都甲幸治の作品一覧

作品数 24 件
今を生きる人のための世界文学案内 (立東舎)

今を生きる人のための世界文学案内 (立東舎)

リットーミュージック(2017年10月13日)
生き延びるための世界文学: 21世紀の24冊

生き延びるための世界文学: 21世紀の24冊

新潮社(2014年10月31日)名作は世界中で日々生まれ、その大半はまだ訳されていない――。タオ・リン、アレハンドロ・サンブラらの新鋭から、J・M・クッツェー、トニ・モリスンらの大御所まで。世界文学の「いま」を伝える、最速・最強のガイド、待望の第二弾。文句なしに面白い21世紀の24冊の紹介に加え、著者自身の世界文学との出会いを明かすエッセイ、ジュノ・ディアスの未邦...
狂喜の読み屋 (散文の時間)

狂喜の読み屋 (散文の時間)

共和国(2014年06月23日)現代作家から古典まで、あの本この本のおもしろさを、かたっぱしからご紹介します! 町田康、筒井康隆、円城塔、金原ひとみ、伊坂幸太郎、トマス・ピンチョンのような現代作家から、織田作之助、野呂邦暢、小島信夫、スーザン・ソンタグ、サリンジャー、マーク・トウェイン、そしてマキャベッリ、ホッブスといった古典的名著まで! ジ...
こうしてお前は彼女にフラれる (新潮クレスト・ブックス)

こうしてお前は彼女にフラれる (新潮クレスト・ブックス)

新潮社(2013年08月23日)どうしていつも、うまくいかないのか? 胸を締めつける9つの愛の物語。ニュージャージーの貧困地区で。ドミニカの海岸で。ボストンの大学町で。叶わぬ愛をめぐる物語が、傷ついた家族や壊れかけた社会の姿をも浮き彫りにする――。浮気男ユニオールと女たちが繰り広げる、おかしくも切ない9つのラブ・ストーリー。大ヒット作『オスカー・ワオの短く凄まじい...
天使エスメラルダ: 9つの物語

天使エスメラルダ: 9つの物語

新潮社(2013年05月31日)九つの短篇から見えてくる現代アメリカ文学の巨匠のまったく新しい作品世界。島から出られないリゾート客。スラム街の少女と修道女。第三次世界大戦に携わる宇宙飛行士。娘たちのテレビ出演を塀の中から見守る囚人。大地震の余震に脅える音楽教師――。様々な現実を生きるアメリカ人たちの姿が、私たちの生の形をも浮き彫りにする。三十年以上にわたるキャリア...
21世紀の世界文学30冊を読む

21世紀の世界文学30冊を読む

新潮社(2012年05月01日)世界中で生まれ続ける最高に面白い小説から30冊を選んで紹介。最も新しく、最も刺激的な、同時代世界文学案内。
オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)

新潮社(2011年02月01日)オスカーはファンタジー小説やロールプレイング・ゲームに夢中のオタク青年。心優しいロマンチストだが、女の子にはまったくモテない。不甲斐ない息子の行く末を心配した母親は彼を祖国ドミニカへ送り込み、彼は自分の一族が「フク」と呼ばれるカリブの呪いに囚われていることを知る。独裁者トルヒーヨの政権下で虐殺された祖父、禁じられた恋によって国を追わ...
偽アメリカ文学の誕生

偽アメリカ文学の誕生

水声社(2009年06月01日)フィッツジェラルド、サリンジャー、デリーロはもちろん本邦初紹介の作家から、日本では知られざる村上春樹の素顔にいたるまで最新型の"アメリカ文学"の魅力をこの一冊にパッケージ!21世紀もっとも話題のアメリカ文学者・都甲幸治の第一評論集、ついに刊行。
勝手に生きろ! (河出文庫)

勝手に生きろ! (河出文庫)

河出書房新社(2007年07月01日)一九四〇年代アメリカ。チナスキーは様々な職を転転としながら全米を放浪する。いつも初めはまじめに働こうとするが、過酷な労働と、嘘で塗り固められた社会に嫌気がさし、クビになったり自ら辞めたりの繰り返し。そんなつらい日常の中で唯一の救いは「書くこと」だった。投稿しては送り返される原稿を彼は毎日毎日書きつづける。嘘と戦うための二つの武器、ユ...
塵に訊け!

塵に訊け!

DHC(2002年10月01日)俺はロサンゼルスにいた。そのころ俺は二十歳だった。偉大な作家になった自分の姿が見えた。ロサンゼルスよ、ほんの少しでいいから俺のものになってくれ。素敵な街、砂の中の悲しい花。バンディーニよ、人生を知れ。街を歩き回れ。顔を洗え、髪をとかせ、何かいいにおいのするものをつけろ。若き日のバンディーニを描いた伝説のアメリカ小説。