キャロル モーティマーの作品一覧

作品数 209 件
十八歳の別れ (ハーレクイン・ロマンス)

十八歳の別れ (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2014年01月15日)ヘイゼルは3年ぶりの帰郷を前に、苦い過去を思い返していた。レイフ・サヴェッジ-コーンウォールの古い館に住む大地主。ヘイゼルが10歳のとき父が亡くなり、彼女はその館に引き取られた。恋を夢見る年頃になって、ヘイゼルはレイフをヒーローに見立てた。18歳の誕生日の夜、自らレイフに身を捧げ、ふたりは夢のような一夜を過ごした。なのに翌朝、彼は態...
運命の人はだれ? (ハーレクイン・セレクト)

運命の人はだれ? (ハーレクイン・セレクト)

ハーレクイン(2013年12月12日)クリスティは、長身で黒髪の隣人ルーカスにひそかな想いを寄せている。けれど、彼が15歳も年上のせいか、いつも子供扱いされてしまうのだ。そんなある日、クリスティは幸せな結婚をした親友に3人の男性を紹介される。まるでこの中から夫を選びなさいと言わんばかりね。その話をルーカスにすると、結婚式にはぜひ兄代わりとして招待してくれと笑われ、クリス...
イタリア貴族の籠の鳥 (ハーレクイン・ロマンス)

イタリア貴族の籠の鳥 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年11月15日)伯爵ドミトリの個人秘書を務める弟が、伯爵の妹と駆け落ちをした。そうとも知らず弟とクリスマスを過ごそうとローマへやってきたリリーは、怒り狂うドミトリの罠にかかり、まんまと伯爵邸に閉じこめられてしまう。彼は秘書が金目当てで妹をたぶらかしたと信じこんでいて、姉であるリリーにも蔑みのまなざしを向けてきた。さらには、弟がなんらかの連絡をしてく...
クリスマス・ストーリー2013 四つの愛の物語

クリスマス・ストーリー2013 四つの愛の物語

ハーレクイン(2013年11月01日)聖夜の星とともに二人の愛が輝きを増す-キャロル・モーティマーら実力派作家が豪華競演!聖夜を彩る珠玉の4編。
家政婦と禁断の恋 (ハーレクイン・ロマンス)

家政婦と禁断の恋 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年09月30日)グレースは養母の治療費と妹の学費でかさんだ借金を返すため、億万長者セサール・ナバロの英国の邸宅の住み込み家政婦となった。彼の秘書からは、多忙の主人とはめったに会わないと聞いている。だが初日、いきなり彼と対面して彼女は息が止まりそうになった。雑誌で見る彼と違い、くつろいだ様子の彼はなんてセクシーなの!緊張からつい多弁になり、グレースは...
伯爵の悪戯なラプソディ (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

伯爵の悪戯なラプソディ (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

ハーレクイン(2013年08月30日)見知らぬ後見人と結婚させられそうになり、家出した伯爵令嬢エリザベスは、運良く使用人として未亡人の屋敷に置いてもらえることになった。これで路頭に迷わずにすむと安堵したのもつかの間、雇主の自慢の甥で、ハンサムな伯爵ナサニエルが、屋敷にしばらく滞在することになってしまう。ナサニエルはエリザベスの後見人と親友の仲。彼女はなんとしても正体を隠...
飼い慣らせない恋心 (ハーレクイン・ロマンス)

飼い慣らせない恋心 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年08月30日)キーリーは海辺の町セルチャーチに伯父夫婦と暮らしていた。ある10月の夕刻、誰もいない海で泳いでいた彼女は、浜辺に上がったところでミステリアスな男性に声をかけられる。町ではまず見ないほどハンサムな彼は、取材に訪れた記者だと言い、強く惹かれずにはいられないものを感じたキーリーは、警戒しながらも、誘われるまま激しいキスを交わした。これが運...
愛の迷い子 (ハーレクイン・セレクト)

愛の迷い子 (ハーレクイン・セレクト)

ハーレクイン(2013年07月26日)"頑固で堅物"の叔父にもう我慢できないと言って、親友のクリスティが、ディジーに電話で助けを求めてきた。クリスティは今、湖水地方の古城に住む叔父ザカリアの家に滞在している。両親の遺産を相続する許可をもらうためだったが、叔父はあまりに厳格なので、話がうまくいきそうもないという。そこで、年中放浪ばかりしている無責任な元同級生としてディジー...
氷と炎 (ハーレクイン・ロマンス)

氷と炎 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年06月14日)姉夫婦の乗る飛行機が墜落-そのニュースにモーガンは茫然とした。姉は出産のため、ロンドンからロサンゼルスに帰る途中だった。そして生存者はいない模様という報道が、さらなる追い打ちをかけた。だが悲しみに暮れる間もなく、モーガンは思わぬ人物の訪問を受ける。アレックス・ハモンド。姉の夫の兄で、一族の企業を経営する男性。姉の結婚式で会っただけな...
ウェイド一族 (ハーレクイン・セレクト)

