平谷美樹の作品一覧

作品数 73 件
柳は萌ゆる

柳は萌ゆる

実業之日本社(2018年11月16日)
草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞 (だいわ文庫)

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞 (だいわ文庫)

大和書房(2018年10月12日)「見えないかい?月明かりの中の狐の舞が・・・」江戸の本屋を舞台に戯作者=作家が怪異を解決! 謎解きと人情に心躍る痛快時代小説
江戸城 御掃除之者! 玉を磨く (角川文庫)

江戸城 御掃除之者! 玉を磨く (角川文庫)

KADOKAWA(2018年03月24日)「本丸御殿の御掃除を〈御掃除屋 武蔵〉に任せよ」。目安箱に投函された訴状をきっかけに、江戸城御掃除之者と民間掃除屋の御掃除合戦が勃発! 上野の東叡山寛永寺双子堂を舞台に腕比べが行われることになったが、その裏には将軍位争いに遺恨を持つ尾張徳川家の影が見え隠れし……。忍び寄る尾張の魔の手。果たして掃除合戦の決着は!? 御掃除之者の組頭・...
鍬ヶ崎心中

鍬ヶ崎心中試し読み

小学館(2018年03月07日)維新150年。2018年必読の時代小説 2018年、維新から150年。維新の影には、幕府の再興を信じて闘う若者たちが多くの血を流していた。 鍬ヶ崎心中の舞台は盛岡藩宮古。鳥羽伏見に端を発し箱館戦争に至る旧幕府と新政府が死闘を繰り広げる戊辰戦争の最中、宮古湾鍬ヶ崎で、幕府の復活を信じて最後の力を振り絞る青年・和磨。その一途な志を...
義経暗殺 (双葉文庫)

義経暗殺 (双葉文庫)

双葉社(2018年02月14日)
草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束 (だいわ文庫 I 335-3)

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束 (だいわ文庫 I 335-3)

大和書房(2017年12月09日)時は文政。江戸の通油町にある本屋・草紙屋薬楽堂が特別に誂えた大切な表紙紙が盗まれた-知恵者の売れっ子女戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念は、金魚の遠き友への想いがこもった唐紅色の紙を取り戻すために、現場となった表紙仕立屋・播磨屋を訪ねるが…。江戸の本屋を舞台に戯作者=作家が謎を解く!人情と不可思議、噂と真実、癒えぬ悲しみと明日...
江戸城 御掃除之者! 地を掃う (角川文庫)

江戸城 御掃除之者! 地を掃う (角川文庫)

KADOKAWA(2017年11月25日)江戸城の掃除を担当する御掃除之者の組頭・山野小左衛門は、またも上司から極秘の任務を命じられる。紅葉山文庫からある本がなくなったというのだ。疑わしき人物を御風干の掃除に乗じて誘い出そうとするが、同時に黒鍬者たちとの掃除合戦もはじまって……。掃除に命を懸ける七人の侍に降りかかる無理難題。大江戸お掃除戦線、今回も異常アリ!
雀と五位鷺推当帖 (時代小説文庫)

雀と五位鷺推当帖 (時代小説文庫)

角川春樹事務所(2017年10月12日)
でんでら国 上 (小学館文庫)

でんでら国 上 (小学館文庫)試し読み

小学館(2017年06月06日)姥捨山のその奥に老人達の桃源郷があった この時代小説がすごい2016年版(宝島社)にランクイン!細谷正充・著『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(河出書房新社)に掲載。各方面で話題の時代小説が、いよいよ待望の文庫化! 時は幕末、陸奥国八戸藩と南部藩に挟まれた小さな国、外館藩西根通太平村。大平村には...
でんでら国 下 (小学館文庫)

でんでら国 下 (小学館文庫)試し読み

小学館(2017年06月06日)愉快痛快!農民と武士の知恵比べ! 必見!愉快痛快!幕末老人エンターテインメント。 姥捨山の真実を暴こうとする代官の一味が、老人たちの桃源郷「でんでら国」の近くまで忍び寄る。老人の知恵と経験、そして守るもののない捨て身の勇気が、役人たちを翻弄する。そして、老人たちに待ち受ける意外な結末は!? 人生のヒントがいっぱいつま...
鉄の王: 流星の小柄 (徳間時代小説文庫)

鉄の王: 流星の小柄 (徳間時代小説文庫)

