北村薫の作品一覧

作品数 158 件
自薦 THE どんでん返し3 (双葉文庫)

自薦 THE どんでん返し3 (双葉文庫)

双葉社(2019年01月09日)名だたるミステリ作家があなたを仰天させる!  物語の最終盤で読者の予想をひっくり返す、どんでん返し。6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品を自ら選んだ大好評シリーズの第三弾! さらに、さらにパワーアップした傑作群をどうぞお楽しみください!!
中野のお父さん (文春文庫)

中野のお父さん (文春文庫)

文藝春秋(2018年09月04日)若き体育会系文芸編集者の娘と、定年間近の高校国語教師の父。今宵も中野の我が家で出版界で起きた様々な「日常の謎」に挑む!
だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫 し 21-103 nex)

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫 し 21-103 nex)

新潮社(2018年07月30日)色とりどりの恐怖をどうぞ召し上がれ。あのとき、目をそらしていたら。でも、もはや手遅れ。あなたはもとの世界には二度と戻れない。恐怖へ誘うのは、親切な顔をした隣人、奇妙な思い出を語り出す友人、おぞましい秘密を隠した恋人、身の毛もよだつ告白を始める旅の道連れ、そして、自分自身……。背筋が凍りつく怪談から、不思議と魅惑に満ちた奇譚まで。作家...
小萩のかんざし いとま申して3

小萩のかんざし いとま申して3

文藝春秋(2018年04月06日)作家・北村薫が、父の死後に遺されていた膨大な日記を考証、再生。ミステリ作家・本の達人としての腕を存分に振るいつつ、無名の一青年の目を通した昭和初期の歴史的シーンを繊細に愛情深く甦らせた三部作の完結編。ドイツではヒトラー内閣が成立し、三月には東北三陸地方に大津波が押し寄せた昭和8年、父は慶応義塾大学を卒業するが、不景気の波が押し寄せる...
慶應本科と折口信夫 いとま申して2 (文春文庫)

慶應本科と折口信夫 いとま申して2 (文春文庫)

文藝春秋(2018年01月04日)昭和四年。慶應本科に進んだ著者の父は、人生に大きな影響を与える知の巨人――折口信夫と西脇順三郎の謦咳に接し、青春を謳歌する。
ヴェネツィア便り

ヴェネツィア便り

新潮社(2017年10月31日)ヴェネツィアは、今、輝く波に囲まれ、わたしの目の前にあります。沈んではいません。――あなたの「ヴェネツィア便り」は時を越えて、わたしに届きました。この手紙も、若いあなたに届くと信じます――なぜ手紙は書かれたのか、それはどんな意味を持つのか……変わること、変わらないこと、得体の知れないものへの怖れ。時の向こうの暗闇を透かす光が重なり合...
太宰治の辞書 (創元推理文庫)

太宰治の辞書 (創元推理文庫)

東京創元社(2017年10月12日)みさき書房の編集者として新潮社を訪ねた《私》は新潮文庫の復刻を手に取り、巻末の刊行案内に「ピエルロチ」の名を見つけた。たちまち連想が連想を呼ぶ。卒論のテーマだった芥川と菊池寛、芥川の「舞踏会」を評する江藤淳と三島由紀夫……本から本へ、《私》の探求はとどまるところを知らない。太宰が愛用した辞書は何だったのかと遠方にも足を延ばす。そのゆ...
猫が見ていた (文春文庫)

猫が見ていた (文春文庫)

文藝春秋(2017年07月06日)猫好きで鳴る人気作家7人が集結。 猫の小説7編を収録する文庫オリジナルのアンソロジー登場! 巻末には「猫小説オールタイム・ベスト」紹介も。【収録作品】「マロンの話」湊かなえ「エア・キャット」有栖川有栖「泣く猫」柚月裕子「『100万回生きたねこ』は絶望の書か」北村薫「凶暴な気分」井上荒野「黒い白猫」東山彰良「三べんまわってニャンと鳴く...
愛さずにいられない: 北村薫のエッセイ

愛さずにいられない: 北村薫のエッセイ

新潮社(2017年03月24日)〈愛〉+〈言葉〉+〈一瞬=永遠〉=人生の時間忘れ得ぬ声、響く言葉は、いまもいつもこの胸に――。神保町の古書店に出ていた、長谷川町子の姉妹社の本。懐かしい揃いの本、七、八十冊には、タイムマシンの窓を覗いたように嬉しい、解けない謎を解くような喜びがありました――書評や選評のほか、博覧強記な文学の話題、懐かしい人、忘れ得ぬ場、日常のなかに...
眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

