シャロン サラの作品一覧

作品数 82 件
ミステリー・イン・ブルー (MIRA文庫)

ミステリー・イン・ブルー (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年02月08日)その蒼に、いつしか心惑わされ―― 海辺にあやしく煌めく、ドラマティックな恋と事件! 麻薬捜査官のケリーはそよ風が心地いい邸宅のバルコニーにいた。この屋敷に は覆面捜査で潜入しており、明日ついに屋敷主である麻薬王を捕まえられる予 定だ。だが運命はケリーに味方しなかった――あと一歩のところで正体を見破 られ船内に軟禁されたのだ。命から...
愛すれど君は遠く (ハーレクイン文庫)

愛すれど君は遠く (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月25日)サラは、生死の境をさまよっていた。 数時間前までは雪に覆われた厳寒の道をひた走っていたはずだ。 孤高の男性、マッケンジー・ホークに会うために。 行方不明になった兄を救えるのは彼しかいないと……。 やがてサラは、ぼんやりと意識を取り戻した。 瞼を開けると、燃えさかる暖炉の前に逞しい男性の影が見えた。 人を拒絶したような寡黙な背中に、思...
愛は時空を越えて (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

愛は時空を越えて (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2019年01月11日)メアリーは夫ダニエルと生後3カ月の愛娘ホープを事故で亡くし、 この6年、ずっと悲しみと孤独から抜け出せずにいた。 ある日、ふと入った古道具店でにわかにめまいを感じて気を失い、 目覚めると、6年前の事故直前の世界に戻っていた。 なりふり構わず、メアリーは身を挺して愛する夫と娘の命を救った。 夢か現実かもわからぬまま、ただこの時が続けば...
きみの声が聞こえる (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

きみの声が聞こえる (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年11月09日)未来や遠くの出来事が見えてしまうグローリーは、 人々から“魔女”と疎まれ、ずっと孤立してきた。 ある吹雪の夜、グローリーは凄惨な事故の幻影を見て飛び起きた。 横転した車、血まみれの男性……“彼”が助けを求めている! 急ぎ病院に駆けつけ、救命に協力した――稀な血液型が一致したのだ。 その男性ワイアットに絆を感じつつ、名も告げずに去った...
永遠をさがして (ハーレクイン文庫)

永遠をさがして (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年09月28日)オナーはその日、見上げるほど豪奢なマローン家の門をくぐった。 かつて誘拐されたマローン財閥の令嬢と判明し、 26年ぶりに帰ってきたのだ。代理人トレースとともに。 だが、オナーを高慢な親族たちが歓迎するわけもなく、 あまつさえ財産目当ての偽物と拒絶した。 冷え冷えとした屋敷のなかで、味方はトレースだけだったが、 彼の出張中、オナーは暗...
涙は雨音にかくして (MIRA文庫)

涙は雨音にかくして (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ジャパン(2018年08月10日)傷ついた心にあなたの愛が、やさしい雨のように降り注ぐ―― 涙の作家シャロン・サラが紡ぐ、心震える珠玉作。 誰もがうらやむ美貌の持ち主でも、サハラには隠し通してきた傷があった。名 家の主人と使用人のあいだに生まれた彼女は、その美しい容姿に目をつけた女 主人に無理矢理引きとられ、気の向くときだけ“名家の令嬢”を演じさせられ てきたのだ...
笑顔の行方 (ハーレクイン文庫)

笑顔の行方 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年04月27日)妊娠2カ月のチャーリーを恋人は捨て去り、急死した。 以来、誰かとかかわって傷つくことを恐れるチャーリーは、 幼い娘と二人ひっそりと暮らしていたが、予期せぬ事件が起きる。 いつものように牧草地で娘を遊ばせていた、そのときに、 突如、牛が襲いかかってきたのだ。瞬間、娘の死を覚悟した。 誰かが車ごと突進して、間一髪で救ってくれるまでは。 ...
傷だらけのエンジェル (MIRA文庫)

傷だらけのエンジェル (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年03月09日)愛も恋も知らないあの頃、あなたが世界のすべてだった。 運命のいたずらが、大人になった二人を再び巡り逢わせて……。 各地を転々としながらその日暮らしを続けるクィン。里親からの虐待、孤独、 人間不信。彼女の人生は試練の連続だったが、新天地ラスベガスへ向かうその 道中でも、新たな試練がクィンを襲う。交通事故現場で少年を保護した直後、 何...
遅れてきた恋人 (ハーレクイン文庫)

