高橋五郎の作品一覧

作品数 15 件
新しい次元の日中関係

新しい次元の日中関係

日本評論社(2017年09月14日)政府間関係と民間レベルの「二階建て構造」とも称される日中関係をより盤石にするために何が必要か? 日中知識人による共同研究。
美しきペテンの島国: 続・真説 日本の正体

美しきペテンの島国: 続・真説 日本の正体

学研パブリッシング(2014年11月25日)日本の皇室に隠されたものとは何か。日本の経済はこれからどうなってしまうのか。政治はどの方向に向かっているのか。わが国が抱える様々な問題を、筆者が独自に集めた情報から、つぶさに検証。日本が迎えるであろう、近未来の姿を大胆に予測する。
真説 日本の正体: 封印された謀略の裏面史を紐解く

真説 日本の正体: 封印された謀略の裏面史を紐解く

学研パブリッシング(2013年12月17日)大規模な災害、政治の混迷など、国民が日本という国に対して夢も希望も持てなくなった今、改めて「日本とは何か。日本という国家とは何か」を問い直す一冊。『天皇の金塊』の著者・高橋五郎氏と怪奇探偵・小池壮彦氏の両氏が、「日本の真実」を鋭く暴く。
農民も土も水も悲惨な中国農業 (朝日新書)

農民も土も水も悲惨な中国農業 (朝日新書)

朝日新聞出版(2009年02月13日)残留農薬野菜、毒入りギョーザ、メラミン混入粉ミルク-。中国から日本に続々輸入される「汚染食品」。国際事件の背景には、中国農業の崩壊という厳しくも悲惨な現実があった!すなわちそれは、日本人の「食」の崩壊を意味するのだ!日本が飢餓列島から脱する道は、どこにあるのか。
中国経済の構造転換と農業―食料と環境の将来

中国経済の構造転換と農業―食料と環境の将来

日本経済評論社(2008年03月01日)急激な構造変化のなかの中国農業。一方で水問題をはじめとする農村環境悪化や農‐農格差など農地、食料、環境をめぐる早急な対策が求められている。展望はあるのか。
海外進出する中国経済 (叢書現代中国学の構築に向けて)

海外進出する中国経済 (叢書現代中国学の構築に向けて)

日本評論社(2008年03月01日)2001年、WTO加盟を果たし、国際舞台に躍り出た中国経済。蓄積された巨大資本の国外展開=「走出去」の行方を追い、中国企業のグローバル化の実態に迫る。
no_image

国際社会調査―理論と技法

農林統計協会(2000年06月01日)本書では、海外での日本人による社会調査の理論と技法(国際社会調査論)を、実践的な視角から説いている。日本人による国際社会調査の理論、技法、姿勢、モラルを著者の体験をもとに述べた。
no_image

和漢雅俗 いろは辞典 (明治期国語辞書大系)

大空社(1998年10月28日)1892〜93(明治25〜26)年出版の高橋五郎著「和漢雅俗 いろは辞典」増訂二版の復刻版。配列は、いろは順。
no_image

ミカドの国を愛した超スパイベラスコ―今世紀最大の“生証人”が歴史の常識を覆す!!

徳間書店(1994年10月01日)スパイが見た歴史の真実-姓はベラスコ、名はアンヘル(天使)。酒と薔薇とロルカを愛する元闘牛士スパイ。戦前、日本スパイとして活躍。今も現役、動乱・政変・戦争など謀略シーンの陰に身を置く、"闇の天使"が超国際事件の知られざる裏真相に光を当てる。