしまう。 人生のどん底に落ち、田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していたフラワー卓球クラブは赤字状態。クラブの部員も...
芸者でGO! (実業之日本社文庫)

芸者でGO! (実業之日本社文庫)

実業之日本社(2017年06月06日)
ジンリキシャングリラ (PHP文芸文庫)

ジンリキシャングリラ (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2017年03月10日)野球部を辞めた雄大は、可愛い先輩に誘われ人力車部へ!? とある地方都市を舞台にした高校生たちの笑いと涙の青春ドラマ。
GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)

GO!GO!アリゲーターズ (集英社文庫)

集英社(2016年12月16日)離婚後、地元の弱小球団アリゲーターズで働きだしたシングルマザーの茜。球団マスコットキャラの「中の人」として、個性的すぎる選手たちと一緒に奔走し……。愛と勇気のお仕事小説。(解説/美奈川護)
天晴れアヒルバス

天晴れアヒルバス

実業之日本社(2016年09月09日)
展覧会いまだ準備中 (中公文庫)

展覧会いまだ準備中 (中公文庫)

中央公論新社(2015年12月19日)大学時代は応援団に所属し、今は新米学芸員の今田弾吉、二十八歳。個性的な先輩らから振られる雑用をこなすことに精一杯の毎日で、いまだ自ら企画した美術展を実現させていない。だが、美術品専門運送会社の美人社員・サクラの存在と応援団OBから鑑定を依頼された一枚の絵が、彼の心に火を付ける-。特別書き下ろし短篇付き。
Happy Box (PHP文芸文庫)

Happy Box (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2015年11月09日)あなたは「幸せになりたい人」or「幸せにしたい人」? ペンネームに「幸」が付く5人の人気作家が幸せをテーマに綴った短編小説集。
パパは今日、運動会 (ちくま文庫)

パパは今日、運動会 (ちくま文庫)

筑摩書房(2015年02月09日)カキツバタ文具の社内運動会。ぶつぶつ言っていた面々も仕事仲間の新たな一面を垣間見て…。もっとがんばれる。そう思える会社小説。解説 津村記久子
店長がいっぱい

店長がいっぱい

光文社(2014年11月14日)
寿フォーエバー (河出文庫)

寿フォーエバー (河出文庫)

河出書房新社(2014年09月08日)時代遅れの結婚式場で働く靖子の毎日は、カップルの破局の危機やライバル店のことなど難題続き……結婚式の舞台裏を描くお仕事小説!
一匹羊 (光文社文庫)

一匹羊 (光文社文庫)

光文社(2014年05月13日)
エール! (3) (実業之日本社文庫)

エール! (3) (実業之日本社文庫)

実業之日本社(2013年10月04日)小学生の娘と暮らしながら、新幹線清掃の仕事をするシングルマザーが出合う奇跡とは!?(伊坂幸太郎「彗星さんたち」)ほか全六編。運送会社の美術輸送班、東京消防庁災害救急情報センター、ベビーシッター、農業、イベント企画会社など、多彩な職場で働くヒロインたちの奮闘を描くお仕事小説アンソロジー第三弾。それぞれの仕事の裏側や豆知識も満載。オール...
ヤングアダルト パパ (角川文庫)

ヤングアダルト パパ (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング)(2013年03月23日)夏休みもあと数日。中学2年生の静男は、生後5ヶ月の赤ん坊を負ぶり保育所を探していた。もうすぐ二学期が始まる。急がなきゃ。途方に暮れながらそれでも、静男は優作を守ろうとするのだが……。
東京ローカルサイキック

東京ローカルサイキック

徳間書店(2012年09月28日)日暮誠は死んだミーニャのことを思い出すと瞬間移動した。吉原花菜は恋をすると体が浮いた。そんな二人が中学の図書委員会で一緒になった。委員長の花菜とひとつ歳下の日暮。おたがい想いを寄せながらもいつしかすれ違い-。それから六年。意外な形で二人は再会する。花菜がハマった深沢アキ、彼女は日暮の母親だった。しかも親友の穂先友美によれば、深沢アキ...
愛は苦手 (新潮文庫)

愛は苦手 (新潮文庫)

新潮社(2012年09月28日)娘の行動は理解できず、マイペースな夫に頭を痛める彩子。勤続20年、一人で一戸建てを手に入れた可憐。義父との同居に戸惑いながらも心癒やされる真紀-主婦、会社員、漫画家、既婚、独身、元愛人…様々な境遇に生きる女性たちが繰り広げる紆余曲折。アラフォーという微妙でやっかいな世代の背中をそっと後押しする短編集。文庫書き下ろし「家出(嘘)」を含...
床屋さんへちょっと (集英社文庫)

床屋さんへちょっと (集英社文庫)

集英社(2012年08月21日)「あたし今度、自分で店、開くんだ」。海外出張先への国際電話で娘に告げられ、宍倉勲は絶句した。就職したばかりの大手企業をすぐ辞めてしまったと思ったら、今度は何を言い出すのか-(「マスターと呼ばれた男」)。時に社長として、時にヒラ社員として、誠実に働き続けてきた男。彼と娘との関係、家族の歴史を時をさかのぼりながら描く連作長編。文庫化に際...