谷津矢車の作品一覧

作品数 19 件
安土唐獅子画狂伝 狩野永徳 (文芸書)

安土唐獅子画狂伝 狩野永徳 (文芸書)

徳間書店(2018年03月08日)「貴様に絵を頼みたい」。織田信長からの依頼は、計百枚にも及ぶ安土城障壁画だった。信長の機嫌を少しでも損ねたら、自分の首が飛び、家が絶えかねない。狩野派の行く末を案じ逡巡する永徳だったが、すべてを捨てて安土に向かうことを決意する。一世一代の大仕事。己の魂を筆にのせた迫真の絵は、覇王を納得させることができたのか? 天才絵師の孤独な闘いを...
洛中洛外画狂伝 狩野永徳 (徳間時代小説文庫)

洛中洛外画狂伝 狩野永徳 (徳間時代小説文庫)

徳間書店(2018年02月07日)「予の天下を描け」。将軍足利義輝からの依頼に狩野源四郎は苦悩していた。織田信長が勢力を伸ばし虎視眈々と京を狙う中、将軍はどのような天下を思い描いているのか--。手本を写すだけの修業に疑問を抱き、狩野派の枠を超えるべく研鑽を積んできた源四郎は、己のすべてをかけて、この難題に挑む! 国宝「洛中洛外図屏風」はいかにして描かれたのか。狩野永...
しょったれ半蔵

しょったれ半蔵試し読み

小学館(2018年01月30日)俺は忍者などにはならない。武士になる! 高名な忍び、服部半蔵の長男として生まれた正成。だが、忍びは闇に紛れて騙り、偸み、殺す……まさに「影」の仕事だ。ある日、父から下された初めての任務は、あまりに非情なものだった。そのうしろ暗さに耐えられなくなった正成は、家を飛び出してしまう。忍びにはならない、正々堂々と戦う武士として生きる...
幕末 暗殺! (単行本)

幕末 暗殺! (単行本)

中央公論新社(2018年01月19日)幕末史の暗部、血塗られた暗殺事件の数々に、実力派作家7人が、想像力と推理を駆使して挑む、書き下ろし短篇競作企画。はたして定説は覆されるのか? 驚きの結末と真犯人とは?  【筆者とテーマ】 谷津矢車  ◆桜田門外の変 早見 俊  ◆塙忠宝暗殺 新美 健  ◆清河八郎暗殺 鈴木英治  ◆佐久間象山暗殺 誉田龍一  ◆坂本龍馬暗殺 秋山...
おもちゃ絵芳藤

おもちゃ絵芳藤

文藝春秋(2017年04月24日)江戸っ子に人気を博した浮世絵。絵が好きで、絵を描くこと以外なにもできない絵師たちが、幕末から明治へと大きく時代が変わる中、西欧化の波に流され苦闘しながらも絵を描き続ける姿を描く長編書き下ろし小説。文久元年(1861)春。大絵師・歌川国芳が死んだ。国芳の弟子である芳藤は、国芳の娘たちに代わって葬儀を取り仕切ることになり、弟弟子の月岡芳...
信長さまはもういない

信長さまはもういない

光文社(2016年08月17日)
しゃらくせえ 鼠小僧伝

しゃらくせえ 鼠小僧伝

幻冬舎(2016年05月26日)許嫁・お里の借金を返すため盗みに入り、所払にあった次郎吉。真人間に戻ろうと決意し四年ぶりに江戸に帰るも、職にはつけず、お里から祝言の予定を告げられる。相手は金儲けのためなら殺しも厭わない呉服屋の呉兵衛。生活に困窮し呉兵衛への恨みも募らせていた次郎吉は、町の仁医・七兵衛の裏稼業を手伝うことに。それをスキャンダル命の瓦版師・亀蔵に嗅ぎつ...
三人孫市

三人孫市

中央公論新社(2015年11月21日)信長を憤怒させ、秀吉が執拗に首を狙った伝説の武将。その正体は、鉄砲を手に戦乱を自在に駆け巡る戦国最強の三兄弟だった-!?
柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫)

柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2015年09月24日)剣を握ったのは遠い過去、今では書物を手放さない柳生十兵衛は、目下、小田原にて謹慎の身。謹慎これ幸いと読書にふける十兵衛に小田原城主が不逞浪人の調査を依頼する。十兵衛は従者一兵衛と探索を始めるが……。
からくり同心 景 (角川文庫)

からくり同心 景 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2015年08月25日)父の跡を継いで同心となった慎之介のもとに、謎のからくり人形が持ち込まれた。自ら動き、ひとたび覚醒すれば無敵のからくり「景」は、慎之介を主と認めて従うようになるが……。大江戸からくり捕物帖!
曽呂利!

曽呂利!

実業之日本社(2015年07月30日)「不思議な男です。そろりそろりと気づかれないうちに人に近づき、そろりそろりと人の心の中に少しずつ入り込んでくる。そして最後には完璧に取り入っている。だからこそ、誰もあの男を気にしない。言うなれば、あの男はいつだって他人の影に隠れているのです」頓知の天才、茶の湯の達人、人たらし…。曽呂利新左衛門よ、お前はいったい何者なのだ!?
てのひら

てのひら

学研マーケティング(2014年11月25日)吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、長州の人々を絡めながら描く意欲作!
洛中洛外画狂伝 狩野永徳 下 (学研M文庫)

洛中洛外画狂伝 狩野永徳 下 (学研M文庫)

学研マーケティング(2014年10月14日)その絵は、誰のために、何のために、描かれたのか? 狩野派の若き天才が挑んだのは、一筆の力で天下を狙う壮大な企てだった――。天才絵師・狩野永徳が「洛中洛外図屏風」完成に至るまでの苦悩と成長を描いた話題作文庫化。下巻に特別描き下ろし短編を収録。
洛中洛外画狂伝 狩野永徳 上 (学研M文庫)

洛中洛外画狂伝 狩野永徳 上 (学研M文庫)

学研マーケティング(2014年10月14日)その絵は、誰のために、何のために、描かれたのか? 狩野派の若き天才が挑んだのは、一筆の力で天下を狙う壮大な企てだった――。天才絵師・狩野永徳が「洛中洛外図屏風」完成に至るまでの苦悩と成長を描いた話題作文庫化。下巻に特別描き下ろし短編を収録。
ふりだし 馬律流青春雙六 (学研M文庫)

ふりだし 馬律流青春雙六 (学研M文庫)

学研パブリッシング(2014年08月07日)江戸で浪人となった青年・夏島丈衛門は、ひょんなことから”喧嘩最強”の経営指南所「唯力舎」に入塾することになる。若き師範であるたえとともに、「犬の接待」から「大店の再建」まで、唯力舎にくる様々な依頼を「自分にとっての”妙手”で解決していく。
唸る長刀 ((幻冬舎時代小説文庫))

唸る長刀 ((幻冬舎時代小説文庫))

幻冬舎(2014年06月10日)気は優しくて力持ち。15歳の大石進は、身長2メートル、体重120キロの大男。筑後柳川藩の剣術・槍術指南役の跡取りだが武芸試合で呆気なく敗北を喫し、勘当されてしまう。強くならなければ、武士ではいられない。もがく進の前に現れたのは、一人の少女…。剣豪・大石進が自分の型を極めるまでを描いた爽快・歴史エンタテインメント小説!
蔦屋

蔦屋

学研マーケティング(2014年03月25日)江戸・吉原に生まれ、黄表紙や浮世絵などの版元として次々とヒットを飛ばした蔦谷重三郎。喜多川歌麿、東洲斎写楽、十返舎一九らを売り出し、アイディアと人脈で江戸の出版界に旋風を巻き起こした異色のプロデューサーの生きざまを描く!
洛中洛外画狂伝―狩野永徳

洛中洛外画狂伝―狩野永徳

学研パブリッシング(2013年03月01日)わしは、狩野を越える。戦国末期の天才絵師・狩野永徳の狩野家の中での苦悩や、政治、戦争に翻弄されながらも強く生き抜く姿を描く。