新潮社(2016年12月23日)あなたにも、「忘れられない夢」がありますか。見知らぬ橋で、いつか訪れるはずの誰かを待つ男。父親から命を受けた幼い息子が赴く上総の海。今際の際に現れた、思い出を食べる伝説の動物――。100年の時を超え、夏目漱石『夢十夜』にインスパイアされた10名の人気作家が紡ぐ夢物語。「こんな夢を見た」の名文句に始まる珠玉の10篇を編み込んだ、儚くも...
遠い唇

遠い唇

KADOKAWA(2016年09月30日)小さな謎は、大切なことへの道しるべ。 ミステリの巨人が贈る、極上の“謎解き”7篇。 ■「遠い唇」 コーヒーの香りでふと思い出す学生時代。今は亡き、姉のように慕っていた先輩から届いた葉書には、謎めいたアルファベットの羅列があった。 ■「解釈」 『吾輩は猫である』『走れメロス』『蛇を踏む』……宇宙人カルロロンたちが、地球の名著と人間の...
八月の六日間 (角川文庫)

八月の六日間 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2016年06月18日)40歳目前、雑誌の副編集長をしているわたし。仕事はハードで、私生活も不調気味。そんな時、山歩きの魅力に出逢った。山の美しさ、恐ろしさ、人との一期一会を経て、わたしは「日常」と柔らかく和解していく――。
作家の履歴書  21人の人気作家が語るプロになるための方法 (角川文庫)

作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2016年04月23日)作家になったきっかけ、応募した賞や選んだ理由、発想の原点はどこにあるのか、実際の収入はどんな感じ…などなど。人気作家が、人生を変えた経験を赤裸々に語るデビューの方法21例!
うた合わせ 北村薫の百人一首

うた合わせ 北村薫の百人一首

新潮社(2016年04月22日)短歌は、美しく織られた謎……言葉の糸をほぐして、隠された暗号を読み解く。歌と歌を繋ぐ糸を見つけて、向かい合い、背を向け、また遠く離れてなお響き合う、歌の奏でる音を聴く。独自の審美眼で結び合わせた現代短歌五〇組一〇〇首。塚本邦雄+石川美南から、三井ゆき+佐佐木幸綱まで、短歌総数五五〇首を収録。確かな読みで、その魔力を味わい尽くす、前代...
北村薫と有栖川有栖の名作ミステリーきっかけ大図鑑 全3巻: ヒーロー&ヒロインと謎を追う!

北村薫と有栖川有栖の名作ミステリーきっかけ大図鑑 全3巻: ヒーロー&ヒロインと謎を追う!

日本図書センター(2016年01月25日)次々に読破したくなる、ミステリーガイドの決定版 ミステリー作家で読書の達人、北村薫と有栖川有栖がミステリーの名作を厳選
名作ミステリーきっかけ大図鑑 第1巻 集まれ!世界の名探偵

名作ミステリーきっかけ大図鑑 第1巻 集まれ!世界の名探偵

日本図書センター(2016年01月25日)次々に読破したくなる、ミステリーガイドの決定版 ミステリー作家で読書の達人、北村薫と有栖川有栖がミステリーの名作を厳選
名作ミステリーきっかけ大図鑑 第3巻 みごとに解決!謎と推理

名作ミステリーきっかけ大図鑑 第3巻 みごとに解決!謎と推理

日本図書センター(2016年01月25日)次々に読破したくなる、ミステリーガイドの決定版 ミステリー作家で読書の達人、北村薫と有栖川有栖がミステリーの名作を厳選
名作ミステリーきっかけ大図鑑 第2巻 凍りつく!怪奇と恐怖

名作ミステリーきっかけ大図鑑 第2巻 凍りつく!怪奇と恐怖

日本図書センター(2016年01月25日)次々に読破したくなる、ミステリーガイドの決定版 ミステリー作家で読書の達人、北村薫と有栖川有栖がミステリーの名作を厳選
野球の国のアリス (講談社文庫)

野球の国のアリス (講談社文庫)

講談社(2016年01月15日)春風に誘われたような気まぐれから、アリスは新聞記者の宇佐木さんのあとを追い、時計屋の鏡の中に入ってしまった。その日は夏休みの「全国中学野球大会最終戦」の前日。少年野球のエースだった彼女は、負け進んだチーム同士が戦う奇妙な大会で急遽投げることになる。美しい季節に刻まれた大切な記憶の物語。