芥川龍之介の作品一覧

作品数 143 件
蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

リットーミュージック(2018年07月13日)
新編・日本幻想文学集成 第9巻

新編・日本幻想文学集成 第9巻

国書刊行会(2018年03月26日)森鷗外の系譜、テーベ百門の大都とその精神を継承する作家たち。 地下墳墓のミイラに前世の無限連鎖を見出す「木乃伊」。応仁の乱の乱世に材をとった歴史小説「雪の宿り」。妖術により不老不死となった芸妓の綺譚「喜寿童女」。巧緻な文体で純なる魂の美をえがくキリシタン物「きりしとほろ上人伝」。怪談会を舞台にした「百物語」。他全63編。 全巻完結!
芥川龍之介全集 二 (<CD>)

芥川龍之介全集 二 (<CD>)

でじじ発行/パンローリング発売(2018年01月23日)
芥川龍之介全集 一 (<CD>)

芥川龍之介全集 一 (<CD>)

でじじ発行/パンローリング発売(2017年12月16日)
文芸的な、余りに文芸的な/饒舌録 ほか 芥川vs.谷崎論争 (講談社文芸文庫)

文芸的な、余りに文芸的な/饒舌録 ほか 芥川vs.谷崎論争 (講談社文芸文庫)

講談社(2017年09月09日)芥川谷崎「小説の筋」論争の全貌!『改造』掲載の批判の応酬と、発端となった新潮合評会及び俎上の小説二篇、谷崎の芥川追悼文を収録
文豪エロティカル (実業之日本社文庫)

文豪エロティカル (実業之日本社文庫)

実業之日本社(2017年08月05日)性愛を題材にした文学の歴史は古く、弾圧が厳しい時代をも乗り越え、現代に至っている。本作は川端康成、太宰治、坂口安吾など、近代文学の流れを作った10人の文豪によるエロティカル小説集。少女愛、フェティシズム、人妻、同性愛、スカトロジーなど多彩な作品をラインナップ。視覚を重んじる現代エロスとは異なり、五感すべてを刺激する名作集だ!!
教科書で読む名作 羅生門・蜜柑ほか (ちくま文庫)

教科書で読む名作 羅生門・蜜柑ほか (ちくま文庫)

筑摩書房(2016年12月08日)表題作のほか、鼻/芋粥/藪の中/奉教人の死/地獄変/舞踏会などを収録。短編の名手による珠玉の作品集。高校国語教科書に準じた傍注付き。
侏儒の言葉

侏儒の言葉

ゴマブックス(2016年07月20日)
奉教人の死

奉教人の死

ゴマブックス(2016年07月20日)
或阿呆の一生

或阿呆の一生

ゴマブックス(2016年07月20日)
飛翔への夢 (冒険の森へ 傑作小説大全13)

飛翔への夢 (冒険の森へ 傑作小説大全13)

集英社(2016年02月05日)ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第9回配本、第13巻『飛翔への夢』は、古今の飛ぶことを夢見た人間が巻き起こすさまざまな悲喜劇を、長編から掌編まで17編収録! [編集室から] 人はむかしむかし、鳥だったのかもしれない。というのは、たぶん間違いだろう。しかし、飛ぶ夢は人間なら誰でも見たことがあるは...