徳間書店(2017年04月07日)時は宝暦四年(1754)、鉄屑買いの鉄澤(さなき)重兵衛は下野国の小藩の元・鉄山奉行だった。藩が改易になり、仲間と江戸に出てきたのだ。その日、飴を目当てに古釘を持ってくるなじみの留松という子が、差し出したのは青みがかった銀色の光を放つ一振りの小柄だった。重兵衛は興奮した。希少な流星鉄(隕鉄)を使った鋼で作られている。しかし、その夜、...
江戸城 御掃除之者! (角川文庫)

江戸城 御掃除之者! (角川文庫)

KADOKAWA(2017年02月25日)江戸城の掃除を担当する御掃除之者の組頭・山野小左衛門は、上司から極秘の任務を命じられる。それは男子禁制の大奥の掃除。七代将軍徳川家継の生母である月光院付きの御年寄・音羽が何年も局に籠もり、部屋を芥溜めとしているらしい。精鋭の配下六人を集め、大奥へと乗り込むが、そこには大奥女中による防衛線が築かれていた……。掃除に命を懸ける七人の侍に...
草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 (だいわ文庫 I 335-1)

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 (だいわ文庫 I 335-1)

大和書房(2016年10月08日)時は文政-。江戸の通油町にある本屋・草紙屋薬楽堂に戯作を持ちこんだのは、地味な三筋格子の着物を粋に着こなした、鉢野金魚。薬楽堂に居候する貧乏戯作者・本能寺無念とともに巻き込まれるのは、あやかしの仕業とも囁かれる怪事件-。個性豊かな面々が集う江戸の本屋を舞台に繰り広げられる丁々発止の会話と謎解きと、どこかせつない人間模様。読み心地満点...
貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)

白泉社(2016年09月02日)湊屋の主、清五郎との仲をにおわす芸者、葛葉が、季節外れの萱草のかんざしを借りにやってきた。お庸は不機嫌になりながらも職人のつてをたどるのだが・・・。お庸が切ない思いに気づくシリーズ最新刊! 2016年9月刊。
採薬使佐平次 吉祥の誘惑 (角川文庫)

採薬使佐平次 吉祥の誘惑 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2016年05月25日)吉原で続く不審死。佐平次は、死因が阿片だと突き止め、密輸入していた者を捜すことに! 日本最古のアダルトショップとされる四ツ目屋や津軽藩、宗春など犯人と目される者たちが次々に現れ、佐平次の行く手を阻む!
採薬使佐平次 将軍の象 (角川文庫)

採薬使佐平次 将軍の象 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2016年01月23日)清国の商人は将軍・吉宗が欲しがっている象を2頭、長崎へ輸入した。しかし献上する前に、1頭の象が死亡。報せを受け不審に思った吉宗は、佐平次を使い、象を死なせた犯人を探り始める。新解釈の時代ミステリ。
採薬使佐平次 (角川文庫)

採薬使佐平次 (角川文庫)

KADOKAWA/角川書店(2015年10月24日)大川で惨死体が上がった。吉宗配下の御庭番にして、採薬使の佐平次は探索を命じられる。その死体が握りしめていたガラス棒を手がかりにとして、事件を追うことに。一体何のために使うのか……。同じ頃、西国では蝗害が広がり、稲作に深刻な被害をもたらしていていた。採薬使仲間は原因究明のために江戸を発たせた佐平次だったが……。期待の作家が描く、新解釈...
水滸伝〈3〉白虎山の攻防 (ハルキ文庫)

水滸伝〈3〉白虎山の攻防 (ハルキ文庫)

角川春樹事務所(2015年08月07日)桃花山に梁山泊と山東四山の首領が集まっていた。史進、史儷も、魔星を宿す英傑たちと共に、討伐軍に対する作戦を協議していた。相互に協力し陣形整えて戦いに挑む桃花山軍。だが、作戦のさなか、史進が敵の人質として捕らえられてしまう。彼らの大義と野望の行方は果たして……。書き下ろしで贈る、壮大なる歴史アクション!第一部完結。
水滸伝 2 百八つの魔星 (ハルキ文庫)

水滸伝 2 百八つの魔星 (ハルキ文庫)

角川春樹事務所(2015年06月13日)少華山討伐軍との戦いの中で、武芸の達人・王進は討たれてしまう。史家村を脱出した史進、史儷たちは、呉用という旅人と出会う。彼から百八つの魔星を宿した英雄の話を聞かされた史進たちは、滄州へと向かうことに。一方、王進の首を取り戻すことを約束した呉用は、耶律軍を追いかけることになるのだが…。圧倒的なスケールと迫力で描く、新しい「水滸伝」待望...