服部まゆみの作品一覧

作品数 18 件
罪深き緑の夏 (河出文庫)

罪深き緑の夏 (河出文庫)

河出書房新社(2018年08月04日)“蔦屋敷”に住む兄妹には、誰も知らない秘密があった――12年前に出会った忘れえぬ少女と再会したとき、美しい惨劇の幕があがる。
一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)

一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2015年09月24日)19世紀末、霧の帝都ロンドンを恐怖に陥れた連続娼婦殺人事件。殺人鬼「切り裂きジャック」の謎を日本人留学生の美青年探偵・鷹原と医学生・柏木が解き明かしていく。絢爛たる舞台と狂気に酔わされる名作ミステリ!
この闇と光 (角川文庫)

この闇と光 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2014年11月21日)
金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング)(2012年11月22日)もじゃもじゃ頭にぼんやりした姿。だがひとたび事件が起これば誰よりも鋭く謎を解き、犯人の心に潜む哀しみを見抜く、心優しき名探偵。横溝正史が生んだ日本を代表する探偵が現代作家の手でいま、甦る!金田一耕助に正面から挑んだ快作から、ある事件の「その後」の姿を描いたパラレル作、近田一耕助や金田耕一・錦田一コンビ、金・田・一トリオが活躍する変奏...
ラ・ロンド―恋愛小説

ラ・ロンド―恋愛小説

文藝春秋(2007年05月01日)舞台女優と魅かれあう青年、少女に翻弄される謹厳な哲学教授らが織り成す愛の輪舞。
レオナルドのユダ (角川文庫)

レオナルドのユダ (角川文庫)

KADOKAWA(2006年02月24日)神に選ばれし万能の天才-画家にして彫刻家、科学者、医師、音楽家でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチ。気高く優雅な魅力を放つ彼の周りには、様々な人々が集っていた。貴族の跡取り息子でありながら、レオナルドに魅せられて画房の弟子となったフランチェスコ。絶世の美青年だが、傍若無人なふるまいで周囲を混乱させるサライ。そして、レオナルドの才能を決...
レオナルドのユダ

レオナルドのユダ

角川書店(2003年11月01日)神に選ばれし万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ。彼を取り巻く人々の目を通してその叡智と孤独を描き出す、著者渾身の大作。
一八八八切り裂きジャック (角川文庫)

一八八八切り裂きジャック (角川文庫)

角川書店(2002年03月01日)時は一八八八年、大英帝国の首都ロンドン。「切り裂きジャック」と呼ばれる謎の殺人者による連続殺人事件が、街中を恐怖に陥れていた。医学留学生としてロンドンに滞在していた日本人・柏木は、友人でロンドン警視庁に所属する美青年・鷹原とともに、この事件と深く関わりを持つことになる-。二人の日本人青年の目を通じてヴィクトリア朝時代のロンドンを緻密...
no_image

ハムレット狂詩曲 (光文社文庫)

光文社(2000年11月01日)『劇団薔薇』新劇場のこけら落としで、「ハムレット」の演出を依頼された、元日本人で、英国籍を取ったケン・ベニング。ケンにとって、出演者の一人である歌舞伎役者の片桐清右衛門は、母親を捨てた男だった。ケンは、稽古期間中に、清右衛門を殺そうと画策するが…。様々な思惑の交錯、父殺しの謎の反転、スリリングな展開。結末は…真夏の夜の夢。
シメール

シメール

文藝春秋(2000年05月01日)
ハムレット狂詩曲

ハムレット狂詩曲

光文社(1997年09月01日)
黒猫遁走曲 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)

黒猫遁走曲 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)

角川書店(1993年12月01日)愛しい猫、可愛いメロウ、美しい、優しい、私の天使…。どれくらい捜したことか?目につくかぎりを、思いつくかぎりの手段を講じて。森本翠が三十八年間勤務した出版社を定年退職した日の夜、メロウは山ほどの花と薔薇色のシャンパンの隙間をぬって、戸外にはじきだされた。黒猫メロウの捜索と、スターを夢見る隣人の殺人事件がクロスして…。滑稽なぐらい切実...