竹村公太郎の作品一覧

作品数 11 件
水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編

水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編

東洋経済新報社(2018年08月03日)真の自立のため人々は立ち上がった! 福島からエネルギー革命が始まる!! 新規大型ダムを建設しなくても、既存ダムの潜在能力を発揮させれば水力発電量が2~3倍に。 安定的な再生可能エネルギーを確保し、 地元経済を活性化し、 100年後の日本に大きな富を残す ――夢のプロジェクトが動き出した!  福島のみならず日本を救う「ふくしまモデ...
水力発電が日本を救う

水力発電が日本を救う

東洋経済新報社(2016年08月19日)ベストセラー『日本史の謎は「地形」で解ける』の著者、待望の書き下ろし。 日本のエネルギー問題は、 世界でもまれな「地形」と「気象」と「既存ダム」で解決できる! 未来に希望が持てる、目からウロコの新経済論。 新規のダム建設は不要! 発電施設のないダムにも発電機を付けるなど、既存ダムを徹底活用せよ ――持続可能な日本のための秘...
水辺と人の環境学(上): 川の誕生

水辺と人の環境学(上): 川の誕生

朝倉書店(2014年01月23日)河川上流域の水辺環境の魅力と課題を地理・植生・生態・防災などの総合的な視点から読み解く
水辺と人の環境学(下): 川から海へ

水辺と人の環境学(下): 川から海へ

朝倉書店(2014年01月23日)河川下流域の水辺環境の魅力と課題を地理・生態・都市・防災などの総合的な視点から読み解く
水辺と人の環境学(中): 人々の生活と水辺

水辺と人の環境学(中): 人々の生活と水辺

朝倉書店(2014年01月23日)河川中流域の水辺環境の魅力と課題を地理・生態・交通・暮らしなどの総合的な視点から読み解く
ニッポンの水戦略

ニッポンの水戦略

東洋経済新報社(2011年02月18日)2025年、国際水ビジネス市場は87兆円規模に。最前線では何が行われているのか。各分野の最新情報が1冊に集約。
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546)

本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546)

PHP研究所(2008年09月13日)石油高騰、温暖化、食料・水不足、少子化…。これらの問題を概念ではなく具体的なモノ、データに則して考えれば、本質が見えてくる。知見を論じ合うのは、解剖学の賢人と、ダム行政に手腕を発揮してきた元国土交通省河川局長。「日本人は既に一度エネルギー枯渇を経験している」「温暖化対策に金をかけるな」「小さいことが好きな日本は世界の見本になり得る」...
土地の文明 地形とデータで日本の都市の謎を解く

土地の文明 地形とデータで日本の都市の謎を解く

PHP研究所(2005年06月11日)東京、大阪、京都…。11の土地の真実。土地の下部構造に着目し、その壮大な謎を解き明かす。