森島小百合の作品一覧

作品数 27 件
十カ月だけの恋人 (ハーレクイン・セレクト)

十カ月だけの恋人 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年03月08日)「わたしのおなかにあなたの赤ちゃんがいるんです」 アンジーは見ず知らずの夫妻の受精卵を誤って移植されたと知って、 相手の男性、ピレリ氏に電話をかけた。 亡き妻の忘れ形見の誕生を待ちわびていた――彼の言葉に心揺さぶられ、 アンジーは出産を決意する。無事に生まれたら赤ちゃんは返そう、と。 だが、面会に現れたドミニク・ピレリは裕福な投資家...
無垢な公爵夫人 (ハーレクイン・セレクト)

無垢な公爵夫人 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2015年10月30日)グレースは、父が銀行の金を横領していたことを知った。重病の母を想い、金に糸目をつけずあらゆる治療法を探した父は、やがて自身も精神を病み、ついに勤め先の金に手をつけてしまった。愛する父のため、グレースにできることはただひとつ-銀行頭取であるハビエル・エレーラ公爵に慈悲を乞うこと。グラナダの"獅子城"でグレースを迎えた公爵は、背が高く、...
ギリシアから来た略奪者 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ギリシアから来た略奪者 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーレクイン(2013年06月14日)義姉の誕生パーティに出席していたジェマは、その席で一人の男性を紹介されるや、卒倒しそうになった。浅黒い肌のハンサムな実業家、ルーク・デヴェツィ-1年前のギリシア旅行中、青い海の煌めくザキントス島で出会い、ただ一度だけベッドをともにした相手だ。そのあとすぐ、ジェマは自身の奔放な振る舞いにおののき、彼のもとから逃げたのだった…とっさに既...
偽りの愛人 (ハーレクイン・ロマンス)

偽りの愛人 (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年06月14日)マリサは数カ月前に母親を亡くし、田舎からロンドンへ出てきた。ある日、自宅のあるアパートメントのエレベーターを降りたとき、彼女は廊下を歩いてくる背の高い男性と出会った。初めて見かける人だけれど、なんてハンサムなの!一瞬の出会いなのに、異国風の顔立ちが心に刻みこまれて離れない。やがてマリサは例の男性と頻繁に顔を合わせるようになり、彼がギ...
復讐は愛にも似て (ハーレクイン・セレクト)

復讐は愛にも似て (ハーレクイン・セレクト)

ハーレクイン(2013年04月26日)ヴィッキーは父亡きあと、かわいがってくれた叔父の会社を救うため、ギリシア人実業家のテオと便宜的な結婚をした。2年間の期限つきで、離婚の際には多額の金を受け取る約束だった。ふたりは社交の場では夫婦としてふるまい、広い屋敷内では他人同然に暮らした。ところがある夜、テオの妖しい目の輝きにからめとられ、ヴィッキーは彼とベッドをともにしてしま...
秘密のまま別れて (ハーレクイン・ロマンス)

秘密のまま別れて (ハーレクイン・ロマンス)

ハーレクイン(2013年03月15日)「盗んだ2万ポンドの代償として週末を一緒に過ごしてもらう」エリンは、かつての恋人クリストの言葉に大きなショックを受けた。彼の経営するホテルで働き、激しく愛し合った日々がよみがえる。クリストは、エリンが今勤めるホテルを買収するために来ながら、会うなり、彼女が犯した罪の証拠があると言って脅しをかけてきた。週末をともに過ごせば、黙っていて...