薬丸岳の作品一覧

作品数 39 件
刑事の怒り

刑事の怒り

講談社(2018年02月01日)――こんなに怒りに打ち震えても、まだ、人の心を取り戻して欲しいと望まずにはいられない。 第70回日本推理作家協会賞〈短編部門〉受賞作「黄昏」を収録 現代社会の希望なき闇に切り込んだ珠玉の4篇。 これぞ乱歩賞作家・薬丸岳だから描けるミステリー! 被害者と加害者、その家族たちのやむにやまれぬ“想い”をみつめてきた刑事・夏目信人が...
Aではない君と (講談社文庫)

Aではない君と (講談社文庫)

講談社(2017年07月14日)第37回吉川文学新人賞受賞作 *選考委員のコメントより 伊集院静氏 思わず唸った。 薬丸岳という小説家の力量と才能に頭が下がった。 大沢在昌氏 より道のないまっすぐな物語は、最後まで密度を失わず、 重く暗い話でありながら、目をそらすことを許さない。 名状しがたい感動を私は味わった。 京極夏彦氏 提起された問題は読み手のい許に...
宮辻薬東宮

宮辻薬東宮

講談社(2017年06月21日)ちょっぴり怖い、だからおもしろい。 これぞエンタメ!! 前代未聞の「ミステリー短編バトンつなぎ」 「宮辻薬東宮」(みやつじやくとうぐう) 宮部みゆきさんお書き下ろし短編を辻村深月さんが読み、短編を書き下ろす。その辻村さんの短編を薬丸岳さんが読み、書き下ろし……今をときめく超人気作家たちが2年の歳月をかけて“つないだ”ミステリー...
誓約 (幻冬舎文庫)

誓約 (幻冬舎文庫)

幻冬舎(2017年04月11日)
ガーディアン

ガーディアン

講談社(2017年02月22日)匿名生徒による自警団「ガーディアン」が治安を守る中学校に赴任した秋葉は、問題が少なく安堵する。ガーディアンのメンバーは、問題のある生徒らに「制裁」を行っていた。相次ぐ長期欠席を怪しんだ秋葉が生徒の身を案じるが、同僚は激務に疲弊し事なかれ主義だ。秋葉が学校の秘密に気づくと、少年少女は一変し、天国から地獄に叩き落とされる。大人と子供の思...
神の子(上) (光文社文庫)

神の子(上) (光文社文庫)

光文社(2016年12月08日)
神の子(下) (光文社文庫)

神の子(下) (光文社文庫)

光文社(2016年12月08日)
所轄―警察アンソロジー (ハルキ文庫)

所轄―警察アンソロジー (ハルキ文庫)

角川春樹事務所(2016年10月01日)東池袋署管内で発見された女性の白骨死体。娘が逮捕されたが…(「黄昏」)。警視庁から沖縄県警に移動した与座哲郎は、県人との対応に戸惑いもあり…(「ストレンジャー」)。佐方貞人検事は、米崎西署で逮捕した覚醒剤所持事件に疑問を持ち始め-(「恨みを刻む」)。西成署管内で、ネットに投稿されたビデオクリップのDJが病院に担ぎ込まれ…(「オレキバ...
刑事の約束 (講談社文庫)

刑事の約束 (講談社文庫)

講談社(2016年07月15日)抜き差しならない状況に追い込まれた人たちの心を見つめ真実にたどり着く異色の刑事・夏目信人。『刑事のまなざし』に次ぐ第二短編集
ラストナイト

ラストナイト

実業之日本社(2016年07月08日)菊池正弘が営む居酒屋「菊屋」に、古い友人で刑務所を出所したばかりの片桐達夫が現れた。かつてこの店で傷害事件を起こしてから、自身の妻とも離婚し、32年もの間に何度も犯罪に手を染めてきた男だ。獣のような雰囲気は人を怯えさせ、刺青に隠された表情からは本心が全くつかめない-。著者新境地!魂を震わす衝撃のミステリー。
その鏡は嘘をつく (講談社文庫)

その鏡は嘘をつく (講談社文庫)

講談社(2016年03月15日)鏡ばかりの部屋で発見されたエリート医師の遺体。自殺とされたその死を、検事・志藤は他殺と疑う。その頃、東池袋署の刑事・夏目は同日現場近くで起こった不可解な集団暴行事件を調べていた。鍵を握るのは未来を捨てた少年と予備校女性講師。人間の心の奥底に光を当てる、著者ならではの極上ミステリー。何度読んでも落涙のベストセラー短編集『刑事のまなざし...
友罪 (集英社文庫)

友罪 (集英社文庫)

集英社(2015年11月20日)あなたは友が犯した過去の罪を許せますか。少年犯罪を償い出所した鈴木。住み込みの職場で仲良くなった益田は、あることをきっかけに彼の過去に気付き……。著者渾身の長編小説。(解説/瀧井朝世)
Aではない君と

Aではない君と

講談社(2015年09月16日)殺人者は極刑に処すべきだ。親は子の罪の責任を負うべきだ。周囲は変調に気づくべきだ。 自分の子供が人を殺してしまってもそう言えるのだろうか。 読み進めるのが怖い。だけど読まずにはいられない。 デビューから10年間、少年事件を描き続けてきた薬丸岳があなたの代わりに悩み、苦しみ、書いた。 この小説が、答えだ。
アノニマス・コール

アノニマス・コール

KADOKAWA/角川書店(2015年06月27日)3年前に警察を辞め、家族も離れて暮らす真志に、娘を誘拐したと匿名電話がある。自力で誘拐犯を捕まえるため動き出すが、誘拐事件はやがて真志がすべてを失った原因となる過去の事件へとつながり!?
誓約

誓約

幻冬舎(2015年03月26日)愛する家族と穏やかな日々を過ごしていた男に、一通の手紙が届く。「あの男たちは刑務所から出ています」。便箋には、ただそれだけが書かれていた。
ハードラック (講談社文庫)

ハードラック (講談社文庫)

講談社(2015年02月13日)二五歳にもなって日雇い仕事すら失い、「大きなことをするため」闇の掲示板で四人の仲間を募った仁は、軽井沢で起きた放火殺人の汚名を着せられてしまう。なぜ俺を嵌めた? 信じられるのは誰なんだ? 手探りで真犯人を探す仁、闇世界の住人たち、追う刑事。物語は二転三転し、慟哭の真相へと向かっていく。
死命 (文春文庫)

死命 (文春文庫)

文藝春秋(2014年11月07日)死へのカウントダウンは彼らの運命を――余命僅かの宣告を受けた殺人願望を秘めた男と殺人犯逮捕に執念を燃やす刑事。死を恐れぬ者たちが最期に臨む戦慄の光景とは……。
デッド・オア・アライヴ (講談社文庫)

デッド・オア・アライヴ (講談社文庫)

講談社(2014年09月12日)江戸川乱歩賞受賞作家7名が放つ最強の競作アンソロジーが、 乱歩賞60周年の2014年、文庫化! 七人の作家に届いた挑戦状。 「テーマはデッド・オア・アライヴ、生死の危機。  2013年9月7日正午、主要人物が帝国ホテルにいる短編ミステリーを執筆せよ」 その場所は天国か地獄か、その選択は生か死か。彼らの出した珠玉の「答え」がここにあ...
神の子 下

神の子 下

光文社(2014年08月19日)