角田光代の作品一覧

作品数 291 件
大好きな町に用がある

大好きな町に用がある

スイッチパブリッシング(2019年02月28日)
源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

河出書房新社(2018年10月30日)光源氏への女三の宮の降嫁をから、揺るぎない六条院の調和が崩れ始めていく。最高傑作「若菜」を含め、「玉鬘」から「幻」まで収録。
拳の先 (文春文庫)

拳の先 (文春文庫)

文藝春秋(2018年10月06日)ボクシング専門誌から文芸編集者となった那波田空也は、一度は離れたボクシングの世界へ近づく。かつての花形選手立花に再会して…。
「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

朝日新聞出版(2018年08月07日)【文学/日本文学小説】いじめを受けた側、いじめた側、その友だち、家族、教師……。「いじめ」には、さまざまな当事者たちがいる。7人の人気作家が「いじめ」をめぐる人々の心模様を競作。胸の奥にしずかに波紋を投げかける、文庫オリジナルアンソロジー。
ボクシング日和

ボクシング日和

角川春樹事務所(2018年05月11日)
群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

講談社(2018年05月10日)1946年10月号を創刊号とし、2016年10月号で創刊70年を迎えた文芸誌「群像」。 創刊70周年記念に永久保存版と銘打って発売された号には戦後を代表する短篇として54作品が収録され大きな話題を呼び、即完売となった。このたびそれを文庫三分冊とし、さらに多くの読者にお届けいたします第三弾は「平成」改元から10年、そして21世紀に入っ...
私はあなたの記憶のなかに

私はあなたの記憶のなかに試し読み

小学館(2018年02月26日)角田ワールド全開!心震える待望の小説集 《「さがさないで。私はあなたの記憶のなかに消えます。夜行列車の窓の向こうに、墓地の桜の木の彼方に、夏の海のきらめく波間に、レストランの格子窓の向こうに。おはよう、そしてさようなら。」――姿を消した妻をさがして僕は記憶をさかのぼる旅に出た。》(表題作)のほか、《初子さんは扉のような人だった...
学校の青空 (河出文庫)

学校の青空 (河出文庫)

河出書房新社(2018年02月05日)いじめ、うわさ、夏休みのお泊まり旅行…お決まりの日常から逃れるため、それぞれの少女達が試みたささやかな反乱。傑作青春小説集。
世界は終わりそうにない (中公文庫)

世界は終わりそうにない (中公文庫)

中央公論新社(2018年01月23日)恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…愛しい私たちのしょっぱい日々よ!膝を打ちたい気分で人生の凸凹を味わうエッセイ集。船戸与一、成島出、三浦しをん他との豪華対談も収録。
もう一杯だけ飲んで帰ろう。

もう一杯だけ飲んで帰ろう。

新潮社(2017年11月30日)ふたりで訪れたおいしいお店をそれぞれの視点で綴った初の夫婦共著エッセイ。ずっと別々に行っていた居酒屋に今は二人で一緒に。旅先の味を求めてミャンマー料理を食べに。近所の古本酒場で常連たちと盛り上がり、芝居を観た後は朝まで話し合う。昼飲みの聖地ではしご酒、うまい魚を食べるためには電車に乗って。ご近所から海外まで、今夜も夫婦で一杯飲みに。...
月夜の散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)

月夜の散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)

オレンジページ(2017年11月01日)ささやかで愛おしい日常を、角田光代が綴る。
源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04)

源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04)

河出書房新社(2017年09月08日)原文に忠実ながらも読みやすく小説としての面白さが堪能できる角田訳。1帖「桐壺」から21帖「少女」まで、光源氏・恋の遍歴の巻。
今日も一日きみを見てた (角川文庫)

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

KADOKAWA(2017年06月17日)どこか飼い主に似たアメショーのトト。このやわらかくてあたたかい、ちいさな生きものの行動のいちいちに目をみはり、トイレの掃除をし、病院に連れていき、駆けずりまわって遊び相手をし、薬を飲ませ、いっしょに眠り、もしこの子がいなくなったらどうしようと家の人と話しては涙ぐむ日々――愛猫へのやさしいまなざしが、誰かを愛しく思うすべての人の心を揺...
降り積もる光の粒 (文春文庫)

降り積もる光の粒 (文春文庫)

文藝春秋(2017年05月10日)旅好きだけど、旅慣れない。そんな姿勢で出会う人や出来事。三陸からインド、アフリカ、ヨーロッパ。旅にまつわる珠玉のエッセイ。