ウェイド一族 (ハーレクイン・セレクト)

ハーレクイン(2013年05月16日)ブレナは母と姉と3人で楽しく暮らしていたが、12歳のとき、母が大地主パトリック・ウェイドと再婚したため、故郷イギリスを離れてカナダへ渡った。それから数年-継父も母も亡くなり、姉はウェイド家の下の息子と恋に落ちて結婚した。一方、ブレナはイギリスの大学を選び、卒業した今も戻る気はない。すべてお金で解決できると思っているようなウェイド家の...
ひざまずいたプレイボーイ―ギリシアからのプロポーズ〈2〉 (ハーレクイン・ロマンス)

ひざまずいたプレイボーイ―ギリシアからのプロポーズ〈2〉 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年04月12日)インテリアデザイナーのエバに、大きな仕事が舞いこんだ。大企業の副社長マルコス・リオネデスの住むペントハウスの改装だ。噂によれば、彼は興味を覚えた女性を熱心に追いかけるけれど、いったんものにして冷めてしまうと、とたんに残酷になるという。いいえ、噂ではない。エバの従妹がそんな仕打ちを受けたばかりだ。それもあって、エバは打ち合わせの約束を...
永遠のアナスタシア (ハーレクイン・ロマンス)

永遠のアナスタシア (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年03月15日)招かれざる客ジャクソン・ワイルダーが訪ねてくる。スタジーは祖父の屋敷の窓辺に立って待ち受けていた。2年前他界した祖母の生涯を描く映画を制作したいというジャクソンに、スタジーは初めから敵意と反感を抱いていた。かつて祖父とともに波乱の人生を送った祖母について、興味本位に事実をねじ曲げられそうだったからだ。祖母との思い出を汚されて、祖父が...
後見人に愛のソネットを (ハーレクイン・ヒストリカルスペシャル)

後見人に愛のソネットを (ハーレクイン・ヒストリカルスペシャル)

ハーレクイン(2013年03月01日)新たにウェストボーン伯爵となったガブリエル・フォークナーは、ヴェネチアから8年ぶりにイギリスに戻ってきた。帰国したばかりの彼を待っていたのは、屈辱的とも言える知らせ。父親を亡くしたコープランド家の3姉妹の後見人として、寛大にも彼女たちの誰かと結婚しようと申し出たところ、3人とも拒絶して姿を消してしまったというのだ。ガブリエルは怒りを...
小悪魔 (ハーレクイン文庫)

小悪魔 (ハーレクイン文庫)

ハーレクイン(2013年03月01日)17歳のアレクサンドラはダンスパーテイーで一人の青年と恋に落ち、すぐに結婚の約束をした。だが、両親亡きあと世話になっている姉夫婦は猛反対だ。まだ若すぎるからなどという理由では、アレクサンドラはとうてい納得できなかった。なぜこれほどまでに反対するの?彼女の疑念はじきに晴れた。姉の夫の兄、ドミニクの強力な助言が後押ししていたのだ。愛人を...
水仙の家 (ハーレクイン・セレクト)

水仙の家 (ハーレクイン・セレクト)

ハーレクイン(2013年02月15日)図書館につとめるロビンは、イギリスの小さな村に住む18歳。ある日、近くの空き家の庭で遊ぶ弟をたしなめていたところ、高級車で乗りつけた男に鋭くにらまれ、その場を追い払われた。リックという名の彼はどうやらその家に引っ越してきたらしい。倍も年上で傲慢なのに、強く惹きつけられるのはなぜ…?何度か会ううち、ロビンはときめきを抑えきれなくなって...
スウィート・メモリーズ (ウエディングロマンス)

スウィート・メモリーズ (ウエディングロマンス)

ハーレクイン(2013年02月01日)見知らぬ土地でひとり働くマリリーは、ときおり店を訪れるハンサムなジャスティンにひそかに憧れていた。資産家の彼は手の届かない人だけれど、向けられる笑みはいつも優しい…。そんなある日、町を吹雪が襲い、道路が封鎖されてしまう。足止めを食って困り果てているジャスティンに、彼女は気づくと自宅に泊まるように申し出ていた(『花嫁の困惑』)。ある朝...
薔薇のベッドで愛して―ギリシアからのプロポーズ〈1〉 (ハーレクイン新書)

薔薇のベッドで愛して―ギリシアからのプロポーズ〈1〉 (ハーレクイン新書)

ハーレクイン(2013年01月16日)世界的大企業リオネデス・エンタープライズの社長ドラコンに、ジェミニは強引に面会を求めた。必死の思いだった。彼女の父が半年前に亡くなり、ロンドンの一等地にある大邸宅が、義母のアンジェラによってドラコンの会社に売られようとしている。歴史ある屋敷を取り戻すには、社長である彼と交渉するしかない。なんとか会うことができたドラコンは、ブロンズ色...