遅れてきた恋人 (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2018年01月26日)幼くして孤児となったジェシーは、父の友人に引き取られ、 富裕なマッキャンドレス家の子供たちと成長した。 けれど12歳のとき、長男キングへの恋心に気づいて愕然とする。 兄妹のように育てられ、彼は妹としてしか見てくれないのに。 思い悩んだジェシーは家を出て、別の町で暮らした。 だが、ある日、一命は取り留めたものの暴漢に襲われて ジェシー...
七年目のアイラブユー (MIRA文庫)

七年目のアイラブユー (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年11月10日)望むことすら許されなかった、貴方との未来。7年後の悲劇が、 止まってしまった二人の時を、ふたたび動かしはじめる……。 父の介護に明け暮れるタリアは、突然の訃報に驚いた。かつて将来を誓い合っ たボウイの父親が何者かの凶弾に倒れたという。7年前、スコットランドの血を 引く黒髪の恋人ボウイにプロポーズされ、タリアは幸せだった。だが時を同...
翳りゆくハート (MIRA文庫)

翳りゆくハート (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年07月14日)別人のように変わり果てた二人は、愛を取り戻せるのか。 涙の作家S・サラが贈る〈ハート〉3部作、感動溢れる最終章! 最愛の恋人サムはアフガニスタンから帰還したが、レイニーのもとへは戻って こなかった。「もう昔の僕じゃない」と彼女を冷たく捨て、町を去ったのだ。 あれから10年――レイニーも今や昔の彼女ではない。立て続けに家族を失くし、...
スウィート・ベイビー (MIRA文庫)

スウィート・ベイビー (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年05月12日)いつか、愛するあなたの腕に帰るため―― 癒しの作家の“最高傑作”と名高い、感涙必至の感動作! ヴィクトリアには幼い頃の記憶がない。両親の顔さえ知らず、気がついたとき にはひとり里親の家を転々としていた。だからだろう、恋人のブレットにすら 完全には心を開けずに、写真家としての仕事に没頭する毎日だ。ある日、撮影 旅行から戻ったヴィクト...
夜だけの恋人 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

夜だけの恋人 (ハーレクイン・プレゼンツ・作家シリーズ・別冊)

ハーパーコリンズジャパン(2017年03月10日)地元での親友の結婚式に出席したデビーは、新婦の兄コール・ブラウンフィールドに会うなり、運命を感じた。幸いブラウンフィールド家に家政婦として雇われ、忙しい日々を送る敏腕刑事のコールをかいがいしく世話するものの、彼はデビーの思いを無視するような態度をとるばかりだ。ところがある夜、デビーが眠れずに庭のプールで泳いでいると事件現場から戻った...
凍てつくハート (MIRA文庫)

凍てつくハート (MIRA文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年02月15日)メリッサは故郷の町に帰ってきた。高校を卒業したての頃、初恋の人マックの子を身籠り二人は結婚を誓ったが、彼は流産を中絶と誤解して憤り、無慈悲にも彼女を捨て去った。懐かしい町で思い出がよみがえるだけで辛いのに、彼との再会は思いもよらない最悪の形で訪れた。メリッサが車の修理を頼んだマックの父親が、その車の下敷きになり無残な圧死状態で発見さ...
愛は戯れでなく (ハーレクイン文庫)

愛は戯れでなく (ハーレクイン文庫)

ハーパーコリンズジャパン(2017年01月01日)落雷が轟き、凶悪犯を乗せた飛行機が墜落した。レインは、炎上した飛行機から間一髪で脱出するが、足を滑らせて、川に転落してしまう。流されるレインを見つけ、彼の命を救ったのは、家路を急いでいた近所の女性トニーだった。トニーはずっしりと重いレインの体を何とか家まで運び込むが、夢現のレインは、トニーを囚人と勘違いして手錠をかけてしまう。背が高...
夜は別の顔 (ハーレクイン・セレクト)

夜は別の顔 (ハーレクイン・セレクト)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年06月17日)図書館司書のアメリアは夜間にウエイトレスの仕事を始めた。めがねを外し、きわどい服を着るのは本意ではないが、退屈な人生を変えるためにどうしても車を買う資金が必要だった。厳しく育てられた彼女が夜の副業を持っていることが知れたら、同居する大伯母はおろか、町中が上を下への大騒ぎになるだろう。ある晩、予想もしなかった客が来店する。アメリアが長...
ラスト・レイン (MIRA文庫)

ラスト・レイン (MIRA文庫)

ハーパーコリンズ・ ジャパン(2016年01月09日)また夢を見ていた-恋人キャメロンと交わす美しくも切ない愛の夢を。だが目覚めた瞬間、ローラは現実に引き戻される。乗っていた旅客機が雪深い山間部に墜落したのだ。外部との連絡は取れず、奇跡的に生き残ったのは彼女一人。何度も意識を失い恐怖に襲われながらも、FBI捜査官でもある愛しいキャメロンが助けに来てくれると信じ必死に生きようとする。そし...